PC

初詣とは?正しい参拝の手順や注意点についてもご紹介します!

着物の豆知識初詣

ピンクの振袖を着てお参りをする女性

初詣とは?

初詣とは、年が明けてから初めて神社や寺院などに参拝することを言います。初詣では一年の感謝をささげたり 新しい一年の無事や幸せを祈願します。初参りと呼ぶこともあります。

初詣は いつまでに行うもの?

初詣は一般的に三が日(1月1日~1月3日)中に参拝する人も多いですが、「松の内」(1月7日または1月15日の間)中に行けば良いでしょう。“年が明けてから初めて”行うものなので、遅くとも1月中までには済ませておきたい行事ですね。

初詣の由来とは?

そもそも初詣は、平安時代から伝わる「年籠り(としごもり)」という風習にルーツがあると言われています。この「年籠り」とは、神社の氏子の家々の家長が、大晦日の夕方から元旦にかけて、氏神様のいる神社にこもり、新年の豊作や安全を夜を徹して祈るというものです。
この「年籠り」が、時代の流れとともに大晦日にお参りする「除夜詣」と、元旦にお参りをする「元日詣」に分かれていったのではないかと考えられています。
江戸時代になると、元日詣は「恵方詣」とも呼ばれ、人々はその年の恵方にある神社にお参りをしていたということです。
ここで、「恵方」とは、節分の時期によく耳にする言葉かと思いますが、その年の縁起の良いとされる方角のことを言います。ちなみに、恵方というのは「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、」の十二支と、「甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)…」の十干(じっかん)を組み合わせたもので、全部で60通りあります。
このようにして行われていたことが、その後、時代の流れによって元日のお参りだけが残り、恵方を気にすることなく思い入れのある神社やお寺に、お参りに行くようになったということです。

初詣の正しい参拝のマナーや手順とは?

初詣をする際には、マナーや手順があることをご存知ですか?
そもそも神社は神聖な場所であり、鳥居は聖域を区切るものとされています。鳥居をくぐる前には、帽子やマフラーを外し一礼してからくぐるようにしましょう。
また、社殿へと続く参道を歩く際には、真ん中は歩かないということも覚えておきたいポイントです。参道の真ん中は神様が通る道とされており、「正中」と呼ばれます。人が参道の端を通るのは神様を敬うという意味が込められているのです。
さらに、参拝の前には参道脇などにある手水舎(てみずや)という場所で自分の手と口を清めます。

~手水の手順~

手水舎で手を清める水色の着物を着た女の子と黒いスーツを着た男性とピンクの着物を着た女性

次の①~④までの手順は、柄杓1杯の水で行います。
①右手に柄杓を持ち、左手に水をかける
②柄杓を左手に持ち替えて右手に水をかける
③再度 右手で柄杓を持ち、左手に水を受けて口に含み軽くすすぐ
※柄杓から直接口に水を含んではいけません
④左手に少し水をかけて洗い、柄杓を立てて残った水で柄の部分を洗い流し、元の位置に戻す

手水を行ってから古いお札やお守りを奉納し、本殿でお参りをするという手順で参拝します。

初詣の際の注意点

◇おみくじを引いたら?
神社の木に結んで帰るか、良い結果の際は持ち帰り身につけておくのが良いとされています。

◇帰り道寄り道してもいいの?
寄り道はせず、まっすぐに帰るのが良いとされています。

◇喪中のときは?
次の期間は避けましょう。
・神社への参拝は忌中の50日間
・寺院への参拝は忌中の49日間

まとめ

初詣の正しい参拝の手順やマナーを知って、幸せな新しい一年のスタートにしたいものですね。

LINE@友達登録で300円オフクーポン