PC

七五三の三歳にふさわしい着物とは?必要なアイテムもしっかり確認を

七五三

七五三の被布着物を着た女の子

七五三での三歳の晴れ着といえば着物に被布を合わせたスタイル。
七五三の三歳は女の子の行事だと思われがちですが、昔から男の子を祝う地域もあり、最近は男の子を祝うご家庭が増えています。
また、男の子でも三歳なら着物と被布を着せるケースが増えてきました。
そこで今回は、七五三の三歳にふさわしい着物と必要なアイテムを併せて紹介します。

七五三着物レンタル

知っておきたい七五三「三歳」の基礎知識

黄色の訪問着を着た女性と赤の七五三被布を着た女の子とグレーのスーツを着た男性

七五三といえば、子どもの成長を祝う伝統行事です。
三歳でお祝いをする由来は、髪置きの儀が由来で、お祝いをする年齢は昔は数え年でしたが、現在は満年齢でもOK。三歳の七五三といえば女の子だけというイメージもありますが、地域によっては男の子も三歳でお祝いする場合があります。
詳しくご説明致します。

三歳の七五三は「髪置きの儀」が由来

七五三の三歳のお祝いは、「髪置きの儀」がルーツといわれています。

平安時代には、男女ともに生後7日目には髪を剃り丸坊主にして、三歳まで育てるという風習がありました。こうすることで頭を清潔に保つことができて病気の予防になること、また、健康な髪が生えてくるようになるとも信じられていました。

そして、三歳の春を迎える頃に「髪置きの儀」を行い、ここまでの成長を祝い、髪の毛を伸ばし始めるのだそうです。

この儀式が七五三で三歳をお祝いするようになった由来ではないかといわれています。

昔は数え年だったが今は満年齢でもOK

昔の七五三は数え年の三歳でお祝いするのが一般的でした。
そのため、いまでも数え年で行うべきか、満年齢で行うべきかと悩む方が多いようですが、どちらでお祝いしても問題はありません。

三歳といえば子どもによっては成長の度合いが異なるため、数え年か、満年齢かは、お子さんの体格や健康状態などを考慮して、無理のないほうを選ぶご家庭が多いようです。

七五三で三歳の男の子をお祝いする地域も

三歳の七五三は女の子だけと思っている方も多いと思いますが、実は西日本では三歳の男の子をお祝いする地域もあります。

最近では、地域に関係なく子どもの健やかな成長記録のひとつとして三歳の男の子を祝うご家庭が増えています。男女に関係なく三歳という可愛い時期を記念に残しておきたいと考える親御さんが多いようです。

そんな要望に合わせて、三歳の男の子の衣裳をレンタルできるショップも増え始めており、きものレンタリエでも三歳の男の子用の七五三の晴れ着をご用意しています。

三歳の七五三をお祝いする方法

七五三の被布着物を着て参拝する女の子

七五三当日は神社やお寺にお参りしてご祈祷を受けるなど、子どものこれまでの成長に感謝し、今後の健やかな成長を祈願します。

そのあとに、記念撮影、食事会という流れが一般的です。

記念撮影は写真館やスタジオ撮影、出張撮影などを利用するのが主流。
ご家族が撮った写真も記念にはなりますが、やはりプロにお願いしたほうがステキな記念写真を残せると考える方が多いようです。

食事会はレストランを予約したり、自宅にお祝い膳を運んでもらうなどして、参加してくれた両家の祖父母などと一緒に楽しみます。

七五三で三歳が着る晴れ着とは

七五三の晴れ着は和装でと考えるご家庭が多いと思いますが、その場合、購入するか、レンタルするかによって、費用や準備も異なります。
上にきょうだいがいる場合は、手持ちの晴れ着を下の子に着せることもあるでしょう。

また、晴れ着は和装、洋装は問いませんが、普段着のようなカジュアルすぎる服装はマナー違反になるので避けたほうがよいでしょう。

着物を購入orレンタルした場合の相場

三歳の七五三の着物を一式セットで購入する場合、1万円~3万円程度が主流。
さらに、ブランドものや高級素材、小物の豪華さなどにより価格は高くなります。

レンタルの着物も一式セットになっているものがほとんどで、主に呉服店やネットショップなどでもレンタルできます。

レンタルの相場は5000円~1万円といわれていますが、きものレンタリエの場合は4950円~12800円と幅広い価格帯で晴れ着を用意しています。

着物を着ない場合の晴れ着とは

七五三の晴れ着は着物でなければいけないという決まりはありません。
とくに三歳の男の子の場合、じっとしていてくれないことが多いので、洋装のほうが着物を汚す心配もなく、本人も過ごしやすいのでは。

