お宮参りの産着レンタル | きものレンタリエ
amazon pay

Amazon Payで簡単にお支払いができるようになりました。

  • <span>夏用産着</span>
  • <span>男の子産着</span>かっこいい産着あつめました。
  • <span>女の子産着</span>かわいい産着あつめました。

夏用産着 軽くて涼しい夏用産着

男の子用産着

女の子用産着

RECOMMEND ITEM 6月29日・30日利用可能

NEW ITEM 新着アイテム

COLUMN コラム

お宮参りとは(目的・行う時期・場所・作法・初穂料(はつほりょう)の納め方・六曜・参加者など)


赤ちゃんのお宮参りとは、赤ちゃんの誕生を祝う、生まれてはじめての大きな行事です。
初宮参り(はつみやまいり)、初宮詣(はつみやもうで)、宮参り(みやまいり)とも。
お宮参りはその土地の氏神様に赤ちゃんが無事生まれたご報告と、今後の健やかな成長とご加護をお祈りすることが目的の行事です。
生後一ヶ月の良き日を選んで神社にお参りをします。

お宮参りの目的

お宮参りは、鎌倉・室町時代から続く風習と言われています。
昔のお宮参りは、赤ちゃんが無事に生誕一ヶ月目を迎えたことを産土神(うぶすながみ、うぶしなのかみ、うぶのかみ)に感謝して氏子として祝福を受ける行事と、お産の忌明けの儀式の意味合いを兼ねた行事でした。
氏神様とは昔からその地域に住んでいる人たちが神様をまつったもののことをいい、信仰している人たちのことを氏子と呼びます。
昔は現在ほど赤ちゃんの生存率は高くなく、生後数日でお亡くなりになることもしばしばありました。そのため、生後一ヶ月ほど様子見の期間が設けられ、人生を自分の力で生きていける気配が見え、赤ちゃんに生きる力が備わっていると確認できた頃に氏神様にお参り(お宮参り)をして、氏子の仲間入りをさせていただき、健やかな成長を願う行事でした。また、お産の忌明けは、出血を伴うお産は昔は汚れたものとしてとらえていたということからきています。
現在では無事に生まれた感謝と、健やかな成長を願う行事ととらえることが一般的になりつつあり、昔のような考え方は薄れつつあります。

お宮参りを行う時期

お宮参りを行う時期は男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。
現在では厳密な参拝日程よりも、参加されるご両親や祖父母のご意向や、赤ちゃんと産後のお母さんの体調、お天気に合わせて決められる方が多いです。
伝統を重んじる家庭であれば両親に確認すると安心です。
赤ちゃんの生誕が真夏や真冬の場合は、100日頃に行うなど、気候が穏やかになる時期にずらすなど、柔軟に考えても問題ありません。
お宮参りをする場所
お宮参りは住んでいる土地の守り神に赤ちゃんが誕生した報告と健やかな成長を祈るのが本来の目的のため、家の近くの神社に参拝するのが一般的な神社の選び方です。
近年ではお参りする神社も最近では昔のような儀式的な意味合いは薄れて家族が集まる行事という意識が強かったり、お宮参り後の写真撮影の提携写真館が近い神社を選んだり、ご家庭によっては出生地や地域の氏神様の神社にこだわらず、信仰やゆかりのある遠方の神社に参拝する人も増えていますが、赤ちゃんに負担の少ない神社選びがおすすめです。

お宮参りの仕方

お宮参りの方法は二種類あります。
通常の参拝と同じようにお賽銭を入れてお祈りする方法と、事前に神社に連絡をして申し込み、初穂料(はつほりょう)を準備した上でお祓いを受けて祝詞(のりと)をあげてもらう方法とがあります。
初穂料の金額は参拝する神社によって異なりますが、平均的な相場は¥5000から¥10000です。
神社のホームページ上に初穂料の金額を掲載している神社もありますので、事前に確認しておきましょう。

初穂料(はつほりょう)の納め方

神社で祈祷やお祓いを受ける際は、紅白の蝶結びの熨斗(のし)袋を用います。
外袋の表書きは「初穂料」下段は「赤ちゃんの名前をフルネーム」で。
中袋には表には包んだお金の金額を、裏側には住所と祈祷を受けるお子様の名前を書きます。
金額は漢数字の壱、弐、参・・・といった大字を仕様します。
(例)初穂料一万円の場合:壱萬円(壱万円でも可)
(例)初穂料五千円の場合:伍阡円(伍千円でも可)

お宮参りは大安でなくても大丈夫

六曜は参考程度に。こだわりすぎる必要はありません。
大安、先勝、先負、赤口、友引、仏滅、どの六曜で行ってもよく、タブーという日もありません。
赤ちゃんやお母さんの体調や、参加される父母、祖父母の良き日や天候を考慮に入れて選びましょう。
風習や六曜にこだわる方がご両家でいらっしゃる場合もありますので、その点も踏まえて日程の選定をされると良いでしょう。

お宮参りは誰が参加するの?

