お宮参りの産着レンタル | きものレンタリエ
サイドナビを表示 カートの中を見る

商品を選ぶ

24時間ご注文受付中 営業時間:10:00〜17:00 定休日:月曜日

最新ご利用者様265人中91%(241名)の方から★5つをいただきました!(※最新ご利用者様アンケート調べ)

東京都 Wさん
きれいな着物でお宮参りに行けて嬉しかったです。着物のたたみ方や、着せ方がラミネートされて同封されて、ハンガーもついていたのが助かりました。
福岡県 Tさん
初めて着物のレンタルをしたのですが、とてもキレイに包まれて届いたのが好印象でした。ありがとうございました。
石川県 Sさん
子どもが体調を崩し、予約していた日にお参りに行けず、着物も日にちをずらしてもらえないか相談したところ、快く受けて頂いたことに感謝しております。
神奈川県 Tさん
着物とてもかわいかったです。七五三のときもお世話になろうかと思っています。コストパフォーマンスも良かったです。ありがとうございました。
千葉県 Tさん
安いのにとても立派な祝い着を貸して頂き有難かったです。また利用したいです。
大阪府 Iさん
安価であるのにセット内容がすごく充実していてとてもよかったです。
梱包がすごく丁寧な点も関心しました。
この度は素敵なお着物・産着をありがとうございました。

WHY RENTALLIER?

はじめてのお宮参りでも安心レンタリエが選ばれる5つの理由
はじめての宅配レンタルでも安心レンタリエが選ばれる5つの理由

フルセットレンタル ≪往復送料無料≫
¥3,400(税込)~!

お宮参りに必要なものが揃ったフルセット

≪往復送料無料≫3,400(税込)円~

2019年初おろし商品が290着以上!
フルセットレンタル¥3,400(税込)~!

豊富な品揃え・お手頃価格の上質な着物一式セットを全国宅配
襦袢が中にセットされた状態&風呂敷入りで届いてすぐに使える!
《7点フルセット》(1)産着(2)襦袢(3)帽子(4)よだれかけ(5)お守り(6)きものハンガー(7)風呂敷
襦袢が中にセットされた状態&風呂敷入りで届いてすぐに使えます。
着物を初めて着る方でも安心!着せ方説明書付き。

清潔感のある商品をお届け。
業者監修の本格クリーニング

クリーニング不要・汚しても安心
着物クリーニング業者監修の本格自社メンテナンス。
自社で落とせる汚れ・ほつれに関しては修繕費¥0

レンタリエは自社にて本格メンテナンス。万が一のときでも、落とせる汚れ、直せるほつれに関しては修繕費を頂戴しません。
他社では汚してしまったときの保証、《安心パック》が+¥1,000が相場ですが、レンタリエは無料。
詳しくはこちら

後払いOK!代引き手数料無料!
ゆったり3泊4日レンタル

ご着用日の2日前にお届け。
お届け先は、美容室やホテルなども指定できます。

商品が届きましたら、念の為商品同梱書類のセット内容チェックリストを確認し、欠品がないかご確認ください。
万が一、不備がありましたらご連絡ください。
詳しくはこちら

ネット宅配レンタルが初めてでも安心
コンビニから かんたん返却

使ったあとはダンボールに入れ直してコンビニへ

同封の着払い伝票が入っておりますのでご記入いただき、
荷物を最寄りの取扱店にお持ち込み頂き、コンビニのレジまたは営業所の受付のスタッフへお渡しください。
弊社への着払いになりますので、お客様にて送料のご負担は
ありませんのでご安心ください。

《ゆうパック》郵便局、ローソン、ミニストップ、セイコーマート
《ヤマト運輸》ヤマト運輸営業所、ファミリーマート、セブンイレブン、デイリーヤマザキ

詳しくはこちら

レビュー投稿で
ガーゼタオルプレゼント

お客様の貴重なお声をぜひお聞かせください!

ご利用後のお声を商品レビューにて投稿くださったお客様にもれなく速乾、吸水性に優れた薄手でコンパクトなガーゼタオルをプレゼント!
日本製なので安心してお使いいただけます。

会員登録されずにご予約をされるとレビュー投稿ができません。
レビュープレゼントは会員登録をして購入をされたお客様が対象です。
マイページの購入履歴より投稿下さい。投稿確認後、ご注文者様のご住所へ送付致します。

ITEM RANKING 人気ランキングから選ぶ

女の子用お宮参り産着ランキング

男の子用お宮参り産着ランキング

レンタルの流れかんたん4ステップ

  • ネットで
    予約
  • ご指定の場所へ
    お届け
  • ご着用
  • コンビニから
    返却
詳しいレンタルの流れを見る

お宮参りの基礎知識

お宮参りとは、生後約一ヶ月のお子様が無事に産まれたことの感謝と報告をし、
健やかな成長の祈願をする行事です。
生後一ヶ月の良き日を選んで神社にお参りをします。

POINT

厳密な生後日数にあまりこだわらず、赤ちゃんや産後のママの体調を優先して無理のない場所・日程を選びましょう。 冬生まれ・夏生まれの赤ちゃんは時期をずらすなど、柔軟に対応しているご家庭が多いです。 祖父母が参加できない場合は赤ちゃんの両親だけで行うなど、最近ではしきたりや伝統にとらわれず、より自由な傾向にあり、お宮参りのあり方も昔に比べて多様化しています。

お宮参りの流れ

お宮参りの基礎知識

赤ちゃんのお宮参りとは、赤ちゃんの誕生を祝う、生まれてはじめての大きな行事です。
初宮参り(はつみやまいり)、初宮詣(はつみやもうで)、宮参り(みやまいり)とも。
お宮参りはその土地の氏神様に赤ちゃんが無事生まれたご報告と、今後の健やかな成長とご加護をお祈りすることが目的の行事です。 生後一ヶ月の良き日を選んで神社にお参りをします。
最近は旧来のしきたりにとらわれず、自由な形でのお宮参りが増えてきました。

お宮参りの目的

お宮参りは、鎌倉・室町時代から続く風習と言われています。
昔のお宮参りは、赤ちゃんが無事に生誕一ヶ月目を迎えたことを産土神(うぶすながみ、うぶしなのかみ、うぶのかみ)に感謝して氏子として祝福を受ける行事と、お産の忌明けの儀式の意味合いを兼ねた行事でした。
氏神様とは昔からその地域に住んでいる人たちが神様をまつったもののことをいい、信仰している人たちのことを氏子と呼びます。
昔は現在ほど赤ちゃんの生存率は高くなく、儚いものでした。そのため、生後一ヶ月ほど様子見の期間が設けられ、人生を自分の力で生きていける気配が見え、赤ちゃんに生きる力が備わっていると確認できた頃に氏神様にお参り(お宮参り)をして、氏子の仲間入りをさせていただき、健やかな成長を願う行事でした。
現在では無事に生まれた感謝と、健やかな成長を願う行事ととらえることが一般的になりつつあり、昔のような考え方は薄れつつあります。

お宮参りを行う時期

お宮参りを行う時期は男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。
現在では厳密な参拝日程よりも、参加されるご両親や祖父母のご意向や、赤ちゃんと産後のお母さんの体調、お天気に合わせて決められる方が多いです。
伝統を重んじる家庭であれば両親に確認すると安心です。
赤ちゃんの生誕が真夏や真冬の場合は、100日頃に行うなど、気候が穏やかになる時期にずらすなど、柔軟に考えても問題ありません。

お宮参りをする場所

お宮参りは住んでいる土地の守り神に赤ちゃんが誕生した報告と健やかな成長を祈るのが本来の目的のため、家の近くの神社に参拝するのが一般的な神社の選び方です。
近年ではお参りする神社も最近では昔のような儀式的な意味合いは薄れて家族が集まる行事という意識が強かったり、お宮参り後の写真撮影の提携写真館が近い神社を選んだり、ご家庭によっては出生地や地域の氏神様の神社にこだわらず、信仰やゆかりのある遠方の神社に参拝する人も増えていますが、赤ちゃんに負担の少ない神社選びがおすすめです。

