PC

六通柄とは?

着物の豆知識

六通柄の袋帯

六通柄とは?

六通柄とは、着付けた際に隠れる胴回りの一周目部分が無地になっている帯のことをいいます。

六通柄の無地部分を通称「中無地」と呼び、柄が入っているのは全体の6割ほどです。

六通柄のメリット・デメリットは以下の通りです。

「メリット」
・柄が入っている割合が少ない分コストカットとなり安く作ることができる

「デメリット」
・コストカットを優先するあまり中無地部分が長すぎて、着付けた際に脇腹から中無地が見えてしまうものもある

それから、六通柄の中でも手先部分が極端に短い帯には注意が必要です。お太鼓結びをした際に手先の片側に柄が出ないためです。振袖向けの帯の中でも手先が短すぎるものがあり、この場合は振袖向けの華やかな帯結びをするのに長さが足りないことが出てくるので注意が必要です。

全通柄とは?

六通柄に対して、帯全体に柄が入っている帯のことを全通帯と呼びます。

全通帯はコストがかかる分、最近はほとんど見かけることはありません。あるとすれば安価なプリント帯などで、この場合は全通柄の方が多いです。

全通柄のメリット・デメリットは以下の通りです。

「メリット」
・多種多様な帯結びに対応できる
・タレ、太鼓、前太鼓、手先を柔軟に動かすことができるため締め方の融通が効く

「デメリット」
・コストがかかるため高価

お太鼓柄とは?

太鼓柄とは、太鼓、タレ、お腹部分にのみ柄が入っている帯で、ポイント柄やとび柄とも呼ばれます。

こちらは染帯に多い柄で、お太鼓系の結び方限定になります。

番外編:リバーシブルの帯とは?

リバーシブル帯とは、その名の通り表と裏の両面に柄が入っている帯になります。一見便利そうに見えるリバーシブル帯ですが、生地や性質など組み合わせ次第では使い勝手が悪い場合もあります。

そのような場合には、1本の帯を表と裏で2本に仕立て直すという方法もありますので、仕立て屋さんに相談してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?帯の柄付けにはいくつかの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。用途に応じて合ったものを選び、使い分けましょう。

LINE@友達登録で300円オフクーポン