最近は家族のイベントという趣が強く、赤ちゃん、両親、両祖父母で行います。
祖父母が遠方在住の場合は親子だけで行う場合もあります。

昔のお宮参りは赤ちゃん、父親、父方の祖父母だけで行っていました。
母親の産忌が明けるのは、七五日から一〇〇日後とされており、母親は参加しないものだったのです。
しかし最近では赤ちゃんのお披露目をするという意味合いも含まれるようになり、お宮参りをする日から家族が集まる日へと変わってきつつあります。
風習に沿ったお宮参りへのこだわりがあるご家庭もありますので、参加される方はご両家で相談して決めましょう。

お宮参りの参拝方法

お祓いや祈祷を受けない場合、一般の神社でのお参りと同じ参拝作法で大丈夫です。「二礼、二拍手、一礼」と覚えましょう。

お宮参りの事前準備

参加者、日程、参拝方法、記念撮影の規模、お宮参り後の会食の有無、赤ちゃんの衣装、父母祖父母のドレスコードの打ち合わせをしておくとスムーズです。

まとめ

赤ちゃんが生まれて初めての大きな行事、お宮参り。できるだけ形式通りに行いたいと考えてしまいがちですが、
生後間もない赤ちゃんと産後のお母さんの体のことを考えると、無理をしすぎないことが大切です。
▶3泊4日 ¥3400往復送料無料〜 お宮参り産着のレンタルはこちらから!《お宮参り 全国宅配ネットきものレンタルサービス着物レンタリエ》

お宮参りの段取りについて(お宮参りのタイミング・参加者・日時・場所・参拝方法・赤ちゃんの服装・父母祖父母のドレスコード・記念撮影の規模・会食の有無)

お宮参りの段取りについて
はじめてのお子様のご誕生、毎日があっという間に過ぎてしまうもの。
段取りや日程調整をしていたらあっという間にお宮参りの目安の時期、一ヶ月が経過します。
失敗しないお宮参りの段取り方法についてご紹介いたします。

お宮参りとは、初宮詣(はつみやもうで)ともいい、住む土地の氏神様に赤ちゃん誕生のご報告と健やかな成長を祈願する、誕生はじめての行事です。
産土様(うぶすなさま)(お住まいの土地の神様を祭る神社)や特に崇敬する神社にお宮参りし、無事な出産のご加護に感謝し、赤ちゃんがすくすくと育つようにお祈りする日本人の古くからの大切な人生儀礼です。
ここでは事前準備や段取りの方法をご紹介します。

目次
事前準備編
・お宮参りのタイミング
・参加者
・日時
・場所
・参拝方法
・赤ちゃんの服装
・父母祖父母のドレスコード
・記念撮影の規模
・会食の有無

お宮参りのタイミング

お宮参りのタイミングは男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。
また、寒冷地の真冬や、猛暑厳しい真夏にお生まれになった場合は気候穏やかな季節にずらしたりもします。
必ずしも日数を守る必要はありません。お宮参りの主役はあくまで赤ちゃん。赤ちゃんの体調を優先させた日取りをおすすめいたします。

お宮参りの参加者

・赤ちゃん、父母、祖父母

昔のお宮参りは赤ちゃんの父親と父方の祖父母でお参りするものでした。
昔は、お産は赤不浄(あかふじょう)で、穢れ(けがれ)とされており、穢れのある時は神域である神社への立ち入りができないとされており、産後間もない母親は参加できなかったのです。
赤不浄とは・・・出血を伴う出産や月経を穢れ(けがれ)としていました

しかし現代では双方の祖父母が参加したり、両親の兄弟も参加したりする家族が集まるイベントという趣きが強くなっており、実際の統計でも両家揃ってのお宮参りが多いのでご両家での参加で大丈夫です。
古いしきたりを重視されるご家庭でしたら念の為、ご両親に相談の上、参加者を決められることをおすすめいたします。

お宮参りの具体的な日時を決めましょう

男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますが、正式な日時や、六曜の大安や仏滅は気にしなくても大丈夫。
参加される方の都合や赤ちゃんや産後間もないママの体調を優先してよき日を決めましょう。
最近では一ヶ月検診をめどにお参りをする家族が多いです。
特に、夏や冬生まれのお子様は気候が厳しいので3月や10月など、比較的穏やかな時期にずらされる方も多いです。