お宮参りは大安でなくても大丈夫

六曜は参考程度に。こだわりすぎる必要はありません。
大安、先勝、先負、赤口、友引、仏滅、どの六曜で行ってもよく、タブーという日もありません。
赤ちゃんやお母さんの体調や、参加される父母、祖父母の良き日や天候を考慮に入れて選びましょう。
風習や六曜にこだわる方がご両家でいらっしゃる場合もありますので、その点も踏まえて日程の選定をされると良いでしょう。

お宮参りの参加者

旧来は赤ちゃんと赤ちゃんの父親、父方の祖父母が習わしでしたが、現代では家族が集まるイベントという趣が強くなっています。
双方の実家が遠い場合は、赤ちゃんと両親のみで行ったり柔軟に行いましょう。
【 正式な参加者(古くからのしきたり)】
赤ちゃんと赤ちゃんの父親、父方の祖父母
【自由な参加者】
赤ちゃん、父、母、父母の両親、父母の兄弟など親戚
【両親が遠方や都合で行けない場合】
赤ちゃんの両親のみ

お宮参りの仕方

お宮参りの方法は二種類あります。
通常の参拝と同じようにお賽銭を入れてお祈りする方法と、事前に神社に連絡をして申し込み、初穂料(はつほりょう)を準備した上でお祓いを受けて祝詞(のりと)をあげてもらう方法とがあります。
初穂料の金額は参拝する神社によって異なりますが、平均的な相場は¥5000から¥10000です。
神社のホームページ上に初穂料の金額を掲載している神社もありますので、事前に確認しておきましょう。
お祓いや祈祷を受けない場合、一般の神社でのお参りと同じ参拝作法で大丈夫です。「二礼、二拍手、一礼」と覚えましょう。

お宮参りの事前打ち合わせポイント

事前に下記の打ち合わせをしておくとスムーズです。
・参加者
・日程(体調を優先)
・各予算(初穂料、衣装代、撮影、食事代など)
・参拝方法
・記念撮影の規模
・お宮参り後の会食の有無
・赤ちゃんの衣装
・父母祖父母のドレスコード
・赤ちゃんは誰が抱っこするのか
・持ち物の確認

まとめ

赤ちゃんが生まれて初めての大きな行事、お宮参り。できるだけ形式通りに行いたいと考えてしまいがちですが、生後間もない赤ちゃんと産後のお母さんの体のことを考えると、無理をしすぎないことが大切です。

良き日を選びましょう

お宮参りの時期・タイミング

生誕後、約一ヶ月後
男の子は生後31、32日目・女の子は生後32、33日目
土地の風習によって異なります。

現在では厳密な参拝日程よりも、参加されるご両親や祖父母のご意向や、赤ちゃんと産後のお母さんの体調、お天気に合わせて決められる方が多いです。
伝統を重んじる家庭であれば両親に確認すると安心です。
赤ちゃんの生誕が真夏や真冬の場合は、100日頃に行うなど、気候が穏やかになる時期にずらすなど、柔軟に考えても問題ありません。
必ずしも日数を守る必要はありません。お宮参りの主役はあくまで赤ちゃん。赤ちゃんの体調を優先させた日取りをおすすめいたします。

大安や仏滅など六曜について

お宮参りは大安でなくても大丈夫。
六曜は参考程度に。こだわりすぎる必要はありません。
大安、先勝、先負、赤口、友引、仏滅、どの六曜で行ってもよく、タブーという日もありません。
赤ちゃんやお母さんの体調や、参加される父母、祖父母の良き日や天候を考慮に入れて選びましょう。
風習や六曜にこだわる方がご両家でいらっしゃる場合もありますので、その点も踏まえて日程の選定をされると良いでしょう。

夏・冬のお宮参りはどうする?

北海道や東北、北陸などでは寒い時期を避けて100日でのお食い初めと共に行うという地域も多くあります。
夏は着物を着る母や祖母、産着(掛着)も羽織ったりと厚着になりがち。
真夏・真冬生まれは穏やかな気候に時期をずらしてOK。夏は海の日前後が人気です。
夏にお宮参りをする場合は、夏の絽生地の通気性のよい軽くて涼しい絽の産着がおすすめです。

赤ちゃんやママの体調がすぐれない場合は?

厳密に約一ヶ月にこだわらず、体調が整った時に無理のないお参りをしましょう。

喪中や忌中の場合は?

四十九日内はお祝い事やお宮参りなどの神事は忌明け後に延期しましょう。それ以降は気にしなくてもよいでしょうが、念のためご両親に相談しましょう。

参拝する神社を決めましょう

住んでいる家から近い神社に参拝するのが一般的です。
遠方すぎると赤ちゃんやママに負担をかけてしまいますので、無理のない参拝ができる神社にしておくと良いでしょう。

神社の候補

・住んでいる家から近い神社
・安産祈願をした神社へお礼参りを兼ねて
・出生地の神社(里帰りの神社)

その他の選び方ポイント

・授乳室やロッカー完備、駐車場など利便性の高い神社
・写真撮影がOKかどうかご祈祷中や、中には境内での撮影不可の神社もありますので、撮影に力を入れたい方は考慮の1つに入れるとよいでしょう。
・会食の場所に近い

祖父母を招待する場合は希望を聞きます

古くからのしきたりでは、父方のご家族と行き、父方の祖母が子供を抱きお産明けの母親は参加ができませんでしたが、 時代と共に家族が集まるイベント行事としてどちらと行くとはあまりこだわらず、 ご両家ともお近くであればご相談の上、ご両家でお子様の成長と健康を願いお祝い下さい。
旧来は赤ちゃんと赤ちゃんの父親、父方の祖父母が習わしでしたが、現代では家族が集まるイベントという趣が強くなっています。
双方の実家が遠い場合は、赤ちゃんと両親のみで行ったり柔軟に行いましょう。

参加者

正式な参加者(古くからのしきたり)
自由な参加者:赤ちゃん、父、母、父母の両親、父母の兄弟など親戚
両親が遠方や都合で行けない場合:赤ちゃんの両親のみ

memo

母親の産忌が明けるのは、七五日から一〇〇日後とされており、産後間もない母親を気遣い参加しないものでした。
しかし最近では赤ちゃんのお披露目をするという意味合いも含まれるようになり、お宮参りをする日から家族が集まる日へと変わってきつつあります。
風習に沿ったお宮参りへのこだわりがあるご家庭もありますので、参加される方はご両家で相談して決めましょう。

参拝方法を決め、祈祷するなら予約

祈祷に予約が必要な場合もあります。
事前に電話をして初穂料を確認&準備しておきましょう。
初穂料の相場は¥5000~¥10000程度です。
また、初穂料を入れる熨斗(のし)袋を準備しておきましょう。文具売り場や、最近ではコンビニ、¥100ショップでも祝儀袋が売られています。

初穂料(はつほりょう)の納め方

神社で祈祷やお祓いを受ける際は、紅白の蝶結びの熨斗(のし)袋を用います。
外袋の表書きは「初穂料」下段は「赤ちゃんの名前をフルネーム」で。
中袋には表には包んだお金の金額を、裏側には住所と祈祷を受けるお子様の名前を書きます。
金額は漢数字の壱、弐、参・・・といった大字を仕様します。
(例)初穂料一万円の場合:壱萬円(壱万円でも可)
(例)初穂料五千円の場合:伍阡円(伍千円でも可)