では、洋装の場合はどんな服装をすればいいのでしょうか。

例えば、男の子はスーツやシャツとズボン、女の子はワンピースやブラウスにスカートなどが七五三の定番ファッション。

男の子ならタキシード風、女の子ならドレス風のフォーマル感のある装いで、晴れ着らしさを楽しんでみるのもオススメです。

三歳の七五三にふさわしい着物とは

三歳七五三の着物は女の子は被布、男の子は被布、または羽織袴。
被布は男女ともに構造が同じで、着付けが初めての方でも着せやすいです。

三歳の七五三で着物を着る場合、女の子は着物の上に被布を着るのが定番です。
男の子は、女の子と同じ被布スタイルか、羽織袴を着用します。被布着物は着物を着せたことが無い方でも簡単に着付けが可能で人気です。

着物の上に被布を羽織るのが定番スタイル

七五三(三歳)|【乙葉】赤着物×ピンク被布|W-G-3-11 七五三(三歳)|【乙葉】吉祥文様柄の紺着物×水色被布|W-B-3-30

七五三の三歳の晴れ着は、身丈の3倍の布を裁つことから「三つ身」と呼ばれる着物に、やわらかい兵児帯(へこおび)を巻き、その上から被布という袖のない上衣を着るのが定番スタイル。

着付けが簡単で、帯の締め付けがないためお腹を圧迫することもなく、着崩れもしにくいため、着物を着慣れない子どもにも安心して着せられるのが特徴です。

男の子の場合も伝統的な羽織袴スタイルに加えて、最近は着せやすくて本人も動きまわれる被布スタイルが人気を集めています。羽織の代わりに陣羽織や裃(かみしも)を着るスタイルもあります。

素材は洗濯しやすいポリエステルが人気

七五三の着物の素材には正絹とポリエステルがあります。

肌触りが良くて着心地がよいのはシルク100%の正絹の着物ですが、購入する場合、価格は高くなります。それでも、昔は一生に一度の記念だからこそ高級感のある上質のものを手元に残したいと、正絹を選ぶ方が主流でした。

一方、ポリエステルは価格がお手頃で、汚れても自宅で洗濯できるのが大きな魅力。
最近は一見するとシルクかポリエステルかわからない物も多いため、実用的なことを考えて、ポリエステルの着物を購入するケースが増えているようです。

女の子の着物の代表的な柄

七五三の三歳女の子の被布着物の柄

女の子の着物はカラフルで愛らしい柄が特徴です。
着物の文様にも意味があるので、それを理解して選ぶのもひとつの方法です。

桜や牡丹などの「花」

「花」の文様は女の子の着物にもっとも多い柄。日本の国花であり五穀豊穣を意味する「桜」、高貴さや富貴さを表す「牡丹」など様々な花の柄があります。

生命力を表す「松竹梅」

真冬でも深緑の葉をつける「松」。一年中みずみずしい青い葉をつける「竹」。寒い冬を耐えて春にはいち早く花開く「梅」。「松竹梅」には忍耐力と力強い生命力という意味があります。

無限を意味する「丸文」

終わりのない無限の状態を表す縁起のよい文様が「丸分」です。丸の中に花を描いた「花丸文」には花のように愛される女性に育ってほしいという願いが込められています。

美しく生成長する「蝶」

卵から幼虫、さなぎへと変容して、最後には美しい姿に成長する「蝶」の柄にも、女性として健やかに美しく成長してほしいという願いが込められています。

発展や繁栄の象徴「扇」

「扇」が末広がりの形をしていることから、富の象徴や発展、繁栄の意味があるといわれる縁起の良い文様です。扇の紙面には美しい花々が描かれている柄が多いようです。

平穏無事を表す「鞠」

平安時代の貴族の遊び道具だった「鞠」には高貴なものという意味の他、「何があっても丸く収まりますように」「丸々と健やかに育ちますように」という、平穏無事に健やかに育ってほしいという願いも込められています。