参拝する神社を決めましょう

参拝する神社はお宮参りの本来の目的である氏神様へ誕生のご報告と祈祷をすることにありますので、住んでいる家から近い神社に参拝するのが一般的です。
しかし、出生地の神社(里帰りの神社)や、これから育っていく地域の氏神様が祀られている神社でも、お礼参りを兼ねて安産祈願に行った神社でも、ゆかりのある思い入れの深い有名な大きな神社でも、どこでも大丈夫です。
あまり遠方すぎると赤ちゃんやママに負担をかけてしまいますので、無理のない参拝ができる神社にしておくと良いでしょう。
後述する記念撮影を当日しっかり行いたい方、初穂料を納めての参拝方法をとるのか、その後の会食があるのであれば、交通の便が良く、写真館と提携している神社を選ぶのも良いでしょう。

参拝方法を決めましょう

お参りをする神社が決まったら、今度は参拝方法を選びましょう。
作法にのっとったお宮参りではご祈祷をしてもらいますが、必ずしなければいけないということはありません。
お宮参りの参拝方法には二通りあります。
1つ目は初詣をはじめとする二礼二拍手一礼の参拝方法、2つ目は神社の神主様より祝詞とお祓いを受けたあとに、玉串を捧げる、初穂料を納める儀式の2通りあります。
2つ目は事前に神社へ予約の連絡をしたり、初穂料を納めますので初穂料の熨斗袋を準備する必要があります。

初穂料・産着・食事の代金について

明確な決まりがあるわけではありませんので誰がお金を払っても問題ありません。
昔からのお宮参りでは母方が召し物などを用意(お膳立て)して、父方の祖父母と父親と赤ちゃんは父方の祖父母が抱っこしてお宮参りをしていました。
その場合、初穂料などは父方にお願いして、お食事会などの費用を自分達(赤ちゃんの両親)で負担するなど、柔軟に対応している家庭が多いようです。

赤ちゃんの服装

最近の主流はベビードレス+羽織の祝い着。
正式な祝い着はお宮参りでは白羽二重を着せた上に祝い着を掛けるのが、赤ちゃんの正式な装い。
※白羽二重とは・・・白絹でつくられた赤ちゃん用の産着のことです。
正式な白羽二重は高価な上、赤ちゃんはすくすく成長するのでサイズもすぐに合わなくなってしまって割高です。
最近ではベビードレスの上に祝い着を掛ける「ベビードレス+祝い着」のお宮参りスタイルが定着しているようです。
ベビードレスを必ずしも用意しなくても、大丈夫です。ロンパースやカバーオールなど、その季節気候に応じた赤ちゃんに負担のない服をご準備下さい。

父母祖父母のドレスコード

赤ちゃんの衣装が決まったら次は参加されるパパママ、祖父母のドレスコードを統一しましょう。

お母さんは洋服の場合ワンピースやスーツ、和服の場合は黒留袖、色留袖、色無地、訪問着が良いでしょう。
和服の場合は格がそれぞれ異なり、他の参加される方に合わらることをおすすめいたします。
色留袖や訪問着が人気で、主役はあくまで赤ちゃんなので、淡い色の着物
がおすすめです。

お父さんは洋服のシンプルな黒か紺のスーツが一般的です。昔は羽織袴姿の方もいらっしゃいましたが、現在の服装はフォーマルスーツが一般的です。
シャツは白色の無地、ネクタイは無地か目立たない柄の白系かシルバー系にしましょう。黒は弔事用ですので避けましょう。

祖父母は赤ちゃんのお父さん、お母さんの服装に合わせたドレスコードがおすすめです。

記念撮影の規模

スナップ撮影程度で記念写真を残すのか、記念に写真館やスタジオを予約して写真を残すのか予め決めておきましょう。
スタジオで撮影をする場合は、お参り後よりも先に済ませておいた方が疲れた顔にならずおすすめです。

会食の有無

近年のお宮参りは家族が集まる行事としての認識が強く、お宮参りのあとにすぐに解散する場合もありますが、両家揃って会食する場合もあります。
そういった場合、事前にお店を予約しておくことで安心できます。特に初めての赤ちゃん連れの場合、個室のあるお店だと安心ですね。

お宮参りの日程が決まったら、両家には早めに連絡を入れておくと角がたちませんが焦りは禁物。
産後間もなく体調も整いませんので旦那さんを巻き込んで素敵なお宮参りを迎えてくださいね。

▶3泊4日 ¥3400往復送料無料〜 お宮参り産着のレンタルはこちらから!《お宮参り 全国宅配ネットきものレンタルサービス着物レンタリエ》

お宮参りの参拝方法(礼拝作法やマナーをご紹介)