産着など赤ちゃんの衣装を準備する

最近の主流は羽織の祝い着(産着/お祝い着)。
正式な祝い着はお宮参りでは白羽二重を着せた上に祝い着を掛けるのが、赤ちゃんの正式な装い。 ※白羽二重とは・・・白絹でつくられた赤ちゃん用の産着のことです。
正式な白羽二重は高価な上、赤ちゃんはすくすく成長するのでサイズもすぐに合わなくなってしまって割高です。
羽織の祝い着(産着/お祝い着)の下に着る服はベビードレスや普段着のロンパースやカバーオール、夏場は肌着など、その季節気候に応じた赤ちゃんに負担のない服をご家庭の状況に合わせてご準備下さい。

レンタリエおすすめの和のお宮参りの祝着スタイル

・産着セット(産着、よだれかけ、帽子)をレンタル
・掛着の下に着る服をご準備(普段着のロンパースやカバーオール、ベビードレス、夏は暑いので肌着だけ、など気候に合わせて選びましょう)
和服を模した紋付き袴ロンパース(カバーオール)や、女の子用の袴ロンパースなども市販されているので、それと合わせてご利用になるご家庭も。
ご家庭の事情に合わせて無理のない形でお祝いください。

その後の食事会は開く?お店の予約

近年のお宮参りは家族が集まる行事としての認識が強く、お宮参りのあとにすぐに解散する場合もありますが、両家揃って会食する場合もあります。
そういった場合、事前にお店を予約しておくことで安心できます。特に初めての赤ちゃん連れの場合、個室のあるお店だと安心ですね。
長時間の外出は赤ちゃんの体力的に厳しいので午前開始→ランチ会食がおすすめです。
ランチ相場は一人¥3000程度、座敷タイプがおすすめです。
授乳ができる個室や授乳室があるお店や、神社からのアクセスが便利なお店を予約しておくと良いでしょう。

本格撮影なら、カメラマンの予約

スナップ撮影程度で記念写真を残すのか、記念に写真館やスタジオを予約して写真を残すのか予め決めておきましょう。
セルフィーなら無料ですが、集合写真が撮れなかったり撮影のクオリティに満足しない場合も。
出張カメラマンや、写真館での撮影をする場合は予約をしましょう。
スタジオで撮影をする場合は、お参り後よりも先に済ませておいた方が疲れた顔にならずおすすめです。

お出かけグッズを準備

ミルク・授乳グッズ

・授乳ケープ、母乳パッド(母乳の場合)冬の場合は授乳服なども。
・哺乳瓶
・白湯、熱湯を入れた魔法瓶
・粉ミルク
・保温ケースに入れた哺乳瓶

お世話グッズ

・おむつポーチ(紙おむつ・おしりふき・おむつ用ビニール袋・おむつマット)
・バスタオル
・ガーゼ(お口ふき用)・よだれかけ
・タオル
・ハンカチ
・ティッシュ
・ウエットティッシュ
・着替え1~2組(肌着・ベビー服)
・着替えの汚れものを入れる袋

春夏の持ち物

・日除けの帽子
・冷房対策用の掛け物、おくるみ
・日焼け止め
・虫よけ
・日傘
・扇子、うちわ
・保冷剤

冬の持ち物

・ひざかけ
・上着、ポンチョ、ベストなど
・防寒対策用の靴下、レッグウォーマー、帽子など

パパママに必要なもの

・カメラ、ビデオ
・ベビーカー
・抱っこ紐
・母子健康手帳、保険証 乳児医療証

神社におさめるもの

・金封(のし袋)
・初穂料

赤ちゃんの衣装

・祝い着セット(産着・初着)、よだれかけ、帽子
・内着に使う白羽二重やセレモニードレスなど
・白い靴下

柄に込められた願い

  • 鷹の遠くまで見渡せる千里眼は先を見通す眼力と物事の本質を見抜く力を意味し、獲物をしっかり掴む鋭い爪は、幸運をしっかり掴んで離さないという意味が込められています。

  • 権威や高い地位を象徴し、大きく勇ましく育って欲しいという願いと、邪気や災厄から身を守るという意味が込められています。

  • 天に昇るその姿から飛躍を願う意味もあり、強く逞しく育って欲しいという意味も込められています。干支にも登場することから辰年生まれの男の子の縁起物としても選ばれることも多い柄です。

  • 宝船

    宝船には米俵、宝物、珍品、縁起物がのせられています。人生の航海において、一生物に困らないようにという願いが込めらています。

  • 打ち出の小槌

    七福神の大黒様が持っている縁起物ということもあり、願い事を叶えながら振るとさまざまな物が出てくるとされ、一生物に困らないという意味が込められています。

  • 軍配

    戦の際に方角を見極め軍を最適に配置し、指揮することを軍配と言います。軍配を持ち人や組織を動かすリーダーのように、知力と決断力、行動力にあふれた子になるようにと願いが込められています。

  • 波・青海波

    強い意志を持ち、あきらめず何度でもチャレンジする不撓不屈の精神を願う意味が込められています。扇形を波に見立てて表した幾何学模様を「青海波」といい、人々の平安な暮らしがいつまでも続くようにと願いが込められています。

  • 松は常緑樹で緑が変わらない事や、樹齢の長さから長寿の象徴とされています。とても「日本的」な樹木であり「威厳」をも感じさせる文様でもあります。

  • 末広がりの形が縁起物とされ、発展や繁栄を願う縁起のよい柄とされています。

  • 束ね熨斗

    お祝い事の際には添える熨斗を細長く帯状にし文様化したものです。人と人との絆、繋がりを大切にし、周囲の人たちと幸せを分かち合って欲しいという願いが込められています。その長さから長寿の象徴でもあると言われています。

  • 御所車・花車

    吉祥文様の一つとして祝意を示し伝統のある柄となります。御所車は貴族の乗り物として気品ある文様とされ、この御所車にたくさんの花を飾ったのが花車です。

  • 物事が丸く収まるや丸々大きく育つようにという意味が込められ、子供のすこやかな成長を願う意味が込められています。また、どこに行っても寂しくないようにお守りとして持たせたという説もあるようです。

  • 日本の国花であり、五穀豊穣の神が宿る木として、豊かさという意味があります。たくさんの花が芽吹く春の花の象徴として、縁起の良いことの始まりを意味するといわれています。

  • 牡丹

    立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花というように、古くから女性の美しさを表現する花の一つ。大きな花びらが高貴さや富貴さ、美しさを表すものとして用いられ、女性としての美しさ、気品、慎ましさを女の子に願う意味が込められています。

  • 美しく香りも優れている菊は花柄のなかでももっとも位の高い花。長寿の象徴と、無病息災、邪気払い、心身の安定などさまざまな意味をが込められています。

  • 鈴は音を発します。「音」は獣や魔物などの敵を追い払うお守りであると同時に 味方や神を呼び引き寄せる合図として信じられてきました。鈴は邪気を追い払い、神に呼びかけ祈りや願いを届ける意味が込められています。

  • 鶴は千年といわれるように長寿や生命力の豊かさを意味する象徴。幸せを運ぶ鳥として親しまれてきたことから、幸せを願うときに描かれてきました。

  • 鳳凰

    古来中国に伝わる伝説の霊鳥。平和で幸せな世界が実現されるときに現れる「平和の象徴」として、飛鳥時代から描かれてきた文様です。

  • うさぎの動きは跳躍、飛躍を表すとされています。物事がとんとん拍子に進む縁起の良い柄として愛されてきました。

  • 形や生態を変え変身を繰り返す様は不死不滅を表すとされ、美しい成長を遂げるようにと意味が込められています。

COLUMN コラム

お宮参りとは(目的・行う時期・場所・作法・初穂料(はつほりょう)の納め方・六曜・参加者など)

