PC

色無地の格は紋の有無や数で変わる!TPOに合った着こなしをわかりやすく説明

着物の豆知識

色無地の格とは?

色無地の格は、紋の有無や数によって変わります。色無地の格は、紋がなければ普段着として着ることが出来ます。
一方で紋を一つ入れるだけで、紋の入っていない訪問着よりも格上の略礼装として着用することが可能になります。

そもそも色無地とは?

色無地とは、地紋(織模様)の有無に関わらず、白生地を黒色以外の一色で染めた着物のことです。

色無地の格の違いと着用シーンは?

~色無地の紋有りの場合の着用シーン~
・結婚式
・卒業式
・お茶会
・パーティー
・法事
など

~色無地の紋無しの場合の着用シーン~
・パーティー
・食事会
など

色無地の紋の数と格の違い

〇五つ紋・三つ紋の色無地
色無地に五つ紋や三つ紋が付くことで、格の高い略礼装のフォーマルな着物になります。結婚式や卒業式、格式高い正式なお茶会にも活躍してくれます。

〇一つ紋の色無地
色無地に一つ紋が付くことで、訪問着や附下(つけさげ)と同等の略礼装として着用できます。結婚式やパーティー、お茶会など着用可能な場面が最も多いため色無地を仕立てる際には一つ紋にされる方が多くいらっしゃいます。

〇色無地の紋無し
色無地に紋を入れない場合、小紋(こもん)や紬(つむぎ)同様、カジュアルな普段着として着用できます。お友達とのパーティーやお食事会におすすめです。

まとめ

色無地の格は紋の有無や数によって変わることがお分かりいただけましたでしょうか。
色無地は、紋を入れる数が多くなるほど着物の格も高くなりますが、着用シーンが限定されてしまうのがネックでしょうか。
そのため、色無地には紋を入れないかあるいは、一つ紋を入れて、TPOに合った帯や小物をコーディネートすることで着用シーンは幅広くなります。
また、黒色の帯を合わせることで略式の喪服として、薄いグレー地の九寸帯など合わせることで法事にも着用可能となります。

LINE@友達登録で300円オフクーポン