PC

礼服とは?式典や立場によって着用できる種類が異なる!?

着物の豆知識

黒い礼服を着た人

礼服とは?

礼服とは、結婚式やお葬式、入学式や式典など、冠婚葬祭で着用されるフォーマルウェアのことです。
特に結婚式に参列する際の礼服には、「儀式典礼に対する敬意を表す」また「場に相応しい装いをする」という意味において、正しい礼服の着用が求められます。

礼服の種類の違いとは?

ウエディングドレスを着た女性とモーニングを着た男性とカメラを構える人たち

礼服は、主に結婚式や祭典で着用されます。礼服には正礼装、準礼装、略礼装の3種類あり、シーンや立場によって異なります。

♦モーニングコート(正礼装)
昼の礼服として最も格式の高いモーニングは、結婚式の新郎や両家のお父様が着用するものです。

♦燕尾服(正礼装)
夜の礼服として最も格式の高いタキシードは、ジャケットの裾がツバメの尾のように2つに分かれているのが特徴です。格式の高い結婚式や披露宴などで着用することができます。

◆タキシード(準礼装)
準礼装であるタキシードは、主に夕方以降に開催されるパーティーに出席する場合に着用します。ドレスコードのあるフォーマルな場面での服装です。夜の準礼装とされていますが、近年では正礼装としても選ばれることも。

◆ディレクターズスーツ(準礼装)
その名の通り、ディレクター(重役)クラスが着用する格調高いフォーマルスタイルです。基本的な着用は…
・黒のジャケット
・グレーベスト
・ストライプのコール地のスラックス※
※正礼装・準礼装のスーツで着用されるパンツ

◆ダークスーツ・ブラックスーツ(略礼装)
スーツカラーの中でも濃紺や濃いグレーがダークスーツと言われ、礼服の一つです。結婚式や式典などで着用することが出来ます。ネクタイを付け替えれば、結婚式にもお葬式にも参列することができます。

まとめ

礼服は冠婚葬祭で着用できるフォーマルウェアのことでしたね。
また、礼服には様々な種類があり、式典や立場によって着用できるものが異なりますが、1着用意しておくと安心でしょう。

LINE@友達登録で300円オフクーポン