赤ちゃんのお宮参りとは、赤ちゃんの誕生を祝う、生まれてはじめての大きな行事です。
初宮参り(はつみやまいり)、初宮詣(はつみやもうで)、宮参り(みやまいり)とも。
お宮参りはその土地の氏神様に赤ちゃんが無事生まれたご報告と、今後の健やかな成長とご加護をお祈りすることが目的の行事です。
生後一ヶ月の良き日を選んで神社にお参りをします。

お宮参りの目的

お宮参りは、鎌倉・室町時代から続く風習と言われています。
昔のお宮参りは、赤ちゃんが無事に生誕一ヶ月目を迎えたことを産土神(うぶすながみ、うぶしなのかみ、うぶのかみ)に感謝して氏子として祝福を受ける行事と、お産の忌明けの儀式の意味合いを兼ねた行事でした。
氏神様とは昔からその地域に住んでいる人たちが神様をまつったもののことをいい、信仰している人たちのことを氏子と呼びます。
昔は現在ほど赤ちゃんの生存率は高くなく、生後数日でお亡くなりになることもしばしばありました。そのため、生後一ヶ月ほど様子見の期間が設けられ、人生を自分の力で生きていける気配が見え、赤ちゃんに生きる力が備わっていると確認できた頃に氏神様にお参り(お宮参り)をして、氏子の仲間入りをさせていただき、健やかな成長を願う行事でした。また、お産の忌明けは、出血を伴うお産は昔は汚れたものとしてとらえていたということからきています。
現在では無事に生まれた感謝と、健やかな成長を願う行事ととらえることが一般的になりつつあり、昔のような考え方は薄れつつあります。

お宮参りを行う時期

お宮参りを行う時期は男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。
現在では厳密な参拝日程よりも、参加されるご両親や祖父母のご意向や、赤ちゃんと産後のお母さんの体調、お天気に合わせて決められる方が多いです。
伝統を重んじる家庭であれば両親に確認すると安心です。
赤ちゃんの生誕が真夏や真冬の場合は、100日頃に行うなど、気候が穏やかになる時期にずらすなど、柔軟に考えても問題ありません。
お宮参りをする場所
お宮参りは住んでいる土地の守り神に赤ちゃんが誕生した報告と健やかな成長を祈るのが本来の目的のため、家の近くの神社に参拝するのが一般的な神社の選び方です。
近年ではお参りする神社も最近では昔のような儀式的な意味合いは薄れて家族が集まる行事という意識が強かったり、お宮参り後の写真撮影の提携写真館が近い神社を選んだり、ご家庭によっては出生地や地域の氏神様の神社にこだわらず、信仰やゆかりのある遠方の神社に参拝する人も増えていますが、赤ちゃんに負担の少ない神社選びがおすすめです。

お宮参りの仕方

お宮参りの方法は二種類あります。
通常の参拝と同じようにお賽銭を入れてお祈りする方法と、事前に神社に連絡をして申し込み、初穂料(はつほりょう)を準備した上でお祓いを受けて祝詞(のりと)をあげてもらう方法とがあります。
初穂料の金額は参拝する神社によって異なりますが、平均的な相場は¥5000から¥10000です。
神社のホームページ上に初穂料の金額を掲載している神社もありますので、事前に確認しておきましょう。

初穂料(はつほりょう)の納め方

神社で祈祷やお祓いを受ける際は、紅白の蝶結びの熨斗(のし)袋を用います。
外袋の表書きは「初穂料」下段は「赤ちゃんの名前をフルネーム」で。
中袋には表には包んだお金の金額を、裏側には住所と祈祷を受けるお子様の名前を書きます。
金額は漢数字の壱、弐、参・・・といった大字を仕様します。
(例)初穂料一万円の場合:壱萬円(壱万円でも可)
(例)初穂料五千円の場合:伍阡円(伍千円でも可)

お宮参りは大安でなくても大丈夫

六曜は参考程度に。こだわりすぎる必要はありません。
大安、先勝、先負、赤口、友引、仏滅、どの六曜で行ってもよく、タブーという日もありません。
赤ちゃんやお母さんの体調や、参加される父母、祖父母の良き日や天候を考慮に入れて選びましょう。
風習や六曜にこだわる方がご両家でいらっしゃる場合もありますので、その点も踏まえて日程の選定をされると良いでしょう。

お宮参りは誰が参加するの?

最近は家族のイベントという趣が強く、赤ちゃん、両親、両祖父母で行います。
祖父母が遠方在住の場合は親子だけで行う場合もあります。

昔のお宮参りは赤ちゃん、父親、父方の祖父母だけで行っていました。
母親の産忌が明けるのは、七五日から一〇〇日後とされており、母親は参加しないものだったのです。
しかし最近では赤ちゃんのお披露目をするという意味合いも含まれるようになり、お宮参りをする日から家族が集まる日へと変わってきつつあります。
風習に沿ったお宮参りへのこだわりがあるご家庭もありますので、参加される方はご両家で相談して決めましょう。

お宮参りの参拝方法

お祓いや祈祷を受けない場合、一般の神社でのお参りと同じ参拝作法で大丈夫です。「二礼、二拍手、一礼」と覚えましょう。

お宮参りの事前準備

参加者、日程、参拝方法、記念撮影の規模、お宮参り後の会食の有無、赤ちゃんの衣装、父母祖父母のドレスコードの打ち合わせをしておくとスムーズです。

まとめ

赤ちゃんが生まれて初めての大きな行事、お宮参り。できるだけ形式通りに行いたいと考えてしまいがちですが、
生後間もない赤ちゃんと産後のお母さんの体のことを考えると、無理をしすぎないことが大切です。

▲お宮参りの流れへ戻る

お宮参りの段取りについて(お宮参りのタイミング・参加者・日時・場所・参拝方法・赤ちゃんの服装・父母祖父母のドレスコード・記念撮影の規模・会食の有無)

お宮参りの段取りについて

はじめてのお子様のご誕生、毎日があっという間に過ぎてしまうもの。
段取りや日程調整をしていたらあっという間にお宮参りの目安の時期、一ヶ月が経過します。
失敗しないお宮参りの段取り方法についてご紹介いたします。

お宮参りとは、初宮詣(はつみやもうで)ともいい、住む土地の氏神様に赤ちゃん誕生のご報告と健やかな成長を祈願する、誕生はじめての行事です。
産土様(うぶすなさま)(お住まいの土地の神様を祭る神社)や特に崇敬する神社にお宮参りし、無事な出産のご加護に感謝し、赤ちゃんがすくすくと育つようにお祈りする日本人の古くからの大切な人生儀礼です。
ここでは事前準備や段取りの方法をご紹介します。

目次
事前準備編
・お宮参りのタイミング
・参加者
・日時
・場所
・参拝方法
・赤ちゃんの服装
・父母祖父母のドレスコード
・記念撮影の規模
・会食の有無

お宮参りのタイミング

お宮参りのタイミングは男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。
また、寒冷地の真冬や、猛暑厳しい真夏にお生まれになった場合は気候穏やかな季節にずらしたりもします。
必ずしも日数を守る必要はありません。お宮参りの主役はあくまで赤ちゃん。赤ちゃんの体調を優先させた日取りをおすすめいたします。

お宮参りの参加者

・赤ちゃん、父母、祖父母

昔のお宮参りは赤ちゃんの父親と父方の祖父母でお参りするものでした。
昔は、お産は赤不浄(あかふじょう)で、穢れ(けがれ)とされており、穢れのある時は神域である神社への立ち入りができないとされており、産後間もない母親は参加できなかったのです。
赤不浄とは・・・出血を伴う出産や月経を穢れ(けがれ)としていました

しかし現代では双方の祖父母が参加したり、両親の兄弟も参加したりする家族が集まるイベントという趣きが強くなっており、実際の統計でも両家揃ってのお宮参りが多いのでご両家での参加で大丈夫です。
古いしきたりを重視されるご家庭でしたら念の為、ご両親に相談の上、参加者を決められることをおすすめいたします。

