PC

お宮参りはベビードレスでもOK!上手な選び方や基本の着せ方とは

お宮参り#着物レンタル,#お宮参り着物レンタル,#産着レンタル

ベビードレス

お宮参りにベビードレスを着せても問題はありません。
では、お宮参りのベビードレスにはどんなものがふさわしいのかというと、ちょっと贅沢で華やかなセレモニードレスが人気。
セレモニードレスの上に祝い着を掛ける、和と洋の融合スタイルも注目を集めています。
そこで、宮参りの服装として最適なベビードレス(セレモニードレス)の選び方や、着せ方を紹介します。

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3泊4日3,400円〜往復送料無料

ベビードレス(セレモニードレス)とは?

ベビードレス

ベビードレスは、キリスト教の洗礼式などで赤ちゃんが着用するドレスのこと。
白いドレスは「何ものにも染まらない、無垢な存在」であることを表しています。

日本では赤ちゃんが病院から退院するときや、お宮参りなどの特別な日に着せることから、晴れ着用の華やかなベビードレスをセレモニードレスと呼んでいます。

お宮参りにベビードレスを着せてもいい?

白いベビードレスを着た赤ちゃん

お宮参りの場合、赤ちゃんの正装は白羽二重という内着の上から、祝い着という着物を羽織るのが正式なスタイルとなります。

そのため、ベビードレス(セレモニードレス)は正装ではありませんが、着用してもマナー違反にはなりません。

最近では、手軽で動きやすく、華やかに装える人気のスタイルとして定着しています。

男の子にもベビードレスを着せてもいい?

ベビードレスやセレモニードレスという名前のため、男の子でも着られるの?と疑問に感じる方がいるようですが、もともとベビードレスは、男の子でも女の子でも着られるデザインになっています。

とくにフリルやレースがたっぷりのセレモニードレスは、男女を問わず、この時期の赤ちゃんの可愛らしさを引き出してくれます。

そのため、男の子でもベビードレスを着せて何の問題もありませんし、もしも華やかなものが好みでないのなら、柄のないオーガンジーを使用するなど、シンプルだけどおしゃれなデザインのベビードレスもあり、豊富なデザインの中から選ぶことができます。

お宮参りにベビードレスが人気の理由

白いベビードレスを着た赤ちゃん

ベビードレス(セレモニードレス)がお宮参りの晴れ着として人気を集めているのには、さまざまな理由があります。

産着より購入しやすい価格

お宮参り用の産着を購入した場合、3万円から5万円が相場といわれています。
しかし、素材やデザイン、ブランドなどにこだわると数十万円になることも。

ベビードレスは、素材やデザインにこだわったものでも5000円から1万円前後で購入できます。
高級ブランドのベビードレスでも、数万円で購入可能なものがほとんどのようです。

自宅でお手入れができる

産着の場合、家で洗濯することは難しいため、着用後はクリーニングがマストです。
シミや汚れがついてしまうと染み抜きなども必要になるため、どうしても汚れることに神経質になりがちです。

また、着物は湿気に弱く保管場所が難しいため、どこに収納するのかにも悩まされることに。
きれいな状態で保管するためには、虫干しや防虫剤の入れ替えなどの手間もかかります。

ベビードレスなら家で手洗いが可能。素材によっては洗濯機で洗えるものもあります。
収納にもそれほどスペースは取りませんから、産着のように保管場所にも悩まなくてすみます。

写真映えするデザイン

ベビードレス、とくにセレモニードレスは写真映えするデザインが豊富。

特別な日にふさわしいフリルやレースがふんだんに使用されたセレモニードレスを選べば、それだけで華やかな印象に。丈が長いほど豪華に写ることも覚えておくといいでしょう。

