PC

卒業式に着る母親の着物は小紋でも大丈夫?唯一着られる江戸小紋とは?

2020年2月22日訪問着, 卒業式

最近は古着のアンティーク着物なども流行っているため、おしゃれ好きな人なら、ちょっとしたお出かけ着として小紋を持っているという方も多いようです。
そんなお気に入りの着物の中から卒業式や入学式の着物を選びたいのだけど、小紋はダメなの?と聞かれることがあります。
そこで今回は、フォーマルシーンでの小紋について解説します。

卒業式に着る母親の着物に小紋は大丈夫?

結論からいってしまうと、小紋は卒業式や入学式などの式典に着る母親の着物としてはあまり好ましくありません。

着物は特別な日に着るものだと思っている方も多いようですが、着物にもいろいろな種類があり、それぞれに格という決まりがあります。
小紋はおしゃれな外出着として日常的に着る着物であり、お稽古事やお買い物などの街着には最適ですが、卒業式や入学式などのフォーマルな場には好ましくないのです。

では、「なぜふさわしくない」ではなくて、「好ましくない」なのか。
それは多種多様な色や柄の小紋があるため。すべてを一括りにしてダメだとは言えないからなのです。

卒業式に出席できる小紋は江戸小紋だけ

例えば、小紋の中にはわかりやすい例外があります。
それが「江戸小紋」です。

中でも、「江戸小紋三役」といわれる“極型の鮫小紋”“行儀小紋”“角通し小紋”は、格の高い模様で、柄が細かいため無地のように見えるのが特徴です。
ここに、“大小あられ”と“万筋”などの縞文様を加えた「江戸小紋五役」は、紋を入れることで略礼装となり、卒業式や入学式にも着ることができるようになります。

ところが江戸小紋の中にも、“いわれ小紋”という遊び心の強い柄の着物もあって、式典にはふさわしくないと思われる方が多いようです。

フォーマルな場で着るための着物選びは、自分の着たいものを披露することではありません。他の方が目にした時に首をかしげるかもしれない可能性のある着物は、やはりマナーにかける気がします。

式典で小紋を着るときには、「江戸小紋五役」から選ぶことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか。

小紋はあくまでも、おしゃれな外出着であり、基本的にはフォーマルな場には向きません。

ただし例外もあり、江戸小紋五役の一つ紋なら、卒業式や入学式などの学校の式典に着ていくことができます。