お宮参りの具体的な日時を決めましょう

男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますが、正式な日時や、六曜の大安や仏滅は気にしなくても大丈夫。
参加される方の都合や赤ちゃんや産後間もないママの体調を優先してよき日を決めましょう。
最近では一ヶ月検診をめどにお参りをする家族が多いです。
特に、夏や冬生まれのお子様は気候が厳しいので3月や10月など、比較的穏やかな時期にずらされる方も多いです。

参拝する神社を決めましょう

参拝する神社はお宮参りの本来の目的である氏神様へ誕生のご報告と祈祷をすることにありますので、住んでいる家から近い神社に参拝するのが一般的です。
しかし、出生地の神社(里帰りの神社)や、これから育っていく地域の氏神様が祀られている神社でも、お礼参りを兼ねて安産祈願に行った神社でも、ゆかりのある思い入れの深い有名な大きな神社でも、どこでも大丈夫です。
あまり遠方すぎると赤ちゃんやママに負担をかけてしまいますので、無理のない参拝ができる神社にしておくと良いでしょう。
後述する記念撮影を当日しっかり行いたい方、初穂料を納めての参拝方法をとるのか、その後の会食があるのであれば、交通の便が良く、写真館と提携している神社を選ぶのも良いでしょう。

参拝方法を決めましょう

お参りをする神社が決まったら、今度は参拝方法を選びましょう。
作法にのっとったお宮参りではご祈祷をしてもらいますが、必ずしなければいけないということはありません。
お宮参りの参拝方法には二通りあります。
1つ目は初詣をはじめとする二礼二拍手一礼の参拝方法、2つ目は神社の神主様より祝詞とお祓いを受けたあとに、玉串を捧げる、初穂料を納める儀式の2通りあります。
2つ目は事前に神社へ予約の連絡をしたり、初穂料を納めますので初穂料の熨斗袋を準備する必要があります。

初穂料・産着・食事の代金について

明確な決まりがあるわけではありませんので誰がお金を払っても問題ありません。
昔からのお宮参りでは母方が召し物などを用意(お膳立て)して、父方の祖父母と父親と赤ちゃんは父方の祖父母が抱っこしてお宮参りをしていました。
その場合、初穂料などは父方にお願いして、お食事会などの費用を自分達(赤ちゃんの両親)で負担するなど、柔軟に対応している家庭が多いようです。

赤ちゃんの服装

最近の主流は羽織の祝い着(産着/お祝い着)。
正式な祝い着はお宮参りでは白羽二重を着せた上に祝い着を掛けるのが、赤ちゃんの正式な装い。
※白羽二重とは・・・白絹でつくられた赤ちゃん用の産着のことです。
正式な白羽二重は高価な上、赤ちゃんはすくすく成長するのでサイズもすぐに合わなくなってしまって割高です。
羽織の祝い着(産着/お祝い着)の下に着る服はベビードレスや普段着のロンパースやカバーオール、夏場は肌着など、その季節気候に応じた赤ちゃんに負担のない服をご家庭の状況に合わせてご準備下さい。

父母祖父母のドレスコード

赤ちゃんの衣装が決まったら次は参加されるパパママ、祖父母のドレスコードを統一しましょう。

お母さんは洋服の場合ワンピースやスーツ、和服の場合は色無地、訪問着が良いでしょう。
和服の場合は格がそれぞれ異なり、他の参加される方に合わらることをおすすめいたします。
色無地や訪問着が人気で、主役はあくまで赤ちゃんなので、淡い色の着物がおすすめです。

お父さんは洋服のシンプルな黒か紺のスーツが一般的です。昔は羽織袴姿の方もいらっしゃいましたが、現在の服装はフォーマルスーツが一般的です。
シャツは白色の無地、ネクタイは無地か目立たない柄の白系かシルバー系にしましょう。黒は弔事用ですので避けましょう。

祖父母は赤ちゃんのお父さん、お母さんの服装に合わせたドレスコードがおすすめです。

記念撮影の規模

スナップ撮影程度で記念写真を残すのか、記念に写真館やスタジオを予約して写真を残すのか予め決めておきましょう。
スタジオで撮影をする場合は、お参り後よりも先に済ませておいた方が疲れた顔にならずおすすめです。

会食の有無

近年のお宮参りは家族が集まる行事としての認識が強く、お宮参りのあとにすぐに解散する場合もありますが、両家揃って会食する場合もあります。
そういった場合、事前にお店を予約しておくことで安心できます。特に初めての赤ちゃん連れの場合、個室のあるお店だと安心ですね。

お宮参りの日程が決まったら、両家には早めに連絡を入れておくと角がたちませんが焦りは禁物。
産後間もなく体調も整いませんので旦那さんを巻き込んで素敵なお宮参りを迎えてくださいね。

▲お宮参りの流れへ戻る

お宮参りの参拝方法(礼拝作法やマナーをご紹介)

お宮参りの参拝方法

ご祈祷を受けることを含めてのお宮参りだと思いがちですが、
子供が誕生してその土地の氏神様に誕生のご報告と、健やかな成長を祈るためにお参りするのが目的ですので、
必ずしも初穂料を納め、ご祈祷をする作法にのっとったお宮参りをしなくてはいけない、ということはありません。
家族で集まって近所の神社にお参りするだけでも十分です。
赤ちゃんの健やかな成長を祈る思いは真剣ですから、丁寧な作法を心がけたいもの。
一般的な礼拝作法やマナーをご紹介いたします。

神社参拝

《参道の歩き方、鳥居をくぐる時》

(1)服装の乱れを整えます。
(2)神社では参道の中央を神様が通る道と捉えることがありますので、参道では中央を避けて歩きましょう。
(3)鳥居をくぐる時には軽く一礼をし、気を引き締めて境内に入ります。

《手水舎で浄める》

参拝前に境内の手水舎で手を洗い、口をゆすぎましょう
(1)右手で柄杓を持ち左手に水をかけて左手を清める
(2)左手に柄杓を持ち替えて右手に水をかけ右手を清める
(3)柄杓を右手に持ち替えて左の手のひらで水を受けて口をすすぎましょう
柄杓に直接口を付けないように気をつけます
(4)口をすすぎ終えたらもう一度水を左手に流します。
(5)最後に水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置きます。

《神前~拝礼》

(1)参道を通ってご神前へ進みます
(2)賽銭箱の前に立ったら姿勢を正します
(3)賽銭箱にお賽銭を入れます
(4)鈴や鐘があれば静かに鳴らします
(5)二礼二拍手一礼の作法で拝礼します
・二回深い礼をします
・胸の前で手を合わせ、右指先を少し下にずらします。
・両手を肩幅に広げて二拍手をします
・指先を揃えてお願い事を込めて祈りましょう
・最後にもう一回深い礼をします

赤ちゃんの無事な感謝とこれからの健やかな成長を願う気持ちは同じですので、
ご家庭の方針や考えや気持ちなどをもとに祈祷をお願いするか、参拝のみにするかを決めるのがいいでしょう。

▲お宮参りの流れへ戻る

祝い着の着せ方

お宮参りの赤ちゃんの晴れ着、お祝い着。お父さん、お母さんにとっては初めてお子様に着せる着物で何かと不安も多いハズ。
ここではお祝い着の着せ方を手順を追って解説いたします。

お祝い着の着るタイミング

道中では汚れやシワの原因にもなります、神社についてから着せてあげましょう。
神社についたら手水(てみず)のあと、ご祈祷の前に産着を羽織りましょう。

お祝い着の着せ方 産着の前に

(1)赤ちゃんに服を着せます。
ベビードレスやロンパース、カバーオールなど着慣れた負担のないものがおすすめです。
本来の産着は羽二重を着せるとされますが高価なものですし、お宮参りではじめて外出する赤ちゃんも多いことです、祝い着の下の服装は気温や気候に対応した着慣れた服で大丈夫です。
着せてあげる服は必ずしもお祝い用の服でなくても大丈夫です。