お宮参りで着るベビードレスの選び方

白いベビードレスを着た赤ちゃん

ベビードレス、とくにセレモニードレスには多彩なデザインが揃っていますが、お宮参りにふさわしいのはどんなベビードレスなのでしょうか。

華やかなデザインを選ぶ

お宮参り用のベビードレス(セレモニードレス)には、ドレスオールとツーウェイオールがありますが、最近は動きやすくておむつ替えをしやすいツーウェイオールが主流です。

とくに、豪華なレースやフリル、大きなリボン、手の込んだ刺繍などが施されたセレモニードレスは、お宮参りとうハレの日にふさわしい装いです。

最近は、ツーウェイオールの上にレースのオーバードレスなどを着せるセット商品も登場。
これなら普段使いにはツーウェイオールを、特別な日にはその上からオーバードレスを着せることで華やかに装うことができます。

気候に合わせた素材を選ぶ

汗をかく夏場のベビードレスは、通気性と吸水性にすぐれた素材を選ぶのがポイント。

例えば、着心地の良いコットンや汗をよく吸うガーゼ、薄手でさらりとしている天竺、優しい手触りのフライスなどのベビードレスがおすすめです。

冬場は、保温性にすぐれたキルトニットやニットガーゼ、フライスやベロアなどが人気です。

サイズは50~60cmが目安

ベビードレスのサイズは、一般的に50から70cm程度。
メーカーやデザインによってサイズは若干異なりますが、お宮参りだけに着せるのであれば50から60cm程度のものが、赤ちゃんも動きやすくて過ごしやすいでしょう。
また、ジャストサイズに近いほうが、写真写りも良くなります。

生後1か月のタイミングが真夏や真冬で、お宮参りの時期を遅らせる場合や、せっかく購入するなら長く着せたいという場合には、大きめのサイズを選ぶといいでしょう。

ドレスの地色は白がオススメ

ベビードレスの色は白が基本。
神様に初めてお参りするため、何ものにも染まらない、無垢な存在という意味を込めて白いベビードレスを着用しますが、必ずしも白を着なくてはいけないわけではありません。

最近では白地にパステルカラーのアクセントが入ったものや、カラフルなベビードレスも出始めています。

とはいえ、セレモニードレスはまだまだ白が主流のため、豊富なデザインやスタイリングの中から選びたいなら、白地のものがオススメです。

ベビードレスは気に入ったブランドから選ぶ

ベビードレスにもさまざまなブランドがあります。
お宮参りにふさわしいベビードレスの選び方がわかったら、次はさまざまなブランドの特徴を知ることも大切です。
最近は国産品やオーガニック素材など、赤ちゃんにとって安心安全なものを提案しているブランドに注目が集まっています。
そのため2万円~3万円程度のものが人気です。
今回紹介するブランドはほんの一例ですが、華やかなデザインのものにしたい、できれば長く着せたいなど、自分たちの希望を叶えてくれるブランドのベビードレスを選びましょう。

安心の老舗ブランド

皇室御用達として知られている国産ブランドfamiliar。
品質の高さと、上品なデザインで長年人気を誇っています。

老舗の子供服ブランドMIKI HOUSEも、メイドインジャパンにこだわっているため安心して着せられます。バリエーションが豊富なのも大きな魅力。

男の子にもピッタリ

赤ちゃんの快適さを追求しているcombiminiのベビードレスは、大きくなったらワンピースとして使えると人気。シンプルなデザインのため男の子にも着せやすいと評判です。

リーズナブルなのに品質が良いことで人気のエリカランド。
シンプルなデザインの中にも子どもらしい可愛さがあり、男の子にもピッタリです。

リーズナブルで人気

リーズナブルな商品展開で人気の西松屋。ベビードレスも5,000円以下で購入できます。
一度しか着ないであろうベビードレスの費用は安く抑えたいという方におすすめです。

ピンクのベビードレスで注目を集めているsweetgirlは、主に女の子向けのベビー服を展開。
愛らしいデザインのベビードレスが6000円以下という料金設定も人気です。

