PC

命名書はどうしてる?手書きそれともオーダー?お七夜との関係は?

2021年4月1日お宮参り命名書, 赤ちゃん

赤ちゃんへの最初の贈り物でもある「命名」
正式な書き方や、お七夜(おしちや)の命名書はどうしてるのか疑問ですよね。
お七夜との関係や最近の傾向、命名書はどうしてるか、命名書の書き方や話題のオーダー命名書についてご紹介します。

書道家 光華さん直筆による色紙命名書3種類

命名書を奉納するお七夜とは?

お七夜とはどんな行事?

「お七夜(おしちや)」とは、赤ちゃんが生まれた日から数えて7日目の夜に、赤ちゃんの健やかな成長を願うお祝いの行事です。
なぜ7日目かというと、昔の人々は赤ちゃんが生まれてから6日目までは産神様の保護の下にあると信じていました。子どもが誕生しても必ずしも無事に育つとは限らなかった時代、無事に7日目を迎えられたことは大きな喜びであり、大事な節目だったのです。

命名書の持つ意味とは?

このお七夜のときに、人間の子供になるための命名式を行っていました。
世の中の一員として認めてもらえるようにと、親戚や近隣の方たちに決めた名前を披露するのです。
さらに、赤ちゃんの名前を書いた「命名書」を作り、産神様に奉納することで、
赤ちゃんが無病息災で健やかに育つことを願っていたのです。

命名書は誰が書くもの?

そんな赤ちゃんの命名書は、一体誰が書くものなのでしょうか。
それは名前を付けた人、いわゆる名付け親が書くものとされていました。

昔は父方の祖父が孫の名前をつけることが多かったため、命名書を書くのも父方の祖父の役割だったようです。
ところがいまは、子どもの名前はママやパパがつけるのが一般的です。そのため、ママやパパが命名書を書くことになりますが、文字に自信がない場合は、達筆な身内などに頼んでみてもいいでしょう。

命名書の書き方と飾り方

実際に命名書を書く場合、正式と略式の二通りの書き方があります。
筆と硯(すずり)、墨汁を用意して、毛筆で書くのが基本ですが、毛筆は苦手という方は筆ペンを利用してもいいでしょう。

正式な命名書の書き方と飾り方 

書き方

正式な命名書には奉書紙(ほうしょし・ほうしょがみ)というやや厚めの和紙を二枚使用します。

命名書 書き方

・縦に置いた奉書紙を、横に二つ折りにします。
・それを縦に三等分にして折り目をつけます。

命名書 書き方


・三等分にした右側の面に「命名」という文字を縦書きします。
・三等分にした中央の面の右上から縦に小さく父親の名前と続柄を書きます。
・中央の面の真ん中に子どもの名前を縦書きにします。
・中央の面の左側に小さく縦に子どもの生年月日を書きます。
・三等分にした左側の面には、お七夜の日付と両親の名前、名付け親がいるならその方の名前を縦書きにします。

命名書 包み方

・命名書を三つ折りにしたら、もう一枚の無地の奉書紙で包みます。包み方は左右上下の順に折ります。
・表書きに「命名書」と書き入れれば出来上がりです。

飾り方

完成した正式な命名書は、三方にのせて神棚に飾るのが一般的。
神棚がない場合は床の間に飾ります。

略式の命名書の書き方と飾り方

書き方

略式の場合は、市販の命名書や半紙、色紙などを利用します。書き方は使用する命名紙の種類や地域によって異なることもあるので、ここでは一例を取り上げます。

略式の命名書の書き方

・命名紙の右から両親の名前と子どもの続柄を書きます。
・中央に大きく「命名」の文字と、子どもの名前を縦に書きます。
・左側に子どもの生年月日を縦に書きます。

飾り方

略式の場合、飾る場所の決まりはありません。ベビーベッドの近くに飾ったり、額縁などに入れてリビングの目につくところに飾ってもいいでしょう。

最近はオーダーできる命名書が人気

お七夜という行事は父方の祖父が開催するのが一般的でしたが、核家族が進み、祖父母は遠方に住んでいることが多い昨今は、お七夜を行わない家庭も増えてきました。

それでも、赤ちゃんに名前を贈った記念に命名書だけは作りたいと考えているママやパパも。
そんな場合、命名書はどうしてるかというと、略式のテンプレートをダウンロードしたり、市販の命名書を利用しているようです。

最近では、手書きの命名書をオーダーできるサービスもあり、こちらも人気を集めています。

きものレンタリエでも、書道家直筆の命名書をオーダーできるので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

書道家 光華さん直筆による色紙命名書3種類
書道家 光華さん直筆による命名書の販売

書道家 光華さん直筆による命名書の販売はこちらから

命名書はお宮参りの時に作ろう!

祖父がやらないのであれば、ママやパパがお七夜を行えばいいと考えがちですが、赤ちゃんが生まれてからたったの7日間では、ママも赤ちゃんも体調がまだ落ち着かず、準備をしている余裕はないかもしれません。

そのためお七夜とお宮参りを一緒に祝おうと考える方もいるようです。

お七夜をやらない場合には、どのタイミングで命名書を書いたり、オーダーすればいいか悩むこともあるでしょう。

お宮参りの祝い着と一緒にオーダー

そこでお宮参りの準備のときに、一緒に命名書をオーダーするのもひとつの方法です。

例えば、きものレンタリエでお宮参りの祝い着をレンタルするときに、命名書もオーダーしてしまえば一石二鳥。

別々にオーダーするよりも、スムーズに手配できます。

寝相アートにして出産報告ハガキに

オレンジ色の花柄の産着で寝相アートを撮る赤ちゃん

お宮参りの記念写真や祝い着を利用した寝相アートに、命名書も入れて撮影するのもオススメです。

撮影した記念写真や寝相アートは、赤ちゃんが無事に生まれ、名前も決まり、お宮参りを迎えられた報告と感謝を込めて、祖父母や親族、友人にメールで送ったり、出産報告用のハガキにしても喜ばれるでしょう。

命名書はいつまで飾っておいて大丈夫?

命名書を飾る期間には、いつからいつまでという決まりがあるわけではありません。

正式な命名書の場合、かつては生後7日目のお七夜に飾り、出生届を出した日や床上げを済ませた後に下ろして、へその緒と一緒に箱などに入れて、水引をかけてしまっておくのが一般的でした。

しかし、色紙などの略式の命名書が増えた最近では、何年も飾っておく方も多いようですので、インテリアのひとつとして命名書を大切に飾っておくのもいいでしょう。

まとめ

命名書はお七夜の祝いのときに、赤ちゃんの名前を書いて産神様に奉納するためのものでした。

そんなお七夜を行う人が少なくなる一方で、記念に命名書は作りたいというママやパパは多く、テンプレートや市販の命名書、書道家による命名書のオーダーが人気を集めています。

そこで、きものレンタリエではお七夜をやらない方には、お宮参りの準備の時に命名書をオーダーすることをオススメしています。

祝い着や寝相アートのグッズと一緒に、命名書もオーダーしてみてはいかがでしょうか。

書道家 光華さん直筆による色紙命名書3種類
書道家 光華さん直筆による命名書の販売

書道家 光華さんによる色紙タイプの命名書販売はこちらから

アニバーサリー
LINE@友達登録で300円オフクーポン