PC

浴衣と着物の違いとは?その特徴を知って上手に着こなそう

夏着物夏着物

浴衣と着物の違いをよく聞かれますが、浴衣は夏に着る着物の一種
そう答えると浴衣と着物に違いはないの?と却って混乱する方が多いようです。
そこで浴衣と着物の違いを具体的に紹介します。
それぞれの特徴を知り、浴衣だけでなく夏の着物にも注目してみてはいかがでしょうか。

浴衣と着物の大きな違いは成立ちと役割

浴衣と着物、その違いをよく聞かれますが、形や仕立て方は基本的に浴衣も着物も同じです。
では、いったい何が違うのでしょうか。

浴衣のはじまりは「湯帷子(ゆかたびら)」

浴衣はもともと平安時代の貴族が蒸し風呂に入る時、
水蒸気で火傷をしないように麻で作った「湯帷子(ゆかたびら)
を着たことがはじまりといわれています。

それが時代の流れとともにお風呂上がりの着衣となり、呼び方も「浴衣」に変わっていきました。

江戸時代に庶民が銭湯に通いはじめると、風通しが良く汗を吸ってくれる浴衣を入浴後に着るように
いまでも温泉旅館などで浴衣を着るのは、この名残といえるでしょう。

白と青色の旅館浴衣を着たカップル

やがて着心地の良い浴衣は夏の外出着として定着。
いまでは夏のイベントの装いとして、お祭りや花火大会、納涼船などで着られています。

紺色の浴衣に金茶のしわ兵児帯の浴衣を着た女性

そのため浴衣の定番素材は吸水性が高く、洗いやすい綿
以前は麻や、綿と麻の混合生地などもありましたが、
最近は機能性の高いポリエステルの浴衣も人気を集めています。

着物のはじまりは「小袖」

一方、着物は言葉の通り「着る物」であり、衣服全般のことを指していましたが、
いまでは「着物とは和装のこと」という捉え方のため、浴衣も着物の一種となります。

そんな着物のはじまりも平安時代から。
宮廷で身分の高い女性が十二単の下に着ていた「小袖(こそで)」が、着物の原型といわれています。

江戸時代に一般庶民の間で着物文化が花開くと、着物はいまの形へと進化。
帯揚げ、帯締めを使ってさまざまな形に帯を結ぶなど、着物のルールの多くが江戸時代に作られました。

明治以降洋服が普段着として普及し始め、
着物よりも低価格で手軽に着られる衣服として洋服文化が浸透。
その結果、着物は成人式や結婚式などの冠婚葬祭で着るフォーマルウエアという風潮に。

紺色の振袖を着た女性と薄い緑色の訪問着を着た女性とベージュの色留袖を着た女性と黒留袖

そのため、着物の生地は高価な正絹という素材が主流に。
洒落着としては、夏は通気性の良いや自宅で洗えるポリエステル、冬はウールの着物なども使用されています。

浴衣と着物の違いが一目でわかる早見表

浴衣と着物がどう違うのかを具体的に表にまとめたので、参考にしてみてくださいね。

浴衣と着物の違い 徹底比較

浴衣着物
歴史背景平安時代の風呂用の着衣
湯帷子
平安時代に十二単の下に着ていた
小袖
着用時期6月~9月の夏だけ通年
10月~4月は袷
6月~9月は単衣
着用場面カジュアルフォーマル
セミフォーマル
カジュアル
生地主に綿
綿麻、麻、ポリエステル
主に正絹
麻、綿、ウール、ポリエステル
仕立て方単衣袷(10月~4月)
単衣(6月~9月)
半幅帯
兵児帯
名古屋帯(八寸帯)
袋帯
名古屋帯(九寸帯)
名古屋帯(八寸帯)
丸帯
京袋帯
半幅帯
着付け方長襦袢不要
帯揚げ・帯締め不要
長襦袢、帯揚げ・帯締めを利用
浴衣よりも着付けの工程が多い
足袋履かない必ず履く
履物下駄草履、雪駄、下駄
紺色の浴衣を着た女性と水色の着物を着た女性とクリーム色の訪問着を着た女性とグレーの色留袖を着た女性

