ぴったりの振袖の選び方

ぴったりの振袖の選び方

失敗しない!振袖選びのコツ!
身長、体型、肌の色ごとに徹底解説!

成人式の振袖はお安い買い物ではありませんのでできる限り失敗したくないですよね。
自分に似合うお気に入りの1着を見つける4つのポイントをご紹介致します。

1・身長や体型に合わせた色や柄を選びましょう

同じ振袖でも着る人の体型や身長によっては雰囲気ががらっと異なります。
たとえば、明るい膨張色は、実際よりもふくよかに見せてしまうことがあります。
濃い色はスリムな体型を痩せ過ぎに見せてしまったり、背をより小さく見せます。
自分の体型に合う色柄を合わせて、振袖を上手に着こなしましょう。

背の高い方

背の高い方は高さがありますので、大胆な色使いや、メリハリのある大柄の振袖が似合います。
小さな柄や無地の面積が多い振袖を選ぶと着物の地色の面積が広く、寂しい印象になることも。
背の高い方なら大きい柄や大胆な配色もしっかりと柄や色が出るのでスタイルをより良く見せ、かっこよく着こなせます。

背の低い方

小柄な方には小さい柄の淡い色の振袖が良く似合います。優しい配色の花柄も、小柄な人にはよく映ります。
明るい色がキュートな雰囲気をより引き立ててくれます。

痩せ型の方

スリムな人は黒などの寒色系よりも少しふくよかに見えるようピンクや黄色など暖色系がおすすめ。
ショールを使うと胸元にボリュームが出てきれいに収まります。

ふっくらの方

上半身に柄が少なく、下に向かって柄が多くなる振袖を選ぶと引き締まった印象になります。
縦、ななめに視線が流れるような柄もGOOD。
胸元のボリュームを控えて裾に大胆な絵柄を配した振袖は、身幅がある分艶やかに引き立ちます。
着やせ効果が期待できるシックなダークカラーの着物もすっきり見せることができて綺麗です。

2・パーソナルカラーに合わせて振袖を選ぶ

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは、その人の持つ個性に似合う色のこと。その人の身体の色と調和し、その人をより魅力的に見せます。
肌、瞳、髪の毛、唇など、人それぞれ身体の色は異なるため、似合う色も人それぞれ異なります。
パーソナルカラーを知れば、今まで着なかった色の服が実はぴったりだった、なんてことも。
パーソナルカラーは「スプリング」「オータム」「サマー」「ウィンター」の4タイプに分けられます。
振袖だけでなく、洋服にも役立ちますので意識してみてくださいね。

肌に合った振袖選び

お肌の色が黄みが強いタイプの人は黄みが入った色や暖色系の着物、明度が高い黄色や緑を選ぶと顔色によくなじみます。
健康的な肌の方は、はっきりした濃い色を合わせると全身のバランスがよくなるのでおすすめです。
青みが強いタイプの人は寒色系か透明感のあるパステルカラーなどが似合います。
色白の方は、比較的どんな色の振袖でも合わせやすいです。

3・自分がなりたいイメージやこだわりを明確にしましょう

なりたい振袖姿のイメージをはっきりさせることも振袖選びでは重要になってきます。
正統派の着物姿なら古典系、キュートで華やかな雰囲気なら洋風の柄を取り入れた振袖もおすすめ。
かっこよく着こなすなら寒色やブラックを取り入れた大胆な柄でクールに。

清楚な雰囲気
白やクリーム色など淡い色
可愛らしい雰囲気
水色やピンクのパステルカラー
落ち着いた雰囲気
深緑や青などの寒色系

4・家族や友達にアドバイスしてもらいましょう

なりたいイメージや具体的な候補が固まってきたら最後は自分以外の第三者の意見も参考に取り入れてみましょう。
主観だけでなく、あなたを良く知る方の客観的な意見を取り入れてチェックしてもらいましょう。