ご縁に恵まれる「束ね熨斗」

熨斗アワビを表した文様で、細長い帯状に文様化したものを何本も束ねた「束ね熨斗」は、人とのご縁に恵まれ、祝福されて、幸せを周囲と分かち合えるようにとの願いが込められています。

男の子の着物の代表的な柄

七五三の三歳男の子の被布着物と羽織袴

男の子の着物の色は黒や紺が主流でしたが、最近は白や水色、赤や緑なども人気です。
柄は見た目のカッコよさで選びがちですが、文様のもつ意味を知り、親としての想いが重なる柄を選んでみてはいかがでしょうか。

大願成就を意味する「龍」

気高さと威厳、栄光のシンボルといわれる「龍」。「龍」が天に昇っていく姿には、出世や飛躍の意味があり、大願成就の願いが込められています。

つかんだ幸運を離さない「鷹」

遠くまで見渡せる目と、鋭い爪で素早く獲物を捕まえる「鷹」には、一度つかんだ幸運は決して離さないという意味があります。

立身出世を意味する「鯉」

「鯉」が滝登りをする柄は立身出世を意味しています。また、滝登りのような厳しい状況にも耐え、苦難を乗り越えて成功を勝ち取って欲しいという願いも込められています。

「兜」は厄災から身を守る

戦国武将が頭を守るために着用していたことから、「兜」は邪気や災いから身を守ってくれる道具であり、健やかな成長を願う柄といわれています。

より良い道へと導く「軍配」

戦場で武将が兵を指揮するために使っていたのが「軍配」で、知力や決断力、行動力のある人になって欲しい、人生の節目でより良い道へと進めるようにという願いを表しています。

福徳を招く「宝尽くし」

「宝尽くし」は福徳を招く吉祥文様といわれていて、打ち出の小槌や宝巻き、宝珠など縁起が良いとされる宝物をいくつか組み合わせて描いたおめでたい柄です。

お金に困らない「打ち出の小槌」

一寸法師に登場する「打ち出の小槌」。願い事を唱えながら小槌を振ると欲しいものが出てくるという話から、お金や生活に困らない、どんな願いも叶うという意味があります。

三歳の七五三の着物の着せ方

七五三の被布着物を着た女の子

被布スタイルは着付けが簡単で、着物を着せたことのないママやパパでも簡単に着せてあげることができます。

三歳の七五三の着物と被布の着せ方動画

三歳の七五三の着物と被布の着せ方

1 肌襦袢または肌着を着せます。
2 足袋をはかせます。履かせやすいソックスタイプがオススメです。
3 左手を上前、右手を下にして、長襦袢を着せます。
4 長襦袢の衿合わせと同じように着物を着せます。
5 兵児帯を結びます。結ばなくても大丈夫です。
6 着物の上から被布を着せます。

三歳の七五三で着物を着るために必要なアイテム

七五三の三歳で必要なものは着物と被布と長襦袢と巾着と草履と髪飾りと腰紐

三歳の七五三を着物で祝う場合に必要なアイテムは着物と被布(ひふ)と長襦袢と草履をメインに、中に着る肌着、足袋、着付ける際に必要な腰紐、兵児帯(あれば)、髪飾り、巾着やバッグです。
被布スタイルであれば、男の子も女の子も準備するアイテムはほとんど同じです。

七五三の晴れ着は購入する場合も、レンタルする場合も、必要なアイテムはセットになっていることがほとんどですが、親戚や友人からのおさがり、フリマアプリなどで購入する場合などは、足りないアイテムがないか、事前に確認しておくことが大切です。

七五三着物レンタル

着物

三歳の場合は「三つ身」という子供用サイズの着物を着ます。
さらなる成長を願って、また、子どもの身長や腕の長さなどに合わせて、肩上げ腰上げが必要です。
お宮参りのときの「一つ身」の着物がまだ着られるなら、それを仕立て直す方法もあります。

被布(ひふ)

被布は、着物の上に着る羽織りものの一種で、ベストのように袖がなく、衿が付いているのが特徴。
三歳の場合は、着物の上にこの被布を重ねて着るスタイルが基本です。

兵児帯(へこおび)

