PC

中振袖とは?振袖にもいくつかの種類があるの?

成人式, 振袖, 着物の豆知識

朱色の中振袖を着た女性

中振袖とは?

中振袖とは、振袖の中の一種で袖丈の長さが100cmくらいのものを言います。中振袖とは成人式で女性が着ているものをイメージすると分かりやすいかと思います。

そもそも振袖とは、未婚の女性が着用する女性の第一礼装の一種で、お祝い事に適した華やかで豪華な柄を用いたデザインが特徴です。一般的に知られるのは中振袖かもしれませんが、大振袖・小振袖と三種類も存在するのです。

中振袖の着用シーンとは?

・成人式
・お祝い事の席
・パーティー
・お見合い
・結納の席
・ゲストとして参加する結婚式

未婚女性の着物ということで、お見合いの席にも着ていけるという所が特徴的ですよね。

振袖と訪問着はどう違うの?

・袖の長さが違う(振袖は短いものでも85cmくらいで訪問着は57~68cmくらい)
・訪問着のほうが柄のバリエーションが豊富
・訪問着は未婚既婚問わず着ることができる

振袖は成人式以外でも使いみちがある?

成人式で着用する振袖をレンタルにしようか購入しようか迷っている人もいるかもしれません。せっかくなら自分のものにしたいですよね。

そんな時おすすめなのが、「大学の卒業式に袴と合わせて着る」「結婚式のお呼ばれの際に着る」「袖を短く仕立て直して訪問着として着る」という3つの方法です。

卒業式に袴として合わせる場合は未婚の場合振袖のままでも良いかと思いますが、既婚でも着ていけるようにと訪問着にする場合は、袖をカットしても不自然じゃない柄の振袖を選んでおく必要があります。

もし購入を考えているなら、全体のバランスまで吟味してお気に入りの振袖を見つけてくださいね。

また、結婚式の際に着ていくことも考えると、新婦さんより派手にならないように控えめな柄のものを選んでおいたほうがベターでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?振袖は、女性らしさを存分に発揮できる素敵な着物ですよね。成人式だけと言わずにチャンスがあるならぜひ何度か着て楽しみたいものですね。

LINE@友達登録で300円オフクーポン