お祝い着の着せ方 産着

(1)祝い着を準備する
お祝い着は着物と襦袢(肌着)を重ねた状態で準備をします。
レンタルで借りる場合はだいたいがこの重ねた状態で借りることになります。

(2)重ねた襦袢の紐を祝い着の袖を通って袖口から出す
襦袢には付属の紐が前面についており、その紐のみを内側の袖を通します。
左右ともに襦袢の紐を祝い着の袖を通って袖口から紐を出します。
この時背中側の祝い着の柄がしっかり見えるようにシワを伸ばし、形を整えます。

(3)赤ちゃんに帽子(フード)、よだれかけをつけて抱きます

(4)赤ちゃんを包み込むようにして産着を羽織ります

(5)赤ちゃんを抱っこした人の方の上(赤ちゃんの顔と反対側)で襦袢の紐をちょうちょ結びにします。

産着を着ている時間はご祈祷前や参拝前から写真撮影前くらいが一般的です。
産着は一人では着られませんので周りの方のサポートが大切です。
当日になってあたふたしないように、前日にしっかり準備をして、着せる準備をしてお宮参りに備えましょう。

きものレンタリエで産着をレンタルするともれなく産着の着せ方説明書がついてくる!

▲お宮参りの流れへ戻る

お宮参りの服装(赤ちゃんの服装・洋服・和服・家紋の有無・夏はどうする?)

お宮参りに参加するにあたり、赤ちゃんの服装を一番に決めることによって他の参列者のドレスコードを揃えられます。 こちらでは赤ちゃんの当日の服装のご紹介をいたします。 神社に参拝するにあたり、この服装でなければならないという決まりごとはありません。 しかし、服装によってはお参りするには神様に失礼にあたる服装がある場合があります。特に、大切なお願いをする時などはしっかりした服装でお参りした方がよいでしょう。 神社の神職は神さまに対するとき、目上の方に接するように正装します。ですから私たちも、神社参拝の際には極力服装をただすよう心がけてはいかかでしょうか。

お宮参りの服装【赤ちゃん】

室町時代から続くお宮参りは当時の正装である晴れ着を着用するのですが、洋装が日常となった現代ではしきたりや服装が徐々に変化してまいりました。

和服の場合

伝統を重んじて和服を着せる場合、男女共通して晴れ着(産着、初着/うぶぎ)をかけるのが一般的です。 初着の下は、昔は白羽二重(しろはぶたえ)のシルクの内着の上に、晴れ着(産着、初着/うぶぎ)をかけていました。 しかし現在では白羽二重は省略され、ベビードレスや、ロンパース、カバーオールなどの上から産着をかける事が多いです。 和服を模した紋付き袴ロンパース(カバーオール)や、女の子用の袴ロンパースなども市販されているので、それと合わせてご利用になるご家庭も多いです。 多数派はベビードレス+晴れ着です。

男の子の晴れ着(産着、初着/うぶぎ)

色は黒・紺・ブルー・グレー系が人気です。 男の子らしい力強さ、たくましさの象徴でもある龍や虎、鷹などの柄が人気です。

女の子の晴れ着(産着、初着/うぶぎ)

友禅模様の鮮やかで彩りのある晴れ着がよく用いられています。 たとえば「美」の象徴である牡丹芍薬などの花や、可憐な印象を与えるうさぎ鶴、演技の良い熨斗目や御所車などの柄が人気です。

晴れ着(産着、初着/うぶぎ)に家紋は必要か?

晴れ着は和服ですから、着物の格の話になると男の子場合、五つ紋を入れると最高格の着物となりますが、近年では産着の家紋入れは省略されることが多いです。女の子は紋を付ける場合は背一つ紋になりますが、男の子も女の子もどちらも家紋を入れるのは義務ではありませんので、ご家庭内で話し合って決められると良いでしょう。

夏に産着はありか?

夏に正式な祝い着を着せる場合、赤ちゃんの体調を最優先に。 絽(ろ)という夏用の着物の生地の素材を使った通気性があり、比較的涼しい祝い着もあるので、夏に行う場合は絽の産着がおすすめです。

お宮参りの服装(洋装編)

ベビードレスで参加される方がほとんど。ごく普通のベビー服で参加させているケースもあります。

まとめ

お宮参りの服装は室町時代から伝わる伝統的な通過儀礼のため、古来より伝わる和装がふさわしいように思えますが、 実際は赤ちゃんの体調やお宮参りを行う季節によって比較的自由に決めることができます。

▲お宮参りの流れへ戻る

お父さん、お母さん、おばあちゃん、おじいちゃんの服装

お宮参りに参加するにあたり、赤ちゃんの服装だけではなく、両親や兄弟、祖父母の服装についてどのような服装がふさわしいのでしょうか、 こちらでは参加者それぞれのふさわしい服装についてご紹介いたします。

神社に参拝するにあたり、この服装でなければならないという決まりごとはありません。
しかし、服装によってはお参りするには神様に失礼にあたる服装がある場合があります。特に、大切なお願いをする時などはしっかりした服装でお参りした方がよいでしょう。 神社の神職は神さまに対するとき、目上の方に接するように正装します。ですから私たちも、神社参拝の際には極力服装をただすよう心がけてはいかかでしょうか。

避けたほうが良い服装

毛皮・・・神様は穢れや不浄を嫌いますのでできれば死を連想させます
カジュアルな派手な色やデザインの服装
歩きにくい服装や靴・・境内の石段や砂利道で転倒の恐れがあります
露出の多い服装
周りからどう見られているかよりも、神さまのためにどういう服装で行くべきか、ということを自分で考えて決める、これが大切だと思うのです。
特に社殿の中などの特別な場所で参拝される際、男性はスーツにネクタイ着用、女性も同等の服装を必要とされることもあります。
旅先では、軽装になりがちですが、特別な場所での参拝を予定されている場合は、相応の服装を準備するとよいでしょう。

ドレスコードを揃えよう

お宮参りは赤ちゃんの健やかな成長を祈る儀式ですから、主役は赤ちゃん。洋服が日常着となった現在では産着を着せずに祈祷される方もいらっしゃいます。
当日の赤ちゃんの服装を祝い着にするのか、洋装のドレスや正装にするのかをまず決めましょう。
赤ちゃんの服装に両親、両親の服装に祖父母や兄弟が服装を決めて行きましょう。

父親の服装

両親の服装は基本的に赤ちゃんの服装によって変わりますが、赤ちゃんが和装だから父親も和装でないといけないということはありません。
父親の場合、和装よりフォーマルスーツで参加するケースが多いです。

・黒のフォーマルスーツ
・白いシャツ
・白かシルバー系のネクタイ

母親の服装

父親と同じく、両親の服装は基本的に赤ちゃんの服装によって変わりますが、赤ちゃんが和装だから母親も和装でないといけないということはありません。
赤ちゃんが洋装の場合、和装の場合でも産後はまだまだ体調も整いにくいもの。和装よりも洋装を選ばれるママも多いでしょう。その場合はフォーマルなスーツや露出の少ない清楚なワンピースを着用します。
神様、目上の方に謁見するようなイメージにあたりますので、砕けたかんじにならないカジュアルすぎず、露出の少ないものを選びましょう。

洋装の場合
・デコルテが開きすぎず、膝下丈のフォーマルなスーツ、ワンピース
・靴はヒールが高すぎないもの(参道や砂利道、石階段などで転倒の恐れがあります)

和装の場合
・色無地
・訪問着
和装の場合は他の参加者の方のドレスコードに合わせた着物を選びましょう。
迷った場合は訪問着が最も選ばれておりますので、訪問着がおすすめです。
色は主役の赤ちゃんを引き立たせるため、淡い色、薄めの色を着用すると良いでしょう。