お宮参りの参拝方法

ご祈祷を受けることを含めてのお宮参りだと思いがちですが、
子供が誕生してその土地の氏神様に誕生のご報告と、健やかな成長を祈るためにお参りするのが目的ですので、
必ずしも初穂料を納め、ご祈祷をする作法にのっとったお宮参りをしなくてはいけない、ということはありません。
家族で集まって近所の神社にお参りするだけでも十分です。
赤ちゃんの健やかな成長を祈る思いは真剣ですから、丁寧な作法を心がけたいもの。
一般的な礼拝作法やマナーをご紹介いたします。

神社参拝
《参道の歩き方、鳥居をくぐる時》
(1)服装の乱れを整えます。
(2)神社では参道の中央を神様が通る道と捉えることがありますので、参道では中央を避けて歩きましょう。
(3)鳥居をくぐる時には軽く一礼をし、気を引き締めて境内に入ります。

《手水舎で浄める》
参拝前に境内の手水舎で手を洗い、口をゆすぎましょう
(1)右手で柄杓を持ち左手に水をかけて左手を清める
(2)左手に柄杓を持ち替えて右手に水をかけ右手を清める
(3)柄杓を右手に持ち替えて左の手のひらで水を受けて口をすすぎましょう
柄杓に直接口を付けないように気をつけます
(4)口をすすぎ終えたらもう一度水を左手に流します。
(5)最後に水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置きます。

《神前〜拝礼》
(1)参道を通ってご神前へ進みます
(2)賽銭箱の前に立ったら姿勢を正します
(3)賽銭箱にお賽銭を入れます
(4)鈴や鐘があれば静かに鳴らします
(5)二礼二拍手一礼の作法で拝礼します
・二回深い礼をします
・胸の前で手を合わせ、右指先を少し下にずらします。
・両手を肩幅に広げて二拍手をします
・指先を揃えてお願い事を込めて祈りましょう
・最後にもう一回深い礼をします

赤ちゃんの無事な感謝とこれからの健やかな成長を願う気持ちは同じですので、
ご家庭の方針や考えや気持ちなどをもとに祈祷をお願いするか、参拝のみにするかを決めるのがいいでしょう。

▶3泊4日 ¥3400往復送料無料〜 お宮参り産着のレンタルはこちらから!《お宮参り 全国宅配ネットきものレンタルサービス着物レンタリエ》

祝い着の着せ方

お宮参りの赤ちゃんの晴れ着、お祝い着。お父さん、お母さんにとっては初めてお子様に着せる着物で何かと不安も多いハズ。
ここではお祝い着の着せ方を手順を追って解説いたします。

お祝い着の着るタイミング

道中では汚れやシワの原因にもなります、神社についてから着せてあげましょう。
神社についたら手水(てみず)のあと、ご祈祷の前に産着を羽織りましょう。

お祝い着の着せ方 産着の前に

(1)赤ちゃんに服を着せます。
ベビードレスやロンパース、カバーオールなど着慣れた負担のないものがおすすめです。
本来の産着は羽二重を着せるとされますが高価なものですし、お宮参りではじめて外出する赤ちゃんも多いことです、祝い着の下の服装は気温や気候に対応した着慣れた服で大丈夫です。
着せてあげる服は必ずしもお祝い用の服でなくても大丈夫です。

お祝い着の着せ方 産着

(1)祝い着を準備する
お祝い着は着物と襦袢(肌着)を重ねた状態で準備をします。
レンタルで借りる場合はだいたいがこの重ねた状態で借りることになります。

(2)重ねた襦袢の紐を祝い着の袖を通って袖口から出す
襦袢には付属の紐が前面についており、その紐のみを内側の袖を通します。
左右ともに襦袢の紐を祝い着の袖を通って袖口から紐を出します。
この時背中側の祝い着の柄がしっかり見えるようにシワを伸ばし、形を整えます。

(3)赤ちゃんに帽子(フード)、よだれかけをつけて抱きます

(4)赤ちゃんを包み込むようにして産着を羽織ります

(5)赤ちゃんを抱っこした人の方の上(赤ちゃんの顔と反対側)で襦袢の紐をちょうちょ結びにします。

産着を着ている時間はご祈祷前や参拝前から写真撮影前くらいが一般的です。
産着は一人では着られませんので周りの方のサポートが大切です。
当日になってあたふたしないように、前日にしっかり準備をして、着せる準備をしてお宮参りに備えましょう。


きものレンタリエで産着をレンタルするともれなく産着の着せ方説明書がついてくる!

▶3泊4日 ¥3400往復送料無料〜 お宮参り産着のレンタルはこちらから!《お宮参り 全国宅配ネットきものレンタルサービス着物レンタリエ》

お宮参りの服装(赤ちゃんの服装・洋服・和服・家紋の有無・夏はどうする?)

