PC

亀甲紋とは?

着物の豆知識

亀甲

亀甲紋とは?

亀甲紋とは、長寿のシンボルである「亀」の甲羅をモチーフにした紋で、正六角形の中に他の紋を組み合わせて複紋として用いることが多いです。

亀甲紋は、様々な家紋の中でも特別なものとして扱われており、名門武家の紋としても用いられています。例えば、二階堂・小田・浅井・堀・湯浅氏など。

また、神社の神紋としても多く用いられていて、有名なものとしては出雲大社、その他にも厳島神社や櫛田神社などが挙げられます。

醤油メーカーとして有名なキッコーマンの名前の由来は、神紋である亀甲紋と名前の「萬」を合わせたものだそうです。

亀がめでたいとされる由来とは?

亀甲紋は、めでたい亀の甲羅をかたどり、六方に亀の恵みが及ぶという意味が込められています。亀は古くから「鶴は千年、亀は万年」と尊ばれ、海の化身として考えられていました。日本においては産卵して海に帰る海亀に酒を飲ませていたという話もあるようです。

亀甲紋の様々な複紋一覧

・亀甲
・一重亀甲
・子持ち亀甲

「丸の中に亀甲を入れたもの」

・糸輪×豆亀甲×花角
・糸輪×二つ亀甲×花菱崩し
・石持ち地抜き亀甲×花菱

「ほかの紋で六角形をかたどったもの」

・亀甲型三つ割り剣片喰
・三つ橘亀甲
・亀甲形三つ割り木瓜など

「亀甲を複数並べたもの」

・三つ盛り亀甲×三ツ星
・三つ盛り亀甲×剣花菱
・亀甲を複数並べたもの
・亀甲崩し

「亀甲を変形させたもの」

・六つ結び亀甲
・持ち合い吉文字亀甲

「亀甲を外郭として用いた中にほかの紋を入れたもの」

・亀甲×巴
・亀甲×卍
・鉄砲亀甲×花角
・子持ち亀甲×三つ柏
・子持ち亀甲×並び矢
・子持ち亀甲×九枚笹
・子持ち亀甲×日の丸扇
・子持ち亀甲×違い鷹の羽
・子持ち亀甲×増山雁金
・子持ち亀甲×十の字

まとめ

いかがでしょうか?様々な由来がある紋ですが、中でも亀甲紋は特にめでたい紋として多くの家紋や神紋に用いられています。着物と日本の歴史は深い繋がりがあって、知れば知るほどおもしろいですよね。

LINE@友達登録で300円オフクーポン