PC

七五三の着付けは自宅でも出来る!5つの理由と押さえておきたい流れ

七五三

七五三の着付けは自宅でも出来る!5つの理由と押さえておきたい流れ

子どもの成長を祝う七五三。記念に着物を着せてあげたいけれど、自分で着付けるのは自信がないし、プロに頼むと費用がかかるし……。やっぱり着物はあきらめて洋服にしようか、そう考えてしまうママさんも多いようですが、ちょっと待って!七五三の着付けは想像以上に簡単に出来るようになっているので、初めての方でも大丈夫。では、どうすればママでも簡単に出来るのか、また、どんな流れで着付けるのかも説明しておきますので、思い切って七五三の着付けに挑戦してみませんか?

七五三の着付けをママがするならレンタルの着物がオススメ

七五三の着付けを自分でやろうと考えているママには、七五三の衣装と着付けに必要な小物がすべてセットになっているレンタルをオススメします。

七五三 七歳女の子の着付け 帯揚げをひと結び

レンタルの着物の場合、すでに肩上げがされているうえ、長襦袢にも半衿が付いているなど、着付け以前に準備しなければならないことが済んでいるため、届いた着物を着せるだけで済むのも大きな魅力です。

その代わり、サイズがあらかじめ決まってしまうので、自分の子どものサイズに合うのか、レンタルする前に必ず確認しましょう。

とくに数え年での七五三を考えている場合、サイズが大きい場合があるので気をつけて。

七五三の着付けが簡単にできるようになった5つの理由

レンタルの着物は着付けを簡単にできるようにと、さまざまな工夫が凝らされています。また、便利な小物を使っての裏技などもあるので、どんどん利用しましょう。

三歳の着付けに兵児帯を使わなくてもOK

三歳の女の子の七五三の場合、昔は兵児帯というやわらかい生地の帯を着物の上から結んでいました。

ところがいまでは、レンタルした着物にも長襦袢にも紐が縫い付けられているため、その紐を身八ツ口に通して、着物の前で結ぶだけ。上から被布を着せてしまえば、帯をしていなくても何の問題もありません。

兵児帯を結んでみたものの、蝶結びがうまくできなくて左右の長さがずれてしまう、子どもが動くと帯がどんどん下がってきてしまう、という心配もないため、自宅でも簡単に着付けることができます。

兵児帯が被布の下からチラッとのぞく姿が可愛い、被布を嫌がって脱いでしまうのが心配という方は、胴を二回りして蝶結びにするだけなので、兵児帯を結ぶのに挑戦してみてもいいでしょう。

五歳の男の子が履く袴にはサスペンダーを利用

七五三 五歳男の子の着付け サスペンダー

七五三の五歳の男の子の着付けで、もっとも気になるのは袴。履かせたこともなければ、普段さわったこともないという方がほとんどでしょう。

しっかり履かせたつもりでも、子どもはじっとしていてくれないため、時間がたつとどんどん下がってきて、袴の裾を引きずるのではないかという心配も。

実はそんな悩みを解消するため、袴をサスペンダーで吊ってしまうスタイルが多くなってきました。

きものレンタリエでも、七五三の五歳の男の子用着付けの小物として、あらかじめサスペンダーをセットしています。

五歳の男の子の衣装は、着物の上に羽織を着てしまうので、袴の結び目がきれいでなくてもわかりませんし、サスペンダーをつけていることも見えません。さらに、いくら動いても裾を引きずることにはなりませんから、サスペンダーがあれば、多少、袴の履かせ方がうまくいかなくても問題はありません。

七歳の女の子の着付けには結び帯を使用

七五三 七歳女の子の着付け 作り帯

七歳の女の子の着付けは、ほぼ大人の着付けと同じ。子ども用とはいえ生地が厚い袋帯は巻くのでさえ大変なのに、ちゃんと美しい形に結べるか、という不安を感じるママも多いと思います。

しかし、そんな心配はまったく無用。

いまの七五三の帯は胴に巻くだけの巻き帯と、あらかじめ形を作ってある結び帯に分かれています。そのため巻き帯を締めたら、結び帯を背中に差し込むだけで、華やかな帯結びが完成します。

