PC

七五三での父親の着物とは?選び方・準備すること・注意点を紹介します

七五三,男性

クリーム色の訪問着を着た女性と紺色の羽織と着物のアンサンブルを着た男性と赤い被布を着た女の子と黒い羽織袴を着た男の子

七五三での父親の着物といえば昔は紋付羽織袴でしたが、最近の七五三の父親の着物は紋のないお召しや紬の着物に羽織を羽織るスタイルが主流になるなど、時代とともに変化しています。
そこで、今回が初めての七五三、初めての着物というお父さんのために、七五三に着て行く父親の着物の選び方や準備すること、注意点などを紹介します。

七五三着物レンタル

七五三で着る父親の着物の選び方

お子さんの七五三に父親が着物で参加する場合の着物の選び方や気をつけるべきポイントをご紹介します。

主役の子どもを引き立てる着物を選ぶ

七五三の主役はお子さんです。
両親は主役の子どもが引き立つように、子どもより格の低い着物を選びます。

着物の色柄も、子どもの晴れ着よりも派手にならないものを選ぶのがマナーです。

第一礼装となる黒紋付羽織袴は避けて

七五三は子どものハレの日ですから、父親も礼装でと考える方は多いでしょう。
そうなると、男性の第一礼装である黒紋付羽織袴スタイルでと考えがちですが、最近では、七五三で父親が黒紋付羽織袴を着ている姿を見ることはほとんどありません。

黒紋付羽織袴では格が高すぎるうえ、仰々しくなってしまうため、七五三では避けたほうがよいでしょう。

母親と同格の着物を!お召しや紬がオススメ

クリーム色の訪問着を着た女性と紺色の羽織と着物のアンサンブルを着た男性

七五三には母親も和装で参加するという場合、父親の着物と母親の着物の格を合わせることも大切なポイントです。

七五三の着物 母親・父親の格合わせ一例

母親の着物父親の着物
色留袖色紋付羽織袴
色無地(紋付き)お召し羽織袴(紋付き)
訪問着(紋付き)お召し羽織袴(紋付き)
訪問着お召しの着物に羽織または羽織袴
付け下げお召しや紬の着物に羽織

※あくまで一例です。着物や帯、袴の柄付けなどでも格は変わります。

七五三の父親の着物は略礼装が一般的。
例えば、無地のお召しの着物に三つ紋や一つ紋を入れると、略礼装として着ることができます。
この場合、同格となる母親の服装は、紋を入れた訪問着や色無地になります。

しかし最近は、母親は紋を入れない訪問着や色無地、付け下げを着用するケースが多く、その場合は父親の着物も紋の入っていないお召しや紬がオススメです。

男性の着物 生地による格の高さ
1. 羽二重      礼装
2. お召し      略礼装~おしゃれ着
3. 紬        略礼装~普段着
4. 木綿・ウール   普段着

羽織は必要不可欠!袴はなくてもOK

七五三で父親が着物を着る場合、着物だけの着流し姿はNGです。
羽織は洋服でいうところのジャケット的な存在ですから、フォーマルな装いを求められる七五三では着用するのがマナー。

一方、七五三では袴は穿いても穿かなくても問題はありません。
ただ、袴を穿くことで礼装感が強くなり、よりきちんとした服装という印象になります。

着用スタイルによる格の高さ
1. 着物に羽織袴
2. 着物に羽織
3. 着流し(着物のみ)

カジュアルはNG!足袋も白地のものを

洋服と同じで、和装でもカジュアル過ぎる装いはNGです。

例えば、ウールのアンサンブルは普段着のため、カジュアルな服装となってしまい、七五三には不向きとなります。

最近は柄のある足袋も増えていて、ファッションアイテムとして楽しむ方も多いようですが、七五三の場合、神聖な場所である神社に参拝することから白足袋が基本です。

父親が七五三で着物を着るために準備すること

父親も七五三に着物で参加すると決めたなら、次のことも早急に決めて準備をしましょう。

着物はレンタルか、購入かを決める

今回初めて着物を着る、または着物を着るのは成人式以来だという男性の方が多いのではないでしょうか。

つまり、着物を持っていない方がほとんどですよね。
ならば、着物を購入するのか、レンタルするのかを、早急に決めましょう。

呉服屋で着物を誂える場合、出来上がるまでに3カ月近くかかることも。
レンタルの場合も、七五三直前に借りようとすると、気に入った着物はすでに貸し出し中で借りられないということもよくあります。

購入かレンタルかを決めて、すぐにでも準備を始めましょう。

着物を着るのに必要なものを揃える

男性が着物を着る場合、着物だけでなく、羽織、羽織紐、角帯、草履に足袋、半衿付き長襦袢、ステテコ、着付けるための腰ひもやマジックベルトなども必要になります。

呉服店で着物を誂えるなら、それらをすべて一緒に購入しましょう。また、他にも必要なものがないか、お店の人に相談して揃えてもらうといいでしょう。

レンタルの場合も同じ。一式セットでレンタルできるところがほとんどだと思いますが、どんなものがセットされているのか、抜けているものはないのか、レンタルする前にしっかりチェック。足りないものは、自分で揃えることが必要です。

レンタルできる日数やレンタル料金、送料なども忘れずに確認しておきましょう。

着付けをどうするかを決める

男性の着物の着付けは女性ほど大変ではありません。
そこで、この機会に着付けに挑戦してみるのなら、自分でやってみるのもよいでしょう。

もしも祖父母や親族などに着付けができる方がいるのなら、頼んでみるのもひとつの方法です。

また、母親や子どもの着付けをお願いしている美容院や着付師さんがいるのなら、一緒に頼むとスムーズです。

七五三に父親が着物を着ていくときの注意点

普段から着物を着慣れている方なら問題はありませんが、子どもの七五三を機に着物に挑戦するというパパの場合は、次の点に注意しましょう。

着物を汚さないようトイレは個室へ

着物を汚さないように、注意して行動しましょう。
とくにトイレに行く場合には、最新の注意が必要です。できれば個室に入った方が気兼ねなく用が足せてよいでしょう。

履き慣れない雪駄で足が痛む場合に備える

男性が着物を着る場合、足元は雪駄を履くのが基本です。
しかし、普段から履き慣れていない人は、足が痛くなってしまうことも。
予め絆創膏を持参しておくといいでしょう。

境内の砂利道で転ばないように注意する

着慣れていない着物に、履き慣れていない雪駄。そのうえ、子どもからも目が離せないとなると、不注意で足がもつれて転倒してしまうことも。

神社の境内などの砂利道や階段はとくに注意が必要です。慎重に歩きましょう。

できるなら、事前に着物を着て歩く予行練習をしておくとことをオススメします。

まとめ

七五三で父親が着物を着る場合の着物の選び方はわかりましたか?

もしも、着物をレンタルするか、誂えるのかで迷うようなら、手軽な料金で必要なもののほとんどが揃ううえ、クリーニングなどのお手入れが必要のないレンタルをオススメします。

七五三の素敵な記念写真を残すためにも、この機会にぜひ、パパもママも着物に挑戦してみてはいかがでしょうか。

LINE@友達登録で300円オフクーポン