PC

本振袖と振袖の違いは何ですか?

振袖についてよくある質問#着物レンタル,#結婚式着物レンタル,#振袖レンタル,#成人式レンタル

高い振袖と安い振袖の違いは何ですか?

振袖には大振袖、中振袖、小振袖という袖丈の長さが異なる3種類があり、その総称を「振袖」といいます。
また、成人式に着る中振袖や大振袖をまとめて「振袖」と呼ぶこともあります。
「本振袖」とは実は「大振袖」のことで、大振袖は振袖の一種ですから、本振袖は振袖の一種ということになります。

本振袖(大振袖)とは

本振袖とは、袖丈が104cm~120cm前後あり、くるぶしくらいまでの長さがある着物のこと。大振袖とも呼ばれています。

昔は黒地に五つ紋付きの振袖を「本振袖」と呼んだそうですが、現在では黒や白、色物の振袖も本振袖と呼ばれ、未婚女性の第一礼装となっています。

また、地色が黒・白・赤の本振袖は、明治時代の頃から花嫁衣裳とされてきました。
そのため今でも和装のお色直しに使用され、婚礼ではお引きずりのスタイルで着ることもあります。 

婚礼用の本振袖に比べて、絵羽模様が軽いものや部分的な柄染めのものもあり、成人式や謝恩会、結婚披露宴やパーティーなどに使用できます。

中振袖とは

中振袖とは、袖丈が100cm前後で、ふくらはぎあたりまでの長さがある着物のこと。
大振袖に次ぐ、未婚女性の第一礼装とされています。

主に成人式や結婚式のゲストとして、パーティーや初詣などにも着用できます。

昔の成人式は中振袖が一般的でしたが、現在の女性は身長が高い分、振袖の袖丈も長くなっています。
振袖の袖の長さは、着る方の体型や背丈に合わせて仕立てるため、大振袖と中振袖の区別がなくなってきており、大振袖と中振袖の両方をまとめて「振袖」と呼ぶケースが増えています。

小振袖(二尺袖)とは

小振袖とは、袖丈が60cm~85cm前後で、ひざあたりまで長さがある着物のこと。訪問着や付け下げなどよりも袖丈が長く、中振袖ほど長くないのが特徴です。

一般的に二尺袖と呼ばれる着物も、小振袖と同等に扱われています。

小振袖は、学生が袴と合わせて卒業式に着用することでも知られていますが、絵羽模様の着物だけでなく、小紋柄や色無地もあり、礼装とはいえカジュアルに着用することができます。

観劇やランチ会などのお出かけや、ちょっとしたパーティーなどで、気軽に楽しむことのできる振袖といえます。

振袖レンタル7泊8日19,600円〜(2-12月は半額)
LINE@友達登録で300円オフクーポン