大人と同じ着付けだから難しいと考えがちですが、少しでも着付けの知識がある人なら、なんとなく知っている行程のため、却って悩まずに着せてあげることができるでしょう。

腰ひもの代わりにマジックベルトを使う

着付けをする時に欠かせないのが腰ひもです。

腰ひもは名前の通り腰に締める紐のことですが、着物だけでなく長襦袢にも使いますし、補整で使用することも。

締める位置も腰だけではなく、胸ひもといってアンダーバストのあたりに締めて衿を押さえたり、仮ひもといって一時的な押さえに使ったりもします。

着付けの必需品ではありますが、締めた位置が微妙、締め過ぎて子どもが苦しがっているなど、結び直したいという場合はちょっと面倒です。

そこで、腰ひもの代わりにマジックベルトを使うことが多くなってきました。実際に腰ひも代わりに使える、子どもの着物用マジックベルトも販売されています。

何度も簡単に締め直せますし、ほどよく締まるため着くずれしにくく、伸縮性のある素材なら締め過ぎで子どもが苦しがるのも防げます。

動画を見ながらのリハーサルが可能に

いまはなんでも動画で見ることができる時代。

七五三の着物をレンタルすると、着付けの動画が説明書とともに付いていることも。また、七五三の着付け動画をインターネットにアップしているレンタルショップも多いでしょう。

そのため、説明書は付いてきたものの、昔のように文字ばかり、写真は載っているけれどイマイチ細かい部分がわからないということがありません。

まずは七五三の着付け動画を見て、自分にできるかどうかシミュレーションしてみるのもひとつの方法。

例えば、きものレンタリエなら七五三の衣装を7泊8日という長期間レンタルすることができるので、本番前に動画を見ながらリハーサルしてみることも可能です。

七五三の着付けの流れと押さえておきたいポイント

現在の七五三の着付けは自宅でも簡単に出来ることを紹介してきまたが、それでもまだ、子どもに着物を着せるか迷っているママのために、どんな行程で着付けるのかを簡単に説明しておきましょう。

着付けの流れがわかっていれば、あとは動画や説明書を見ながら、細かい部分にも注意して丁寧に着せてあげるだけ。ぜひ参考にしてみてください。

七五三の着付け 三歳の女の子の流れ

三歳被布着物

1 着付けする前に足袋を履かせて、下着または肌襦袢を着せる。

2 長襦袢は背中の中心を合わせて、袖に片方ずつ腕を通して着せる。

3 着物を着せたら袖に合わせて整え、付いている紐を結ぶ。

4 被布を着せてボタンをとめれば出来上がり。

七五三 三歳の女の子の詳しい着付け方はコチラ

七五三の着付け 五歳の男の子の流れ

七五三 五歳 羽織袴 肩上げ

1 着付けする前に足袋を履かせて、下着または肌襦袢を着せる。

2 襦袢を着せて胸ひもを結ぶ。

3 着物を着せたら、襦袢の衿を少し出して胸ひもを結ぶ。

4 角帯を結ぶ。

5 袴を履かせて前紐を結ぶ。

6 袴の後ろ紐を結ぶ。

7 お守りは袴の前紐に通して袴の中にしまう。

8 羽織を着せて懐剣を帯の間に挟み、扇子を差し込む。

七五三 五歳の男の子の詳しい着付け方はコチラ

七五三の着付け 七歳の女の子の流れ

七五三 七歳 着物

1 足袋と裾よけ、肌襦袢を着せる。

2 帯を締める位置にタオルで補正する。

3 長襦袢を着せて腰紐を締める。

4 着物を着せて前後のおはしょりを整える。

5 胸紐をつけて、伊達締めを締める。

6 巻き帯と結び帯をつける。

7 帯揚げ、帯締め、志古貴をつける。

8 筥迫を胸元から見えるように差込み、扇子を帯締めに挟む。

七五三 七歳の女の子の詳しい着付け方はコチラ

まとめ

七五三の着物を簡単に着付ける方法や、大まかな着付けの流れはわかりましたか?

想像していた以上に簡単だったのではないでしょうか。

せっかくの着物が着られる機会ですから、すぐにあきらめてしまうのではなく、どうしたら子どもに七五三の着物を着せてあげることができるのかを、前向きに考えてみましょう。

ママが七五三の着付けに初挑戦したことも、子どもの麗しい七五三の着物姿も、きっとステキな家族の思い出になるはずです。