PC

振袖レンタルの相場とは?成人式でのメリットや購入との違いを紹介

成人式,振袖振袖,成人式,相場

振袖を着た女性

振袖レンタルの相場は、成人式で振袖を着る予定の方なら当然気になりますよね。また、振袖レンタルの相場と購入する場合の相場も比較したいと思うものです。

そこで、今回は振袖をレンタルしたときの相場と購入したときの相場を紹介。
また、最近はレンタルする方がほとんどですが、振袖レンタルのメリットは何なのかも取り上げます。

振袖をレンタルした場合の相場

水色と黒と緑色の振袖を着た女性

成人式の振袖はいまやレンタルが一般的です。
では、どのくらいの料金で借りられるのでしょうか。

例えば、振袖を購入する場合30万円~60万円が相場のよう。
有名作家が手がけたものや、装飾が豪華な高級振袖なら100万円以上かかることも考えられます。

ところが振袖をレンタルした場合、ショップによっても異なりますが、振袖一式にバッグや草履などの小物が付いたセットで、レンタル価格5万円~30万円くらいが相場になります。

さらに、ネットレンタル専門店のきものレンタリエの場合、19600円~89000円(税込)で着付け小物まで揃った一式振袖セットをレンタルすることができます。

振袖の宅配レンタルのきものレンタリエの料金相場

振袖レンタルの価格に幅がある理由

振袖を着て悩んでいる若い日本人女性

振袖レンタルの相場はわかったけれど、なぜそんなに料金の幅があるの?と疑問に思う方も多いのでは。

色とりどりの振袖
左から レンタルの種類3つ
(1)着物の形に仕立て済の仕立て上がった振袖をレンタル
(2)着用する方のサイズに合わせて採寸してオリジナルサイズの振袖を作ってレンタルするオーダーレンタル
(3)振袖の生地である反物を染めて仕立てる誂え(あつらえ)レンタル

例えば、振袖展示会などを行っている大手レンタル店の中には、振袖のレンタルに3つのパターンを用意しているところがあります。

すでに仕立てあがった振袖をレンタルする場合振袖を体型に合わせて仕立てるオーダーレンタルの場合反物を染めあげて仕立てる誂えレンタルの場合の3パターン。
オーダーレンタル誂えレンタルとなると、時間も手間もかかるため料金は高額になります。

他にも、絞り(しぼり)や刺しゅう(ししゅう)などの手の込んだ加工が施された振袖やブランド振袖、新作の振袖などは、もともとの着物の価格が高額なため、当然レンタル料金も高くなります。

緑色の振袖を着た女性

ではなぜ、きものレンタリエはレンタルショップの中でも格段にリーズナブルなのでしょうか。

その理由は、ショップを持たないこと展示会を行わないこと仕立てあがった振袖のみを扱うことで、人件費や会場費、加工賃などのコストをカットしているから。
ネット専門店だからこそ、低価格のレンタル料金を可能にしています。

深緑にぼかし吉祥の振袖を着た女性

振袖|深緑にぼかし吉祥|F0317 / レンタル価格49,000円(税込/往復送料込)(2-12月は半額)

Ma Minette 赤と黒の飛翔鶴と桜の振袖を着た女性

振袖|Ma Minette 赤と黒の飛翔鶴と桜|F0311 / レンタル価格 79,000円(税込/往復送料込)(2-12月は半額)

葵衣-aoi- 永楽屋 004「紅白梅」の赤と白の振袖を着た女性

振袖|葵衣-aoi- 永楽屋 004「紅白梅」|F0326 / レンタル価格 79,000円(税込/往復送料込)(2-12月は半額)

成人式の振袖をレンタルするメリット

振袖は購入すれば自分のものになりますし、結婚式やパーティーなど、成人式後にも着ることが出来ます。それなのに、レンタルを選ぶ方が多いのはなぜなのでしょうか。

購入するよりもリーズナブル

振袖を着て笑顔で指を1本立てている若い日本人女性

振袖を購入した場合とレンタルした場合の相場を比較すればわかる通り、購入するよりも低予算で準備できることが、一番の理由といってもいいでしょう。

成人式後も振袖を着るつもりの方なら購入してもいいですが、ほとんど着物を着ない方にとっては、成人式のためだけに振袖を購入するのはあまりに高価な買い物です。

中には自分で働いたお金で振袖を用意する方も。
成人式のために溜めた貯金の範囲ですべてを揃えなければという方や、振袖は着たいけれど、できるだけ予算をかけずにと考える方にも、レンタルは人気を集めています。

必要なものがセットになっている

赤と白の振袖を着た女性
振袖の着用に必要な着付け小物

宅配の振袖レンタルがお得だといわれる理由は、成人式に振袖を着て行くために必要なものがすべてセットされているため。
当然レンタル料金の中に、すべてが含まれています。

きものレンタリエでも振袖に袋帯、帯揚げや帯締め、伊達衿などに加えて草履やバッグ、ショールまで全21点、フルセットでレンタルできます。

振袖だけを誂えて購入した場合、これらの小物も別途購入しなければなりません。帯や小物の費用がかかるうえ、すべてを揃える手間もかかることになります。

振袖レンタル7泊8日19,600円〜(2-12月は半額)

トレンドの色や柄の振袖を選べる

紺色の振袖を着た着たと水色の振袖を着た女性と白と黒の振袖を着た女性と白地に緑の振袖を着た女性

振袖を購入する場合、成人式だけでなく、そのあと着ることも考えて選ぶことになります。
そうなると、成人式のときに流行っている色や柄の振袖ではなく、結婚式ゲストや、結納の時等に着られるようにと長く着られる無難な色や柄のものを選ぶことになりがちです。

でも、成人式は一生に一度、自分が主役になれるイベントですから、本当は好きなものを思い切り着たいですよね。

レンタルを利用すれば、成人式にトレンドの振袖を気兼ねなく着ることができます。

振袖レンタル7泊8日19,600円〜(2-12月は半額)

お手入れの費用や手間が省ける

着終わった振袖は収納する前にクリーニングに出さなければなりません。
クリーニングから戻ったあとも、定期的に虫干しをするなど、振袖が傷まないようにお手入れが必要です。

しかしレンタルした振袖ならば、着用後はそのまま畳んで返却するだけで済むので、クリーニング料金やお手入れの手間もかかりません。

まとめ

振袖レンタルの相場は、必要なものがすべてセットされて5万円から30万円が主流です。
一方、購入する場合は振袖だけで30万円から60万円が相場。

これだけで、購入するよりもレンタルのほうがお得だと、一目でわかります。

さらに、着終わったあとにお手入れの必要がないこと、トレンドの振袖を気兼ねなく着ることができるのも大きな魅力に。

成人式の振袖をレンタルするか購入するか迷っているなら、レンタルがオススメです。

LINE@友達登録で300円オフクーポン