PC

七五三の着物の柄に込められた意味や願いとは?男の子の場合

2021年4月5日七五三七五三

兜柄と鷹柄の七五三の羽織

男の子の七五三の着物の柄は、凛々しく、カッコよく見える着物を選んであげたいと思うものの、男の子の七五三の着物の柄に対してはママの感心も薄いため、いざとなるとどんな柄の着物を着せればいいのか、思いつかないという方も多いようです。
まずは、男の子の七五三の着物に描かれている主な柄とその意味や由来を知り、お子さんにふさわしい柄や、ママやパパはどんな柄に願いを込めたいかなども考えて選んでみては。

男の子の七五三の着物は勇ましくて、おめでたい柄が主流

五歳の男の子を祝う七五三は、平安時代から行われてきたという幼児の成長を祝い、初めて袴を着せる儀式「袴着(はかまぎ)」がルーツといわれています。伝統的な儀式であり、いまでは健やかな成長を祝う晴れの日でもあるため、この時に着用するのは男性の礼装といわれる着物に羽織袴となります。本来、「袴着」は袴を履くことがメインの儀式のため、羽織は関係ないという説もありますが、いまでは羽織に描かれている柄で晴れ着を選ぶことも多く、格調高い、縁起の良い柄が主流となります。例えば、中国ではおめでたい柄として広く使われている吉祥文様。亀の甲羅に似ていることから名づけられた「亀甲」柄や、宝物を散りばめた「宝尽くし」と呼ばれる縁起の良い柄などが多く見受けられます。また、勇猛果敢な武将が戦うために必要とする道具、「兜」「軍配」「矢羽」などをモチーフにしたものや、中国では威厳の象徴で百獣の王といわれる「虎」、立身出世を意味する「鷹」や「鯉」などの生き物も描かれています。

男の子の着物の柄には厄災を払う、強く育つ、立身出世の意味も

実際に男の子の七五三の着物によく描かれている柄には、どんなものがあり、どんな意味が込められているのでしょうか?ここで紹介する柄はほんの一例ですが、「厄災にあわないでほしい」「強くたくましく成長してほしい」「苦難を乗り越えて大成してほしい」という、親の願いが込められているものが多いようです。

「兜」は厄災から身を守り、大成を願う柄

戦国武将が頭を守るために着用していたことから、「兜」は邪気や災いから身を守ってくれる道具であり、健やかな成長を願う柄といわれています。  豪華な装飾のある「兜」は、地位の高い武将が身に付けていたことから、立身出世や大成を願う意味も持っています。  

「軍配」にはより良い道へ進めるようにとの願いも

戦場で武将が兵を指揮するために使っていたのが「軍配」で、軍配団扇が正式名称です。組織を動かすリーダーのように知力や決断力、行動力のある人になって欲しい、人生の節目で進むべき道を間違えることなく、より良い道へと進めるようにという想いを表しています。

つかんだ幸運を離さないことを意味する「鷹」

遠くまで見渡せる目と、鋭い爪で素早く獲物を捕まえる「鷹」には、一度つかんだ幸運は決して離さないという意味があります。また、身分の高い人が鷹狩りを楽しんだことから、「立身出世」を願う意味もあります。

気高さの象徴であり大願成就の意味もある「龍」

昔の中国では「龍」は皇帝を意味し、気高さと威厳、栄光のシンボルでした。「昇り龍」でも知られているように、天に昇っていく「龍」の姿には、出世や飛躍の意味があり、大願成就の想いもが込められています。

「鯉」の滝登りのように成功を勝ち取ってほしい

「鯉」が滝登りをする柄は、中国の故事「急流である黄河の上流にある滝の竜門を登った鯉は龍になる」から、立身出世を意味するといわれています。また、滝登りのような厳しい状況にも耐え、苦難を乗り越えて成功を勝ち取って欲しいという願いも込められています。

福徳を招いてくれる、おめでたい柄の「宝尽くし」

「宝尽くし」は福徳を招く吉祥文様といわれていて、女性の着物の柄として多く見受けられますが、七五三では男の子の着物の柄として知られています。打ち出の小槌や宝巻き、宝珠など縁起が良いとされる宝物をいくつか組み合わせて描いたおめでたい柄です。

お金に困らない、どんな願いも叶う「打ち出の小槌」

一寸法師の物語に登場する「打ち出の小槌」。願い事を唱えながら小槌を振ると、欲しいものが出てくるという話から、お金や生活に困らない、どんな願いも叶うという意味があります。羽織の背面に大きく描かれるメインの柄ではなく、袖や裾などに描かれています。

男の子の七五三の着物には地紋にも意味がある

晴れ着となる七五三の着物には、地紋にも趣向を凝らしたものが多く、その柄にもさまざまな意味が込められています。

男の子の着物の場合は、武家に好まれたという「紗綾形」がよく使われています。

卍という字を連ねた「紗綾形」には、不断長久(絶えず長く続くこと)をという意味があり、家の繁栄や長寿などの願いが込められているそう。

地紋は光の加減や見る角度によって浮き出して見える姿が美しく、男の子の晴れ着にふさわしい品格と高級感を演出してくれます。

まとめ

着物を着るのは七五三と結婚式といわれるくらい、着物を着る機会が少ない男の子。
そのうちの貴重な一回ですから、着物の柄の持つ意味を知り、親として柄に込めたい想いを考えながら、お子さんにふさわしい晴れ着をしっかり選んであげたいものです。
また、五歳ともなると自分の好みも出てきますから、一緒に相談しながら選ぶのも楽しいかもしれません。

そんなふうに選んだ着物の柄について、いつか記念写真を見ながら振り返ってみるのも、きっと楽しいひとときになるのではないでしょうか。

LINE@友達登録で300円オフクーポン