お宮参りに参加するにあたり、赤ちゃんの服装を一番に決めることによって他の参列者のドレスコードを揃えられます。 こちらでは赤ちゃんの当日の服装のご紹介をいたします。 神社に参拝するにあたり、この服装でなければならないという決まりごとはありません。 しかし、服装によってはお参りするには神様に失礼にあたる服装がある場合があります。特に、大切なお願いをする時などはしっかりした服装でお参りした方がよいでしょう。 神社の神職は神さまに対するとき、目上の方に接するように正装します。ですから私たちも、神社参拝の際には極力服装をただすよう心がけてはいかかでしょうか。

お宮参りの服装【赤ちゃん】

室町時代から続くお宮参りは当時の正装である晴れ着を着用するのですが、洋装が日常となった現代ではしきたりや服装が徐々に変化してまいりました。

和服の場合

伝統を重んじて和服を着せる場合、男女共通して晴れ着(産着、初着/うぶぎ)をかけるのが一般的です。 初着の下は、昔は白羽二重(しろはぶたえ)のシルクの内着の上に、晴れ着(産着、初着/うぶぎ)をかけていました。 しかし現在では白羽二重は省略され、ベビードレスや、ロンパース、カバーオールなどの上から産着をかける事が多いです。 和服を模した紋付き袴ロンパース(カバーオール)や、女の子用の袴ロンパースなども市販されているので、それと合わせてご利用になるご家庭も多いです。 多数派はベビードレス+晴れ着です。

男の子の晴れ着(産着、初着/うぶぎ)

色は黒・紺・ブルー・グレー系が人気です。 男の子らしい力強さ、たくましさの象徴でもある龍や虎、鷹などの柄が人気です。

女の子の晴れ着(産着、初着/うぶぎ)

友禅模様の鮮やかで彩りのある晴れ着がよく用いられています。 たとえば「美」の象徴である牡丹芍薬などの花や、可憐な印象を与えるうさぎ鶴、演技の良い熨斗目や御所車などの柄が人気です。

晴れ着(産着、初着/うぶぎ)に家紋は必要か?

晴れ着は和服ですから、着物の格の話になると男の子場合、五つ紋を入れると最高格の着物となりますが、近年では産着の家紋入れは省略されることが多いです。女の子は紋を付ける場合は背一つ紋になりますが、男の子も女の子もどちらも家紋を入れるのは義務ではありませんので、ご家庭内で話し合って決められると良いでしょう。

夏に産着はありか?

夏に正式な祝い着を着せる場合、赤ちゃんの体調を最優先に。 絽(ろ)という夏用の着物の生地の素材を使った通気性があり、比較的涼しい祝い着もあるので、夏に行う場合は絽の産着がおすすめです。

お宮参りの服装(洋装編)

ベビードレスで参加される方がほとんど。ごく普通のベビー服で参加させているケースもあります。

まとめ

お宮参りの服装は室町時代から伝わる伝統的な通過儀礼のため、古来より伝わる和装がふさわしいように思えますが、 実際は赤ちゃんの体調やお宮参りを行う季節によって比較的自由に決めることができます。

▶3泊4日 ¥3400往復送料無料〜 お宮参り産着のレンタルはこちらから!《お宮参り 全国宅配ネットきものレンタルサービス着物レンタリエ》

お父さん、お母さん、おばあちゃん、おじいちゃんの服装

お宮参りに参加するにあたり、赤ちゃんの服装だけではなく、両親や兄弟、祖父母の服装についてどのような服装がふさわしいのでしょうか、 こちらでは参加者それぞれのふさわしい服装についてご紹介いたします。

神社に参拝するにあたり、この服装でなければならないという決まりごとはありません。
しかし、服装によってはお参りするには神様に失礼にあたる服装がある場合があります。特に、大切なお願いをする時などはしっかりした服装でお参りした方がよいでしょう。 神社の神職は神さまに対するとき、目上の方に接するように正装します。ですから私たちも、神社参拝の際には極力服装をただすよう心がけてはいかかでしょうか。

避けたほうが良い服装

毛皮・・・神様は穢れや不浄を嫌いますのでできれば死を連想させます
カジュアルな派手な色やデザインの服装
歩きにくい服装や靴・・境内の石段や砂利道で転倒の恐れがあります
露出の多い服装
周りからどう見られているかよりも、神さまのためにどういう服装で行くべきか、ということを自分で考えて決める、これが大切だと思うのです。
特に社殿の中などの特別な場所で参拝される際、男性はスーツにネクタイ着用、女性も同等の服装を必要とされることもあります。
旅先では、軽装になりがちですが、特別な場所での参拝を予定されている場合は、相応の服装を準備するとよいでしょう。