オーガニックコットン使用

長年国内での自社生産を続けているBaby gift shopは、ベビードレスにオーガニックコットンを使用。普段使いもできるシンプルなデザインも喜ばれています。

オーガニックコットン100%のナチュラルな風合いを生かしているのがAmorosa mammaのベビードレス。やさしい肌触りのため、安心して着せることができます。

お宮参り時のベビードレスの着せ方

白いベビードレスを着た赤ちゃん

ベビードレスでお宮参りに行く場合には、赤ちゃんの肌を守る肌着や体温調節に役立つ羽織物などを用意しましょう。

基本の着せ方

夏場の暑い時期には、半袖の肌着の上にベビードレスを着せます。
肌着を着ることで汗の吸収が良くなり、赤ちゃんが快適に過ごせます。

春や秋は半袖または長袖の肌着に、ツーウェイオール、ベビードレスの順番で着せます。
ツーウェイオールのみの場合は羽織物で体温調整を。

冬は寒さ対策のため半袖の肌着に長袖の肌着を重ね、その上にツーウェイオール、ベビードレスを着せます。寒さが厳しい場合は、ツーウェイオールにベストを重ねてもいいでしょう。

羽織物も用意

ベビードレスのデザインに合わせて、レースや刺繍があしらわれたケープをかけると、急に気温が下がったり、室内が冷房で肌寒いときの寒さ対策になるうえ、グッとおしゃれな印象になります。

寒い時期には、おくるみ(アフガン)をベビードレスの上から着せて、防寒対策をするようにしましょう。

帽子やスタイも忘れずに

帽子やスタイ(よだれかけ)も、お宮参りには欠かせないアイテムです。
帽子は気温の変化や直射日光から赤ちゃんを守ってくれます。スタイはベビードレスをよだれで汚さないためにも必要です。

お宮参りはセレモニードレス+祝い着が主流に

産着を着用する場合にも、活躍してくれるのがベビードレスです。

内着にも華やかなセレモニードレスが人気

きものレンタリエオリジナルセレモニードレス

白羽二重の着物の代わりに、シンプルなツーウェイオールのベビードレスを内着にして、その上から祝い着を掛けるのが、お宮参りの定番のスタイルになっています。

しかし最近は、華やかなセレモニードレスに祝い着を掛けるスタイルが増えてきました。

赤ちゃんを抱っこして祝い着を掛けた状態で、神社や写真スタジオ、レストランへと移動するのは大変なため、移動中は祝い着を掛けない方が増えています。
暑い時期には熱中症対策として、ご祈祷や記念撮影直前まで、祝い着を掛けないことも当たり前になってきました。
また、参拝と記念撮影を終えた後の食事会では、祝い着は脱いでしまうのが一般的です。

そうなると、祝い着を掛けている時間よりも外している時間のほうが多いため、祝い着の下に着用するベビードレスも、晴れの日にふさわしい華やかなものにしたいと思う方が増えているのです。

これなら華やかなセレモニードレスと産着姿の両方の写真が撮影できますし、どんな場所で祝い着を外しても、恥ずかしい思いをすることはありません。

セレモニードレスはレンタルも可能に

きものレンタリエでは新たにオリジナルのセレモニードレスを用意しました。

日本製のセレモニードレス
前開きスナップボタンのセレモニードレス

祝い着にも合わせやすい白のセレモニードレスは国内産。
やさしい着心地のコットン素材に、オーガンジーで華やかさをプラスしています。

産着をレンタルするときにオプションとしてレンタルが可能。
セレモニードレスだけの単品レンタルや購入することもできます。

お宮参りには産着とベビードレスの両方を着せたいという方は、ぜひご利用ください。

きものレンタリエオリジナルセレモニードレス

まとめ

お宮参りの服装として、ベビードレス(セレモニードレス)が人気を集めています。

産着よりもリーズナブルでデザインが豊富、自宅で手洗いできるのも大きな魅力。

また、ベビードレスの上から祝い着を掛ける和洋融合スタイルを選ぶ方も増えています。内着代わりにシンプルなツーウェイオールを選ぶケースが多かったのですが、最近はいつどこで祝い着を外してもいいようにと、見た目にも華やかなセレモニードレスを内着にするスタイルも人気に。

今後は、ベビードレスと産着の両方を楽しむスタイルが、注目を集めそうです。

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3泊4日3,400円〜往復送料無料
アニバーサリー
訪問着レンタル きものレンタリエ
着付け師さんに褒められる
訪問着レンタル 3泊4日 9,800円〜
往復送料無料 サブバッグ付き
LINE@友達登録で300円オフクーポン