PC

振袖の値段の見分け方とは?

振袖についてよくある質問#着物レンタル,#振袖レンタル,#成人式レンタル

振袖の値段の見分け方とは?

振袖の値段を見分けるには、生地の素材、どんな装飾や加工が施されているか、そこには職人の手間がかかっているかどうかに注目しましょう。
さらに、仕立てる前の振袖の裏側に色が染みているかをチェック。裏側にまで色が染みていれば、高級な振袖といえます。
着物の品質と価値を証明する証紙がついているかも確認を。証紙のついている振袖は高価格になります。

ポリエステルなら安価、正絹なら高値に

例えば、振袖の生地がポリエステル100%なら安価ですし、絹100%の正絹の振袖なら高値になります。

また、同じ正絹でも最上級の糸を使用したり、糸の密度が高く本数が多く使用されていると値段はさらに高くなります。

刺繍や絞り、金箔が施されているものは高価

振袖の装飾は、金箔、刺繍や絞りなどの繊細な装飾が施されているほど価格が高くなります。とくに刺繍の場合は、ミシンでの刺繍より職人の手縫いによる刺繍のほうが価格は高くなります。

しかし最近は技術が進歩したこともあり、機械による装飾なのか、職人の作業による装飾なのかを見分けることが難しくなっています。 もしも気になる場合には、お店の人や専門家の方に確認してみるといいでしょう。

振袖の裏側に染料がしみているのもポイント

高価格に見合う振袖がどうかを見分けたいなら、仕立てる前の振袖の裏側を見るのが最もわかりやすいポイントです。高級振袖は手描き友禅で染められていることがほとんどのため、染料が生地の裏側までしみているのが特徴です。

一般的な振袖の裏は白いままなので、ひと目でわかります。

証紙は高品質な着物の証拠。その分値段も高額に

「証紙」とは着物の価値と品質を証明するものです。
証紙は産地ごとに決められている厳しい検査基準をクリアした反物だけに与えられるため、伝統工芸品として認められている、一流ブランドの着物であることなどの証明になります。

ただし、証紙のついた振袖と全く同じ品質や技術で作った振袖でも、その作者が伝統工芸品の組合に入っていないと証紙はつきません。

証紙をついた振袖はその分値段も高くなるため、あえて証紙をつけずに少しでも安く販売することで、幅広い方に購入してほしいと考えているケースもあるようです。

振袖レンタル7泊8日19,600円〜(2-12月は半額)
LINE@友達登録で300円オフクーポン