PC

七五三の着物の柄に込められた意味や願いとは?女の子の場合

2021年8月16日七五三七五三

花、七宝、扇柄の七五三の女の子の着物

七五三の着物の柄は趣向を凝らしたものが多く、とくに女の子の七五三の着物の柄は可愛くて見ているだけで心ときめくものです。「うちの子にも華やかで美しい着物を選んであげたい」と思うのが親心。ですが、実際に選ぶとなると、最近の七五三の着物は色・柄ともに多彩なため、迷ってしまう方も多いのでは。そこで今回は、着物の「柄」に込められた意味や願い、由来などを紹介します。ぜひ、ママやバハの想いを込めるのに最適な一枚を選ぶ参考にしてみてはいかがでしょうか。

女の子の七五三の着物は格調高い、縁起の良い柄が主流

子どもの成長を祝う七五三の着物は晴れ着ですから礼装、つまりフォーマルな装いとなります。そのため着物の柄には、礼装にふさわしい格調高い柄や、お祝い事にふさわしいおめでたい柄、縁起の良い柄が多く描かれています。では、格調高い柄とはどんな柄をさすのでしょうか。代表的なのが王朝文様です。「御所車」や「檜扇」「几帳」など、宮中で貴族が用いた道具を柄にしたもので、平安貴族への憧れから雅なものをモチーフにした柄を、格調高い柄と考えるようになりました。また、中国でよい兆し、おめでたい模様とされてきた吉祥文様も、七五三の着物によく使用される柄。「松竹梅」や蘭・竹・菊・梅のことを指す「四君子」などが多いようです。

七五三の着物の柄 三歳と七歳の女の子ではどう違う?

女の子の七五三の場合、三歳と七歳の2回行われますが、それぞれの着物の柄に違いはあるのでしょうか?
三歳は三つ身(身丈の3倍の布)、七歳は四つ身(身丈の4倍の布)で仕立てられた着物のため、七歳の着物の方が柄を描く面積が広く、「束ね熨斗」や「雲取り」などの大きい柄を描くことが可能に。そのため七歳のほうが柄の組み合わせやデザインが豊富なのが特徴です。
三歳の着物は被布という羽織ものを重ねて着るため、着物の袖や裾、被布にアクセントとして柄が入っているものが主流でしたが、最近では着物全体に大きな柄が描かれている総柄も増えています。さらに被布全体にも着物と同じ柄を描いたものなど、おしゃれなデザインも増えているため、三歳でも可愛いだけでなく、華やかな晴れ着姿が可能になりました。
最近は少なくなりましたが、お宮参りの時に四つ身の祝い着を作ったので、それを仕立て直して七五三の三歳、七歳の晴れ着にしようと考えている方もいると思います。中には三歳の三つ身の晴れ着を七歳用に仕立て直したいと思われる方もいるようですが、寸法が足りなくなるので、こちらはやめたほうが無難です。
何より、着物の色柄も豊富ないまの時代。三歳には三歳のときにしか着られない愛らしい柄、七歳には振袖にも負けない艶やかな柄など、その年齢だからこそ楽しめる着物があります。仕立て直して同じ柄を着るのも素敵なことですが、それぞれの年齢に合う柄の着物をレンタルして、多彩な着物姿を写真に残すのも記念になるのではないでしょうか。

女の子の着物の柄には美しい成長と幸福、良縁の意味も

七五三の着物は年々、色、柄ともに多種多様になっていますが、昔から変わらないのは着物の柄が持つ意味ではないでしょうか。そこで、女の子の七五三の着物の柄にはどんな意味や願いが込められているのか、一例ですが、七五三で目にすることの多い着物の柄の意味をピックアップしてみました。そこには、娘に対する「美しく育ちますように」「何があっても幸せになりますように」「良縁や子宝に恵まれますように」といった親の愛情が表れているようです。

「花」のように愛される女性に育つことを願って

「花」の文様は女の子の着物にもっとも多い柄。日本の国花であり五穀豊穣を意味する「桜」、生命力を感じさせる「梅」、高貴さや富貴さを表す「牡丹」など様々な花の柄があります。いろいろな花々を組み合わせた花束、花籠、花丸などの柄も多く、花のように美しく愛される女性に育って欲しいという願いが込められています。