浴衣と着物の着付け方の違いとは

浴衣と着物のもうひとつの大きな違いは、着付けの仕方といえるでしょう。

浴衣は長襦袢不要、結びやすい帯も魅力

浴衣の着付けは長襦袢を着ないため、工程が少なくなります。
ただし、ブラジャーやショーツの上に直に着てしまうと透けて見えるので、和装用の肌着や浴衣用の肌着を利用しましょう。

洋服の時に着ているタンクトップやキャミソール、下はステテコでも代用できます。

帯は半幅帯ややわらかい兵児帯など、
初心者でも楽に結べるものを使用しているのが大きなポイント。
足元は足袋を履かずに裸足で下駄をはきます。

着物は半衿や帯揚げ·帯締めで華やかに

着物は基本的に、肌襦袢と裾除け、長襦袢を身に着けてから着るのが基本。

長襦袢には着物の衿が汚れるのを防ぐために、半衿をつけておくのも必要な作業。
と同時に、半衿の色や柄、素材などが、おしゃれなアクセントになります。

帯は袋帯や名古屋帯などを結びますが、帯を形作るために帯揚げや帯締めを使用。
その色や素材、帯締めに付ける帯留めなどが、着物姿を彩る装飾品にもなってくれます。

また、着物の場合、足袋は必ず履くのがマナー。

着物には着付けの作業が多い分だけ、浴衣よりもエレガントで華やかな装いを楽しめる良さがあります。

浴衣を卒業したら絽、紗、麻の着物を

浴衣は夏のおしゃれアイテムとして、すでに定番となっていますが、人気の理由は気軽に着られることだけではありません。

いつかは着物を着たいと思っている方が、手始めに浴衣に挑戦していることも多いようです。

最近では、浴衣に半衿や飾り紐などを利用して、あえて着物風にアレンジする方も。

さらに年齢とともに浴衣を卒業して、絽や紗、麻などの夏ならではの着物に挑戦する、という方も多くなっています。

レンタルなら準備や着付けの心配が不要に

着物は浴衣と違って、長襦袢や着付け用のさまざまな小物が必要となるため、
準備が大変と思っている方も多いようですが、
レンタルを利用すれば、肌着から小物まで、すべてがセットになっています。

着付けはどうするの?という問題もありますが、
いまは手軽に見ることが出来る着付けの動画や、
レンタルした着物セットと一緒に着付けの解説動画入りDVDが付いてくるところもあるので、
自分でチャレンジしてみるといいでしょう。

水色の絽の訪問着を着た女性

それでも着付けは不安という方に向けて、
きものレンタリエでは着付け体験キットを用意しています。

13泊14日もレンタルできるので、納得いくまで練習できますし、上手に出来たら着物姿でお出かけしてみるのも楽しいですよね。

まずはこのキットで実際に着物を着てみて、
この夏は浴衣から着物へとワンランクアップしてみてはいかがでしょうか。

着付け練習が自宅で簡単にできる着付け体験キット
着付け練習が自宅で簡単にできる着付け体験キットのセット内容

まとめ

浴衣は蒸し風呂で着る「湯帷子」、
着物は十二単の下で着る「小袖」がはじまりでした。

しかし今では、浴衣は夏のイベント時の外出着となり、大勢の方に愛用されています。

水色の夏着物を着た女性

また、浴衣をきっかけに着物に興味を持った方たちは、
もうワンランク上のおしゃれアイテムとして、
薄物と呼ばれる盛夏の着物、絽や紗、麻の着物に注目しているようです。

すでに浴衣を着こなしている方は、この機会にそろそろ着物も楽しんでみませんか。

夏着物レンタル
LINE@友達登録で300円オフクーポン