兵児帯は、着物の上から結んで着付けるための帯。
柔らかいためお腹を圧迫せず楽に過ごせます。
最近の七五三用の着物には着付けるための紐がついているため、必要ない場合もあります。

肌襦袢(はだじゅばん)や肌着

肌襦袢(肌着)は、肌の上に直接着用する和装用アンダーウエアで、長襦袢や着物に汗や汚れが付くのを防ぎます。
肌襦袢がない場合は、普段着用している肌着でも大丈夫です。

半衿付き長襦袢

長襦袢は、肌着の上に着ることで、汗や垢などで着物が汚れるのを防ぎます。
色柄物や刺繍が施された半衿付きの長襦袢ならおしゃれなアクセントになります。

腰ひも

腰紐は、長襦袢や着物を着付けるときに使用するひも。
使用する本数は体型などによって変わりますが、3本程度は持っていると便利。

足袋

足袋は、白い足袋が基本ですが、三歳の場合は、伸縮性が良くて履きやすいソックスタイプがオススメです。

草履

草履は、ぽっくりも可愛いですが、歩きづらいため草履の方がよいでしょう。
新品の草履は鼻緒が硬いので鼻緒を軽く引っ張ってほぐし、試し履きを何度もしておくことが大切。

バッグ

コーディネートをより可愛く見せるための装飾品として重宝するのがバッグ。
着物の色柄に合った巾着バッグや草履とお揃いなど、アクセントになるものを。

髪飾り

女の子の場合は、花の形やリボンなどの髪飾りで愛らしく装いましょう。
三歳だと髪が細く、毛の量も少ないので、ピン型の髪飾りなど長時間固定しやすいものを。

三歳の七五三当日に必要なもの&便利なもの

着物の準備が整ったなら、次は神社へ参拝に行くときに必要なものを確認します。
慣れない着物姿や待ち時間の長い参拝などを、できるだけトラブルなく、お子さんが機嫌よく過ごせるように必要なものを準備しておきましょう。

着替え

慣れない着物を早く脱ぎたいと言い出した場合や、レンタルしているなど着物が汚れるのは避けたいために早く着替えさせたい場合など、着替えは必要になる可能性大。

履きなれた靴と靴下

草履の鼻緒が擦れて足が痛くなることも。神社の境内は靴で歩いて、祝詞を上げてもらうときや記念撮影の時だけ草履に履き替えさせるのもひとつの方法です。

ハンドタオル

帯が下がって着崩れするのを防ぐのにはハンドタオルが便利。帯と胴の間にハンドタオルを挟むことで、帯が下がるのを防げます。

ヘアピン

子どもの毛は柔らかくて毛量も少ないので、せっかくの髪型もくずれてしまいがち。髪型を直すことを考えて、ヘアピンも数本は用意しておくと便利。

防寒着

11月も中旬になると寒い可能性もあります。神社での待ち時間などにストールが一枚あると便利。出かける前から肌寒いようなら、レギンスを着物の下に履かせてもいいでしょう。

洗濯ばさみやクリップ

しゃがむと着物の袖が地面や床についたり、手を伸ばした際にも邪魔になりがち。そんな場合に役立ちます。トイレのときには、着物の裾をたくし上げて固定してあげましょう。

絆創膏

履き慣れない草履で、足が擦れて皮膚がめくれたり、血が出てしまった場合の応急処置に。

ストロー付きの水筒

外出先での水分補給に役立つのがストロー付きの水筒。ペットボトル飲料にストローを挿して飲もうとするとこぼしてしまうこともあるため、しっかりフタが閉まる水筒で対応を。

お気に入りのお菓子

キャンディやグミなど、ひと口で食べられるお気に入りのお菓子を準備しておくと、ご機嫌ななめのときに、機嫌をとることができます。

お気に入りのおもちゃ

記念撮影でなかなか笑顔が出ないときに、愛着のあるぬいぐるみやお人形などがあると、笑顔になってくれる可能性大。

ビニール袋

履き替えた草履や、汚れたタオル、食事後のエプロンなどを入れるため、ビニール袋は数枚用意しておきましょう。

折りたためる大きめのバッグ

神社からの授与品を入れたり、着物の上に羽織っていたストールをしまうなど、荷物をひとまとめにできる大きめのバッグが便利。使わない時はコンパクトに折りたためるものを。

食事用エプロンや大きめのタオル

参拝後に家族で会食する場合は、着物の上から着用できるエプロンやスモックを。防水機能付きだとさらに便利。エプロンがない場合は、大きめのタオルで代用を。

三歳の七五三の着物にはレンタルを利用しよう!