生命の誕生や力強い生命力を意味する「松竹梅」

真冬でも深緑の葉をつける「松」。冬でも色褪せず、一年中みずみずしい青い葉をつける「竹」。寒い冬を耐えて春にはいち早く花開く「梅」。そんな「松竹梅」には、忍耐力と力強い生命力という意味があり、おめでたいことにふさわしい柄といわれています。

「蝶」のように美しく成長することを願った文様

卵から幼虫、さなぎへと変容して、最後には美しい姿に成長する「蝶」の柄にも、女性として健やかに美しく成長してほしいという願いが込められています。さらに「蝶」には不老不死の意味もあるといわれています。

末広がりの「扇」の文様は発展や繁栄を表現

「扇」が末広がりの形をしていることから、富の象徴や発展、繁栄の意味があるといわれる縁起の良い文様です。扇の紙面に華やかな柄や美しい花々が描かれている着物の柄が多いようです。

多くの人から祝福されるという意味の「束ね熨斗」

「熨斗」とは慶事の進物などに添えられている熨斗アワビを表した文様で、細長い帯状に文様化したものを何本も束ねて描いたものが「束ね熨斗」です。人とのご縁に恵まれ、多くの人から祝福されて、その幸せを周囲と分かち合えるようにという想いが込められています。

すべてが丸く収まるようにという「鞠」の文様

平安時代の貴族の遊び道具だった「鞠」には高貴なものという意味があります。また、「この先何があっても丸く収まりますように」「丸々と健やかに育ちますように」という、平穏無事に健やかに育ってほしいという願いも込められています。

邪気を払い神様に願いを届ける「鈴」の文様

古の時代より、音には魔物や獣を追い払うのと同時に 神様をお呼びする力があると信じられてきました。そのため音を出す「鈴」の柄には邪気を追い払い、神様をお呼びして祈りや願いを聞いていただくという意味が込められています。

「うさぎ」には飛躍やとんとん拍子の意味も

うさぎはその跳ぶさまから飛躍を表すとされています。物事がとんとん拍子に進む、縁起の良い柄としても愛されてきました。また「因幡の白兎」の話の中では、大国主命の結婚を導く存在でもあることから、良縁や縁結びのシンボルともされています。

夫婦円満の意味から慶事の文様となった「貝桶」

平安時代の遊びの中に、並べた貝殻の中から一対の貝を見つけ出す「貝合わせ」というものがありました。その貝をしまっておく容器が「貝桶」で、やがて嫁入り道具になったことから、夫婦円満の意味を持つようになり、慶事の着物にふさわしい柄となりました。

高貴の意味を持つ古典柄の「御所車」や「花車」

貴族が乗っていた牛車を描いたのが「御所車」で、この御所車に花を飾ったものが「花車」です。貴族が用いた道具をデザインした王朝文様のひとつで、優雅さ、高貴さを表しているため、七五三だけでなく婚礼衣装などにも使用されています。

七五三の着物には地紋にも意味が込められている

七五三の着物には地紋にも趣向を凝らしたものが多く、その柄にもさまざまな意味が込められています。

例えば、卍を連ねた「紗綾形」は、不断長久(絶えず長く続くこと)を表していて、家の繁栄や長寿などの意味を持っているといわれています。この紗綾形の上に蘭と菊の文様を散らした格調高い「本紋」や、桜の花を織り出された美しい「桜地紋」などが、七五三の着物にも多く見受けられます。

地紋は光の加減や見る角度によって浮き出して見える姿が美しく、晴れ着にふさわしい気品のある華やかさを演出してくれます。

まとめ

いかがでしたか。七五三の着物の柄には、どれもお祝いにふさわしいおめでたい意味と、いまも昔も変わらない子どもを愛する親の心が込められています。
愛される子になってほしい、何があっても幸せになってほしい、生命力の強い子に育ってほしいなど、親としての自分の願いを素直に重ねられる着物の柄を選んでみてはいかがでしょうか。
子どもが大きくなったとき、七五三の写真を一緒に眺めながら、ママがどんな想いで七五三の着物の柄を選んだのかを話してあげることができれば、きっと着物選びに悩んだことも素敵な思い出に変わるはずです。

LINE@友達登録で300円オフクーポン