ドレスコードを揃えよう

お宮参りは赤ちゃんの健やかな成長を祈る儀式ですから、主役は赤ちゃん。洋服が日常着となった現在では産着を着せずに祈祷される方もいらっしゃいます。
当日の赤ちゃんの服装を祝い着にするのか、洋装のドレスや正装にするのかをまず決めましょう。
赤ちゃんの服装に両親、両親の服装に祖父母や兄弟が服装を決めて行きましょう。

父親の服装

両親の服装は基本的に赤ちゃんの服装によって変わりますが、赤ちゃんが和装だから父親も和装でないといけないということはありません。
父親の場合、和装よりフォーマルスーツで参加するケースが多いです。

・黒のフォーマルスーツ
・白いシャツ
・白かシルバー系のネクタイ

母親の服装

父親と同じく、両親の服装は基本的に赤ちゃんの服装によって変わりますが、赤ちゃんが和装だから母親も和装でないといけないということはありません。
赤ちゃんが洋装の場合、和装の場合でも産後はまだまだ体調も整いにくいもの。和装よりも洋装を選ばれるママも多いでしょう。その場合はフォーマルなスーツや露出の少ない清楚なワンピースを着用します。
神様、目上の方に謁見するようなイメージにあたりますので、砕けたかんじにならないカジュアルすぎず、露出の少ないものを選びましょう。

洋装の場合
・デコルテが開きすぎず、膝下丈のフォーマルなスーツ、ワンピース
・靴はヒールが高すぎないもの(参道や砂利道、石階段などで転倒の恐れがあります)

和装の場合
・黒留袖
・色留袖
・色無地
・訪問着
格は黒留袖が最も高いです。和装の場合は他の参加者の方のドレスコードに合わせた着物を選びましょう。
迷った場合は訪問着が最も選ばれておりますので、訪問着がおすすめです。
色は主役の赤ちゃんを引き立たせるため、淡い色、薄めの色を着用すると良いでしょう。

兄弟の服装

赤ちゃんの上に姉や兄がいる場合でかつ、七五三で着た着物を購入し、所持している場合は赤ちゃんの和装にあわせて着物を着用しても良いでしょう。
ただし、赤ちゃんが和装をせず、簡易的な衣装の場合は無理に着物を着せなくて良いです。
洋装の場合は幼稚園、学校の制服や、白のポロシャツやワイシャツ、スカートやパンツ、白や紺のソックスを選べばマナーの範囲内です。

祖父母の服装

祖父母も同じく赤ちゃん、と赤ちゃんのご両親の服装に合わせます。
祖父
フォーマルスーツで参加するケースが多いです。
・黒のフォーマルスーツ
・白いシャツ
・白かシルバー系のネクタイ

祖母
洋装の場合
母親と同じくよそ行きのスーツやワンピースにしましょう。
和装の場合
・黒留袖
・色留袖
・色無地
・訪問着
を選ばれます。
赤ちゃんが和装だからといって祖父母も和装にしないといけないかというと義務ではなく、洋装、和装ともに一定以上のマナーを守っておれば問題ないです。
参加者の服装とバランスが取れていることが大事ですので、事前に何を着ていくか打ち合わせをしておきましょう。
祖母の和装ですと昔は黒の留め袖に五つ紋が最も格が高い着物として着用されてまいりましたが、近年の和装離れにより他の参加者が着物や格の高い着物を着用しない場合は黒留袖を着用せず、周りに合わせた服選びをすると良いでしょう。
例えば、母方の祖母がワンピース、父方の祖母が黒留袖ですとアンバランスです、かならず事前に参加される方の服装を話し合って決めましょう。

まとめ

主役である赤ちゃんが引き立つよう、和装でも洋装でもカジュアルすぎない装いと、バランスのとれた参加者の服装で赤ちゃんの誕生をお祝いしましょう。
▶3泊4日 ¥3400往復送料無料〜 お宮参り産着のレンタルはこちらから!《お宮参り 全国宅配ネットきものレンタルサービス着物レンタリエ》

夏のお宮参りはどうする?(お宮参りを行う時期・夏のお宮参りの赤ちゃんの服装・絽の産着)

お宮参りとは

お宮参りは赤ちゃんの誕生をその土地の氏神様に報告をし、その後の健やかな成長を祈願する、室町時代より続く通過儀礼の一つです。 お宮参りを行う時期は男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。 お宮参りを行うのは上記の通り、生誕後、約一ヶ月ですがこれは医療技術が今ほど進んでいなかった昔、赤ちゃんの命は儚いもので、 生誕後、約一ヶ月の様子見の期間が設けられ、人生を自分の力で生きていける気配が見え、赤ちゃんに生きる力が備わっていると確認できた頃に氏神様にお参り(お宮参り)をして、氏子の仲間入りをさせていただき、健やかな成長を願う行事でした。また、お産の忌明けは、出血を伴うお産は昔は汚れたものとしてとらえていたということからきています。 現在では無事に生まれた感謝と、健やかな成長を願う行事ととらえることが一般的になりつつあり、昔のような考え方は薄れつつあります。

