PC

単帯とは?

着物の豆知識

単の帯

単帯とは?

単帯(ひとえおび)とは、芯や裏がなく織物だけのシンプルな一枚折の帯をまとめていうものです。単帯には、綴織(つづれおり)や博多織(博多帯)があります。

単帯の代名詞的な帯「博多帯」とは?

博多帯は単衣帯の代名詞的なもので、幾何学模様のような文様が特徴です。

黒田藩から幕府に献上されたものであることから、この呼び名になったといわれており、博多献上とも呼びます。

経糸の密度が高いことから、固定しやすく緩みにくい特徴があります。

着物と組み合わせる際には、カジュアルな着こなしとして大島、結城、塩沢が挙げられます。

半巾帯とは?

半巾帯とは、仕立て上がりの帯巾が通常の帯の半分(=4寸・約15cm)のものをいいます。

最初から半分の巾で仕立てたものと、並巾の帯地を半分に折って仕立てたものがあります。

その中でも特に、袋状に仕立てられたものを「小袋」といいます。小袋は、通年使えることと、両面に柄が入っているものも多いことから、様々な使い方ができるため、バリエーションが豊富なのが魅力です。

合わせる着物は、普段着としての小紋、夏用浴衣、袴、羽織下などが挙げられます。

細帯とは?

細帯とは、6・5・4・3・2寸の帯をまとめていうものです。絹、綿、ウールなど様々な素材のものがあり、紋繊、博多繊などの柄があります。

夏帯とは?
夏帯とは、織り目があらく透け感がある夏用の帯のことをいいます。織り方によって様々な種類に分けられ、綴れ、絽、紗、羅、麻、単衣博多などがあります。

夏帯は、袋帯や名古屋帯にもあります。

その他にはどんな帯がある?

今回紹介しきれなかった帯の一部を一覧にて紹介します。

・踊り帯
・長帯
・角帯
・兵児帯
・三尺帯
・掛下帯
・黒喪帯

まとめ

いかがでしたか?今回紹介した帯以外にも、数多くの種類があります。着こなしに合わせて色々な帯を合わせて楽しんでみて下さいね。

LINE@友達登録で300円オフクーポン