PC

成人式の振袖を安く済ませるコツは?

振袖についてよくある質問#着物レンタル,#振袖レンタル,#成人式レンタル

成人式の振袖を安く済ませるコツは?

成人式の振袖を安く済ませるコツには、次のような方法があります。

・祖母や母親の振袖を譲り受ける
・リサイクルショップを利用する
・ネットレンタルを利用する
・早割などの特典にも注目を
・写真スタジオのセットプランを活用

ママ振袖などを利用する

成人式の振袖の費用は、祖母や母親が着ていた振袖、いわゆる「ママ振袖」を利用することで、かなり抑えることができます。

これなら購入するよりもはるかに安く、レンタルよりも安価な場合も多いでしょう。

こういうと、無料だからレンタルよりも安いのでは?と思われがちですが、振袖の状態によっては着る前に一度クリーニングに出したり、サイズが合わなければ仕立て直すことも考えられます。また、帯や草履など、足りない物があると改めて買い直すことになるため、場合によってはレンタルよりも高くなる可能性があります。

リサイクルショップを利用する

最近はリサイクルショップで中古の振袖を購入し、成人式が終わったら、再度、レンタルショップに売りに出す方も多いようです。

新作振袖を購入するよりも安価ですし、ものによってはレンタル料金よりも安いことも。さらに、終わったら再び売りに出すことで購入費用の一部を回収できます。

ただし、こちらもママ振袖と同じで状態がよくないとクリーニングやサイズ直しが必要に。また、一式セットになっていると思ったら足りない小物があった、という場合もあるので、サイズとセット内容はしっかりチェックしてから購入しましょう。

レンタルはネットショップがオススメ

成人式の振袖を安く済ませたいなら、レンタルの中でもネットショップに注目を。
成人式の時期でも2万円前後から振袖がレンタルできるうえ、草履やバッグなど、必要なものはすべてセットになっています。

実店舗で成人式の振袖をレンタルする場合、新作の振袖を自分のサイズに合わせて仕立てるオーダーレンタルが主流のため、レンタルといえども20万円前後かかることも。

ネットレンタルの場合、ジャストサイズではない、試着ができないなどのデメリットもありますが、何より安いことを第一に考える方にはオススメです。

早割などの特典にも注目しよう

振袖を扱っているショップによっては、早期予約特典が受けられる場合があります。
例えば、振袖のレンタル料金や前撮り代の割引、着付けやヘアメイクが無料になることも。

振袖自体の費用が安くならなくても、着付けやヘアメイク、写真撮影などの費用が無料や割引になれば、成人式の準備費用を安く抑えることができます。
振袖をレンタルする場合には早割があるかどうかもチェックしてみましょう。

撮影スタジオのセットプランを活用

撮影スタジオによっては、記念撮影に振袖レンタルが含まれたセットプランもあります。

最近は、一度料金を支払えば前撮りも成人式当日も、同じ振袖を着用できるレンタルプランなどもあるので、上手に活用すれば、前撮りにかかる振袖の費用を抑えることができます。

振袖レンタル7泊8日19,600円〜(2-12月は半額)
LINE@友達登録で300円オフクーポン