お宮参りを行う時期

先述の通り、厳密な日程では男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされておりますので、夏生まれの赤ちゃんは場所や気候にもよりますが、夏のお宮参りに参加しなければいけないのかというと、そうではありません。 お宮参りは赤ちゃんの誕生を報告、健康を祈願する儀式ですので、赤ちゃんの体調を最優先に、参加される方、気温、お天気など、気候の穏やかな日にずらして都合のよき日を選んで行う方も多いです。 しきたり通りに行いたい方や、帰省を兼ねて夏にお宮参りをされる方におすすめの赤ちゃんの産着は絽の産着をおすすめしています。

夏のお宮参りの赤ちゃんの服装

室町時代より続く行事です、慣習では白羽二重に祝い着(産着)を羽織らせますが、最近ではベビードレスで済ませる方や、ベビードレスや袴ロンパースの上に祝い着(産着)をかける方も増えてまいりました。 夏のお宮参りの赤ちゃんの服装でよく用いられるのは絽(ろ)の産着です。

夏に着るお宮参りの赤ちゃんの服装

夏はとにかく蒸したり暑いですので、掛着をかけることは少なく、写真撮影の時のみに軽く羽織らせるケースが増えています。 洋装の場合は本来であればベビードレスの下に肌着やロンパースを着せますが、厚さ対策で直にベビードレスを着せる場合もあります。 天候や温度に応じて赤ちゃんに負担の少ない服装を選びましょう。

絽の産着とは

着物は生地の種類や裏地の有無で着物を着用する季節を分けてまいりました。 10〜5月は裏地のついた袷(あわせ) 6〜9月は裏地をつけずに仕立てた単衣(ひとえ) 単の季節の猛暑厳しい時は通気性のある絽や紗、麻といった着物を着用します。

絽の生地は見た目にも涼しい透け感のある生地で、平織ともじり織という織り方を混ぜ合わせたもので、夏の着物や帯、帯揚げなどで利用されます。 一般的な産着は袷仕立ての裏地がついたものになりますので、夏にお宮参りをされる場合は通気性を考慮した絽(ろ)の産着がおすすめです。 絽の産着は夏用の裏地のない見た目も着用感も袷に比べて涼しい素材です。 夏のお宮参りで外に居る時間が長いと予想される場合は絽の産着をおすすめいたします。

赤ちゃんの服装に関しては、赤ちゃんの体調を優先させたもので考えるのが望ましいでしょう。 必ず掛け着を着せなくてはいけない、必ず肌着を着せなくてはいけないなどの決まりごとはないので、赤ちゃんが快適に過ごせる服装を心がけましょう。

▶3泊4日 ¥3400往復送料無料〜 お宮参り産着のレンタルはこちらから!《お宮参り 全国宅配ネットきものレンタルサービス着物レンタリエ》

お宮参りの段取りと当日の流れ

お宮参りとは

お宮参りは赤ちゃんの誕生をその土地の氏神様に報告をし、その後の健やかな成長を祈願する、室町時代より続く通過儀礼の一つです。 お宮参りを行う時期は男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。 お宮参りを行うのは上記の通り、生誕後、約一ヶ月ですがこれは医療技術が今ほど進んでいなかった昔、赤ちゃんの命は儚いもので、 生誕後、約一ヶ月の様子見の期間が設けられ、人生を自分の力で生きていける気配が見え、赤ちゃんに生きる力が備わっていると確認できた頃に氏神様にお参り(お宮参り)をして、氏子の仲間入りをさせていただき、健やかな成長を願う行事でした。また、お産の忌明けは、出血を伴うお産は昔は汚れたものとしてとらえていたということからきています。 現在では無事に生まれた感謝と、健やかな成長を願う行事ととらえることが一般的になりつつあり、昔のような考え方は薄れつつあります。