七五三(三歳)|【乙葉】赤着物×ピンク被布|W-G-3-11 七五三(三歳)|【乙葉】吉祥文様柄の紺着物×水色被布|W-B-3-30

初めての三歳の七五三は、ぜひ着物でという場合には、レンタルが便利です。

七五三(三歳)|【乙葉】赤着物×ピンク被布|W-G-3-11
七五三(三歳)|【乙葉】吉祥文様柄の紺着物×水色被布|W-B-3-30

必要なものがすべて揃うレンタルが便利

着物と被布に加えて、着付けに必要な肌着や小物、装飾品まで、すべてが揃うセットを選べば、準備に時間を取られる必要はありません。

着物の種類も豊富なため、お子さんに似合う素敵な晴れ着がきっと見つかるはず。

着せ方がわからないという方のために、着物の着せ方の説明書きが同封されていることも多いようです。

7泊8日のゆったりレンタルでリハーサルも可能

きものレンタリエの七五三の晴れ着は、必要なものすべてがセットで揃うだけでなく、7泊8日でゆったりレンタルできるから、事前に着物を着せてリハーサルしてみることも可能です。

あとは七五三当日、スムーズに参拝したり、着物を汚さないようにするために必要なものを準備するだけ。忙しいママやパパには、レンタルの利用をオススメします。

七五三着物レンタル

まとめ

七五三で着る三歳の着物は、男女ともに着物に被布を合わせたスタイルが主流。男の子の場合は、羽織袴も着用することができます。

また、着物を着る場合は必要なアイテムが数多くあるので、購入する場合もレンタルする場合も、小物がセットになっているものをしっかりと吟味して選びましょう。

七五三の当日に持参したいものも数多くあります。
当日になって慌てないように、この記事を参考にして必要なものをしっかりチェック。事前に準備しておくとスムーズに動くことが出来るはずです。

【関連記事】
七五三の「三歳」着物で必要なものとは?
七五三の「五歳」着物で必要なものとは?
七五三の「七歳」着物で必要なものとは?

七五三の三歳にふさわしい着物とは?必要なアイテムもしっかり確認を
男の子の七五三は3歳も地域によっては行うってホント?

七五三を男の子がお祝いする年齢は?五歳だけでなく三歳も主流に
七五三は男の子も7歳をお祝いするもの?気になる最近の傾向とは

七五三は何する?流れや・準備するべきもの・いまからでも間に合うやり方
七五三の流れ お得な7泊8日の着物レンタルを利用した場合
七五三で失敗しないために!先輩ママに学ぶ、やってはいけない5つのこと

七五三はいつ?ベストな時期とおすすめの日程紹介
七五三は時期外れに行っても大丈夫?シーズンを避けたい理由とメリットとは

七五三の着付けは自宅でも出来る!5つの理由と押さえておきたい流れ
【七五三の着付け】三歳の女の子に自分で着物を着せるには?/動画付
【七五三の着付け】5歳 男の子の羽織袴着物を着せるには?/動画付
【七五三の着付け】七歳の女の子に自分で着物を着せるには?/動画付


七五三でサイズの合った着物を選ぶには?採寸の仕方と注意ポイント
七五三の着物は購入?レンタル?それぞれのメリット・デメリットとは
産着を七五三の着物に仕立て直し方はある?自分でも可能?どこで出来るの?

七五三の着物 似合う色はどう選ぶ? 男の子編
七五三の着物 似合う色はどう選ぶ? 女の子編
七五三の着物の柄に込められた意味や願いとは?男の子の場合
七五三の着物の柄に込められた意味や願いとは?女の子の場合
七五三で着物ブランドの人気はどれ?三歳、五歳、七歳のオススメを紹介
七五三のブランド着物「ラフィネココ」のモダンなデザインが話題に

七五三の母親の着物 基本マナー、選び方のポイント

四つ身とは?子どもの着物の違いについてご紹介します!

LINE@友達登録で300円オフクーポン