兄弟の服装

赤ちゃんの上に姉や兄がいる場合でかつ、七五三で着た着物を購入し、所持している場合は赤ちゃんの和装にあわせて着物を着用しても良いでしょう。
ただし、赤ちゃんが和装をせず、簡易的な衣装の場合は無理に着物を着せなくて良いです。
洋装の場合は幼稚園、学校の制服や、白のポロシャツやワイシャツ、スカートやパンツ、白や紺のソックスを選べばマナーの範囲内です。

祖父母の服装

祖父母も同じく赤ちゃん、と赤ちゃんのご両親の服装に合わせます。

祖父
フォーマルスーツで参加するケースが多いです。
・黒のフォーマルスーツ
・白いシャツ
・白かシルバー系のネクタイ

祖母
洋装の場合
母親と同じくよそ行きのスーツやワンピースにしましょう。
和装の場合
・色無地
・訪問着
を選ばれます。

赤ちゃんが和装だからといって祖父母も和装にしないといけないかというと義務ではなく、洋装、和装ともに一定以上のマナーを守っておれば問題ないです。
参加者の服装とバランスが取れていることが大事ですので、事前に何を着ていくか打ち合わせをしておきましょう。
祖母の和装ですと昔は黒の留め袖に五つ紋が最も格が高い着物として着用されてまいりましたが、近年の和装離れにより他の参加者が着物や格の高い着物を着用しない場合は黒留袖を着用せず、周りに合わせた服選びをすると良いでしょう。
例えば、母方の祖母がワンピース、父方の祖母が黒留袖ですとアンバランスです、かならず事前に参加される方の服装を話し合って決めましょう。

まとめ

主役である赤ちゃんが引き立つよう、和装でも洋装でもカジュアルすぎない装いと、バランスのとれた参加者の服装で赤ちゃんの誕生をお祝いしましょう。

▲お宮参りの流れへ戻る

夏のお宮参りはどうする?(お宮参りを行う時期・夏のお宮参りの赤ちゃんの服装・絽の産着)

お宮参りとは

お宮参りは赤ちゃんの誕生をその土地の氏神様に報告をし、その後の健やかな成長を祈願する、室町時代より続く通過儀礼の一つです。 お宮参りを行う時期は男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。 お宮参りを行うのは上記の通り、生誕後、約一ヶ月ですがこれは医療技術が今ほど進んでいなかった昔、赤ちゃんの命は儚いもので、 生誕後、約一ヶ月の様子見の期間が設けられ、人生を自分の力で生きていける気配が見え、赤ちゃんに生きる力が備わっていると確認できた頃に氏神様にお参り(お宮参り)をして、氏子の仲間入りをさせていただき、健やかな成長を願う行事でした。また、お産の忌明けは、出血を伴うお産は昔は汚れたものとしてとらえていたということからきています。 現在では無事に生まれた感謝と、健やかな成長を願う行事ととらえることが一般的になりつつあり、昔のような考え方は薄れつつあります。

お宮参りを行う時期

先述の通り、厳密な日程では男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされておりますので、夏生まれの赤ちゃんは場所や気候にもよりますが、夏のお宮参りに参加しなければいけないのかというと、そうではありません。 お宮参りは赤ちゃんの誕生を報告、健康を祈願する儀式ですので、赤ちゃんの体調を最優先に、参加される方、気温、お天気など、気候の穏やかな日にずらして都合のよき日を選んで行う方も多いです。 しきたり通りに行いたい方や、帰省を兼ねて夏にお宮参りをされる方におすすめの赤ちゃんの産着は絽の産着をおすすめしています。

夏のお宮参りの赤ちゃんの服装

室町時代より続く行事です、慣習では白羽二重に祝い着(産着)を羽織らせますが、最近ではベビードレスで済ませる方や、ベビードレスや袴ロンパースの上に祝い着(産着)をかける方も増えてまいりました。 夏のお宮参りの赤ちゃんの服装でよく用いられるのは絽(ろ)の産着です。

夏に着るお宮参りの赤ちゃんの服装

夏はとにかく蒸したり暑いですので、掛着をかけることは少なく、写真撮影の時のみに軽く羽織らせるケースが増えています。 洋装の場合は本来であればベビードレスの下に肌着やロンパースを着せますが、厚さ対策で直にベビードレスを着せる場合もあります。 天候や温度に応じて赤ちゃんに負担の少ない服装を選びましょう。

絽の産着とは

着物は生地の種類や裏地の有無で着物を着用する季節を分けてまいりました。 10~5月は裏地のついた袷(あわせ) 6~9月は裏地をつけずに仕立てた単衣(ひとえ) 単の季節の猛暑厳しい時は通気性のある絽や紗、麻といった着物を着用します。

絽の生地は見た目にも涼しい透け感のある生地で、平織ともじり織という織り方を混ぜ合わせたもので、夏の着物や帯、帯揚げなどで利用されます。 一般的な産着は袷仕立ての裏地がついたものになりますので、夏にお宮参りをされる場合は通気性を考慮した絽(ろ)の産着がおすすめです。 絽の産着は夏用の裏地のない見た目も着用感も袷に比べて涼しい素材です。 夏のお宮参りで外に居る時間が長いと予想される場合は絽の産着をおすすめいたします。

赤ちゃんの服装に関しては、赤ちゃんの体調を優先させたもので考えるのが望ましいでしょう。 必ず掛け着を着せなくてはいけない、必ず肌着を着せなくてはいけないなどの決まりごとはないので、赤ちゃんが快適に過ごせる服装を心がけましょう。

▲お宮参りの流れへ戻る

お宮参りの段取りと当日の流れ

お宮参りとは

お宮参りは赤ちゃんの誕生をその土地の氏神様に報告をし、その後の健やかな成長を祈願する、室町時代より続く通過儀礼の一つです。 お宮参りを行う時期は男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますがその土地の風習によって変わります。 お宮参りを行うのは上記の通り、生誕後、約一ヶ月ですがこれは医療技術が今ほど進んでいなかった昔、赤ちゃんの命は儚いもので、 生誕後、約一ヶ月の様子見の期間が設けられ、人生を自分の力で生きていける気配が見え、赤ちゃんに生きる力が備わっていると確認できた頃に氏神様にお参り(お宮参り)をして、氏子の仲間入りをさせていただき、健やかな成長を願う行事でした。また、お産の忌明けは、出血を伴うお産は昔は汚れたものとしてとらえていたということからきています。 現在では無事に生まれた感謝と、健やかな成長を願う行事ととらえることが一般的になりつつあり、昔のような考え方は薄れつつあります。

お宮参りの時期

赤ちゃんが生まれて一ヶ月経つ頃、ご家庭や地域にもよりますがだいたい生後一ヶ月頃にお宮参りを行います。
帰省を兼ねて、冬や夏で季節が厳しく時期をずらして柔軟に考えても問題ありません。
赤ちゃんやお母さんの体調に配慮した計画を立てましょう。
下記ではお宮参りを行う前に事前に準備しておくことをポイントとしてご紹介いたします。

(1)参加者
(2)日程を決める
(3)参拝方法を決める
祈祷なのか、簡易的に参拝するのか
(4)祈祷の場合は神社の予約をする、初穂料を準備は誰が用意するのか
(5)写真撮影をするのか
晴れ着姿をのこしたい場合であれば写真館に予約を入れておく。スナップ撮影程度の撮影でよければ自前のカメラを持っていく
きちんとした写真を残す場合は同日に行うのかどうか、予定を合わせることが必要です
(6)お宮参り後の会食の有無を決める
(7)赤ちゃんの衣装の種類、誰が用意するのか
ベビードレスなのか、産着なのか
(8)父母祖父母のドレスコードは赤ちゃんに合わせたものがおすすめです。
(9)赤ちゃんとのお出かけグッズを準備する(授乳ケープや哺乳瓶、ブランケット、はんかちなど)

