PC

長襦袢とは?

着物の豆知識

白い長襦袢を着た女性

長襦袢とは?

長襦袢とは、肌襦袢や半襦袢と同様に着物が肌に直接触れることで傷むのを防ぐために着用する「着物用の肌着」です。

中でも長襦袢は、衿や袖が着物から見えるようにして着用するアイテムであることから、長襦袢と着物の組み合わせも考慮してコーディネートしていくアイテムとなっています。

長襦袢・肌襦袢・半襦袢ではそれぞれ違った役割があるため、用途に応じて使い分ける必要があります。

長襦袢と混同されやすい肌襦袢や半襦袢とは?

肌襦袢や肌襦袢はよく長襦袢と混同されやすいですが、まず着用する順番から異なります。

着用する順番としては・・・
①肌襦袢
②長襦袢
③着物
といった流れになります。

そして、肌襦袢は長襦袢のように衿や袖が着物から見えることはなく、純粋に着物が肌に直接触れるのを防ぐためのアイテムになります。長襦袢の下に着ます。

また、半襦袢は更に長襦袢と混同されやすいアイテムと言えますが、それは素材は肌襦袢のようで(晒)あって、形は半衿がついた長襦袢と同様であることが理由です。

上記の理由から、半襦袢は「うそつき襦袢」とも言われます。肌襦袢と長襦袢はセットで着用するのが基本的ですが、半襦袢の場合は一枚で二役をこなすことができます。
※ただし、セットで裾よけが必要となる

長襦袢の素材の種類とは?

長襦袢に用いられる素材はいくつかの種類があり、それぞれ特徴や用途は異なるため、その点についてご紹介いたします。

正絹(シルク)
・式典やフォーマルシーンに適した上品な風合い
・美しい光沢感が魅力なため大人な雰囲気を出したいという場合にマッチ

化学繊維」(ポリエステル)
・洗濯機で回してもシワになりにくいためお手入れが楽ちん
・安価なもの~高価なものまで価格帯が幅広い
※安価すぎるものは通気性や着心地が心配なので注意

ウール
・冬は暖かく夏は涼しいため温度調整に長けている
・洗濯によって縮みやすいデメリットに注意

木綿
・薄い生地感で優しい肌触りが魅力的
・中でも綿ワッシャーの生地はシワになりにくい&カジュアルにも適している
・フォーマルシーンには向かない

いかがでしょうか?長襦袢は着物を着る際に欠かせない存在ですが、生地によって特徴が異なります。その都度TPOに合わせて長襦袢も使い分けて着こなしを楽しんでみて下さいね。

LINE@友達登録で300円オフクーポン