お宮参りの時期

赤ちゃんが生まれて一ヶ月経つ頃、ご家庭や地域にもよりますがだいたい生後一ヶ月頃にお宮参りを行います。
帰省を兼ねて、冬や夏で季節が厳しく時期をずらして柔軟に考えても問題ありません。
赤ちゃんやお母さんの体調に配慮した計画を立てましょう。
下記ではお宮参りを行う前に事前に準備しておくことをポイントとしてご紹介いたします。
(1)参加者
(2)日程を決める
(3)参拝方法を決める
祈祷なのか、簡易的に参拝するのか
(4)祈祷の場合は神社の予約をする、初穂料を準備は誰が用意するのか
(5)写真撮影をするのか
晴れ着姿をのこしたい場合であれば写真館に予約を入れておく。スナップ撮影程度の撮影でよければ自前のカメラを持っていく
きちんとした写真を残す場合は同日に行うのかどうか、予定を合わせることが必要です
(6)お宮参り後の会食の有無を決める
(7)赤ちゃんの衣装の種類、誰が用意するのか
ベビードレスなのか、産着なのか
(8)父母祖父母のドレスコードは赤ちゃんに合わせたものがおすすめです。
(9)赤ちゃんとのお出かけグッズを準備する(授乳ケープや哺乳瓶、ブランケット、はんかちなど)


▶3泊4日 ¥3400往復送料無料〜 お宮参り産着のレンタルはこちらから!《お宮参り 全国宅配ネットきものレンタルサービス着物レンタリエ》

お宮参りに持っていってよかった持ち物

出産して間もない頃に赤ちゃんを連れて外出には不安がいっぱい。当日の持ち物であると便利なものをご紹介します。

ミルク・授乳グッズ
ママの服装によって授乳ケープを準備するか、ミルクグッズを準備するか変わってきます。
洋装の場合
・授乳ケープ
和装・洋装の場合
・哺乳瓶
・白湯、熱湯を入れた魔法瓶
・粉ミルク
・保温ケースに入れた哺乳瓶

寒さ・暑さ対策グッズ

・ひざかけ
・カイロ
・赤ちゃん用のおくるみ、ポンチョ


・冷えピタ
・扇子

おもちゃ
・赤ちゃんの上にお姉さん、お兄さんがいる場合重宝

ハンカチ・タオル
・よだれや授乳後のゲップでミルクをもどしてしまった時など、生まれて数ヶ月の赤ちゃんには必需品。

産後約一ヶ月、自宅での子育てにようやく慣れて来た頃の外出です。
外出先での思わぬ場合に備えてしっかりと準備してお宮参りを迎えましょう。

お宮参りの後の食事会について

お宮参りは生後約一ヶ月頃の赤ちゃんの生誕をその土地の氏神様に報告し、今後の健やかな成長を祈るために行います。 現在のお宮参りは家族が揃って参加するイベントとしての位置づけが強く、お宮参りの後の家族、親族揃っての会食をされる方が多いです。 そういったお宮参り後の食事会について、段取りやポイントをご紹介いたします。

お宮参りの食事会はなしでも大丈夫

基本的に開催するのが慣習ですが、一番優先されるのは赤ちゃんや母親の体調面です。 お宮参りの赤ちゃんは生誕後一ヶ月ほどです、首も座っておりませんし外出に慣れていないので長時間の外出は体調を崩す可能性もあります。 赤ちゃんの体調をみて、食事会の開催が難しく感じるのであれば無理に開催する必要も無いでしょう。 ご家庭でよく話し合って決めましょう。

お宮参り後の食事の予算

お宮参りの大半は午前中や日中に行うことが多いので、ランチなら¥3000〜¥5000、ディナーなら¥4000〜¥8000前後を平均的な食事会の予算でしょう。 レストランや割烹など事前の予約が必要です。

お宮参り後の食事の場所

自宅

自宅では、ママと赤ちゃんの体調を優先しながら、自分たちのペースでゆっくり食事を楽しめます。 いつでも授乳やおむつ替えができるのも安心です。自宅なので帰る時間を気にしなくても大丈夫。 食事は手作りを振る舞っても、ケータリングや宅配を注文するのも良いでしょう。 それぞれのご家庭や状況に合わせて場所は選びましょう。

外食

レストランで開催する場合は食事や後片付けを自分たちで行う手間が省け、豪華に行なえます。そのぶん自宅ほどくつろげなかったり、場所によっては授乳が困難な場合がありますので下記のポイントに気をつけておきましょう

・予約をしておきましょう
・個室や和室のあるお店を選びましょう
・授乳室やおむつ替えスペースが完備されているお店だとなお良いでしょう
・禁煙の部屋を希望しておきましょう

まとめ

お祝いの席はどうしてもがんばりがち。
主役である赤ちゃんをはじめとして出産後で体調の整わないお母さんも無理をしすぎないように、明るく楽しいお祝いの席をお過ごしください。

▶3泊4日 ¥3400往復送料無料〜 お宮参り産着のレンタルはこちらから!《お宮参り 全国宅配ネットきものレンタルサービス着物レンタリエ》

CHECK ITEM チェックしたアイテム

  • 最近チェックした商品はありません。

商品を選ぶ

シーンで選ぶ