▲お宮参りの流れへ戻る

お宮参りに持っていってよかった持ち物

出産して間もない頃に赤ちゃんを連れて外出には不安がいっぱい。当日の持ち物であると便利なものをご紹介します。

ミルク・授乳グッズ

ママの服装によって授乳ケープを準備するか、ミルクグッズを準備するか変わってきます。

洋装の場合

・授乳ケープ

和装・洋装の場合

・哺乳瓶
・白湯、熱湯を入れた魔法瓶
・粉ミルク
・保温ケースに入れた哺乳瓶

寒さ・暑さ対策グッズ


・ひざかけ
・カイロ
・赤ちゃん用のおくるみ、ポンチョ


・冷えピタ
・扇子

おもちゃ

・赤ちゃんの上にお姉さん、お兄さんがいる場合重宝

ハンカチ・タオル

・よだれや授乳後のゲップでミルクをもどしてしまった時など、生まれて数ヶ月の赤ちゃんには必需品。

産後約一ヶ月、自宅での子育てにようやく慣れて来た頃の外出です。
外出先での思わぬ場合に備えてしっかりと準備してお宮参りを迎えましょう。

▲お宮参りの流れへ戻る

お宮参りの後の食事会について

お宮参りは生後約一ヶ月頃の赤ちゃんの生誕をその土地の氏神様に報告し、今後の健やかな成長を祈るために行います。 現在のお宮参りは家族が揃って参加するイベントとしての位置づけが強く、お宮参りの後の家族、親族揃っての会食をされる方が多いです。 そういったお宮参り後の食事会について、段取りやポイントをご紹介いたします。

お宮参りの食事会はなしでも大丈夫

基本的に開催するのが慣習ですが、一番優先されるのは赤ちゃんや母親の体調面です。 お宮参りの赤ちゃんは生誕後一ヶ月ほどです、首も座っておりませんし外出に慣れていないので長時間の外出は体調を崩す可能性もあります。 赤ちゃんの体調をみて、食事会の開催が難しく感じるのであれば無理に開催する必要も無いでしょう。 ご家庭でよく話し合って決めましょう。

お宮参り後の食事の予算

お宮参りの大半は午前中や日中に行うことが多いので、ランチなら¥3000~¥5000、ディナーなら¥4000~¥8000前後を平均的な食事会の予算でしょう。 レストランや割烹など事前の予約が必要です。

お宮参り後の食事の場所

自宅
自宅では、ママと赤ちゃんの体調を優先しながら、自分たちのペースでゆっくり食事を楽しめます。 いつでも授乳やおむつ替えができるのも安心です。自宅なので帰る時間を気にしなくても大丈夫。 食事は手作りを振る舞っても、ケータリングや宅配を注文するのも良いでしょう。 それぞれのご家庭や状況に合わせて場所は選びましょう。

外食

レストランで開催する場合は食事や後片付けを自分たちで行う手間が省け、豪華に行なえます。そのぶん自宅ほどくつろげなかったり、場所によっては授乳が困難な場合がありますので下記のポイントに気をつけておきましょう
・予約をしておきましょう
・個室や和室のあるお店を選びましょう
・授乳室やおむつ替えスペースが完備されているお店だとなお良いでしょう
・禁煙の部屋を希望しておきましょう

まとめ

お祝いの席はどうしてもがんばりがち。
主役である赤ちゃんをはじめとして出産後で体調の整わないお母さんも無理をしすぎないように、明るく楽しいお祝いの席をお過ごしください。

▲お宮参りの流れへ戻る

産着の着せ方動画

きものレンタリエの産着の着せ方動画ができました!

▲お宮参りの流れへ戻る

出張撮影サービス「Lovegraph(ラブグラフ)」を紹介します

きものレンタリエにてレンタルをご予約いただいたお客様へ
記念すべき晴れの日をより美しく残しませんか。
4年間で全国15000組のお客様を撮影した実績を誇る、「Lovegraph(ラブグラフ)」
全国出張ロケフォトが全データで¥29,800〜

撮りたいイメージを事前に共有&カメラマンと相談しながら様々なシーンでロケ撮影。
当日の写真はカメラマンが1枚ずつ丁寧に編集をして思い出をより美しく残します。
年賀状や、将来のお子様のウエディングムービーでは好印象間違いないでしょう。


おすすめの撮影シーンはやはりお宮参り

ちょっとした旅先の記念撮影から晴れの日の成人式やお宮参りなど幅広く対応するラブグラフ。
カメラマンと撮影のイメージを事前に打ち合わせができて、当日慌てることもありません。
スタンダードプランは1-2時間、撮影画像すべて(75枚以上)が¥29,800。
お生まれになられた赤ちゃんの健やかな成長をプロのカメラマンが素敵に思い出を残します。
生まれたての赤ちゃんはお宮参り、お食い初め、ハーフバースデー、1歳のお誕生日と一年以内に3回以上の記念日がありますので、4回分の撮影がお得にできる「1年寄り添いプラン」もおすすめです。
ふとした瞬間もラブグラフカメラマンは素敵に残します。


「Lovegraph(ラブグラフ)」ご利用の流れ

1. ウェブで予約リクエストをする

予約フォームからご希望の撮影地や日時を指定して予約リクエストを送ります。

2. お支払いと撮影ヒアリングシートの回答

予約フォームから予約リクエストを送ると確認メールが届くため必ずご確認ください。メールの案内にしたがって、撮影の参考にさせていただくための撮影ヒアリングシートの回答とお支払いの手続きをお願い致します。

3. カメラマンと連絡

ウェブからご予約後、カメラマンがご希望の撮影などについてお聞きします。
当日の待ち合わせ場所やスケジュール、撮りたいイメージや服装などカメラマンと一緒に考えていきましょう。

4. 撮影地の確認と許可申請

公園や公共施設など、撮影地によって申請が必要な場合があります。
その際はお客様ご自身で事前の許可申請を行っていただいております。
申請の有無や方法はカメラマンが丁寧にご説明致しますのでお気軽にご質問ください。

5. 撮影

カメラマンとあらかじめ決めた場所で待ち合わせをします。
カメラマンと時折お話したり、休憩もはさみながら通常1時間から2時間ほどで様々なシーンで撮影します。

6. データ受取り

撮影後はカメラマンが手作業で写真をより素敵に編集し、一週間以内にマイページに納品致します。
納品時は納品通知メールをお送りしますので、マイページにて写真データをご確認ください。
写真はパソコンやスマートフォンから保存できます。
また、パソコンでは一括保存も可能ですのでぜひご活用ください。

「Lovegraph(ラブグラフ)」で記念日をもっと素敵に残そう

赤ちゃんの成長はあっという間。
今、このときだけの瞬間を、ママ・パパ・赤ちゃんそろっての写真を素敵に残そう。

「Lovegraph(ラブグラフ)」×「きものレンタリエ」タイアップキャンペーン キャンペーンコード入力で¥1500オフ

【 キャンペーンお申し込み方法 】
撮影お申し込み時にキャンペーンコード「Y6TF-EAPE-4YSF」を入力・またはこの記事内のお申し込みボタンより撮影お申し込みするとキャンペーン適用になります。
【 注意事項 】
*スタンダードプランのみに適用できます
*すでにお申し込みしている方の場合、入金後のキャンペーン適用はできません
*他のキャンペーンと併用できませんのでご注意ください
*お申し込み期限:2019年12月31日
「Lovegraph(ラブグラフ)」の予約サイトへ行く

▲お宮参りの流れへ戻る

CHECK ITEM チェックしたアイテム

  • 最近チェックした商品はありません。

シーンで選ぶ