PC

【七五三の着付け/動画付】自宅で自分で着付け 五歳男の子の羽織袴

七五三

七五三は凛々しい晴れ着姿で迎えさせてあげたい!五歳の男の子のママなら誰でも思うことではないでしょうか。 問題は着付けですよね。とくに男の子の場合、袴を履かせることもあり、普段馴染みがないため躊躇しているご家族も多いようですが、着付け方さえわかれば決して難しいことではありません。 この記事では「七五三の着付け 五歳の男の子編」と銘打って、詳しい着付け方を紹介しますので、お子さんのためにもチャレンジしてみましょう。

目次

七五三の着付けをするのに必要なもの!五歳の男の子の場合

着付けを始める前に、まずは必要なものが準備できているかをチェックしましょう。

□着物(肩上げ済)

□羽織(肩上げ済)

□袴(紐下のサイズの長さが適切なもの)

□半衿付き長襦袢(肩上げ済)

□角帯

□腰ひも

□サスペンダー(サスペンダーは着崩れ防止でつけているので、必須ではありません)

□足袋

□羽織紐

□草履

□お守り

□懐剣

□扇子

□必要に応じて補正用のフェイスタオル

□あれば便利 洗濯バサミ(着付けの時、衿を一時固定するのにあると便利です)

七五三 五歳 男の子 羽織袴 必要なもの 着物 羽織 袴
七五三 五歳 男の子 羽織袴 必要なもの 襦袢 肌着 羽織紐
七五三 五歳 男の子 羽織袴 必要なもの 角帯 腰紐 足袋 草履
サスペンダーは着崩れ防止でつけているので、必須ではありません

七五三の晴れ着を着付ける前にすませておくこととは?

着付けを始める前に、次のことを先に済ませておきましょう。

●着慣れているアンダーウエアを着せてあげましょう。

肌襦袢でなくても大丈夫。できればVネックが深いシャツか、U首のシャツを。

●足袋も履かせておきます。

●着付けが出来たらすぐに出かけられるように、髪型は着付けの前に整えてあげましょう。

●トイレは必ずすませておきましょう。

七五三の着付け 五歳の男の子編

着付け動画 七五三の着付け 五歳の男の子

【体型の補正】※省略可能

ハンドタオル(色付きのものでもOK)を巻いてお腹まわりの補正をします。

七五三 五歳男の子の着付け 補正
七五三 五歳男の子の着付け 補正

長襦袢を着せる

長襦袢は左側が前に来るように合わせます。(着せる人から見て、右側を前に着せます。)

七五三 五歳男の子の着付け 襦袢

子どもに長襦袢を手で押さえてもらいます。難しければ腰ひもで結んで固定してもOK。

七五三 五歳男の子の着付け 襦袢

着物を着せる

長襦袢と同じように左側が前に来るように着物を着せます。

七五三 五歳男の子の着付け 襦袢

着物と襦袢を整えます。

襦袢の袖が着物の袖にきれいに収まるように気をつけます。

後ろ側を着物用クリップまたは洗濯ばさみで固定するとラクです。

七五三 五歳男の子の着付け 着物

長襦袢の衿は1cmほど着物から出します。この時、長襦袢の衿をあまりきつくしないように気をつけて。

七五三 五歳男の子の着付け 着物

腰ひもで固定。腰ひもでしばった部分の着物のシワを伸ばします。

七五三 五歳男の子の着付け 着物
七五三 五歳男の子の着付け 着物

角帯を巻きます。手先を30cmほど残して胴に二巻きします。

七五三 五歳男の子の着付け 角帯

帯を手先が上になるようにひと結びします。

七五三 五歳男の子の着付け 角帯

たれを約15cmで内側にたたみ、それを背中にセット。そこに手先を巻き付けます。

七五三 五歳男の子の着付け 角帯
七五三 五歳男の子の着付け 角帯
七五三 五歳男の子の着付け 角帯

余った手先は帯の間に入れます。

七五三 五歳男の子の着付け 角帯
七五三 五歳男の子の着付け 角帯

帯の形を整えれば帯結びは完成です。

七五三 五歳男の子の着付け 角帯

袴を履かせる

七五三 五歳男の子の着付け 袴

袴の上側に帯が1cmほど見えるように袴の紐を結びます。

七五三 五歳男の子の着付け 袴

帯の結び目に袴の紐を交差させます。

七五三 五歳男の子の着付け 袴

紐を脇でもう一度交差させて、後ろにまわし帯の下で結びます。

七五三 五歳男の子の着付け 袴
七五三 五歳男の子の着付け 袴
七五三 五歳男の子の着付け 袴
七五三 五歳男の子の着付け 袴

袴の後ろ部分を背中に付けます。腰板についているヘラを帯に差し込みます。(ヘラがいていない場合は、帯の上にのせて次へ)

七五三 五歳男の子の着付け 袴
七五三 五歳男の子の着付け 袴

袴の腰板を帯にのせ、後ろの紐を前にまわします。まわした紐にお守りを通します。

七五三 五歳男の子の着付け 袴
七五三 五歳男の子の着付け 袴
七五三 五歳男の子の着付け 袴

次に紐を前で交差させます。着付けた人の右側の紐が上に来るようにします。交差した上側の紐を下からくぐらせます。

七五三 五歳男の子の着付け 袴
七五三 五歳男の子の着付け 袴
七五三 五歳男の子の着付け 袴

反対側の紐を7cmに折りたたみます。そこに上の紐を巻き付けていきます。

七五三 五歳男の子の着付け 袴
七五三 五歳男の子の着付け 袴

最後に巻き付けのときに形が十字になるように調整したら、袴の着付けは完成です。

七五三 五歳男の子の着付け 袴

袴にサスペンダーをつけます

次に袴のずれ落ち防止のために、袴にサスペンダーをつけます。帯につけてしまわないように気をつけて。

七五三 五歳男の子の着付け サスペンダー
七五三 五歳男の子の着付け サスペンダー

袴の紐に懐剣を差し込みます。

七五三 五歳男の子の着付け 懐剣

羽織を着せる

七五三 五歳男の子の着付け 羽織紐

羽織紐をつける

羽織の衿口の輪につけます

七五三 五歳男の子の着付け 羽織紐
七五三 五歳男の子の着付け 羽織紐

草履を履かせて、最後に扇子(末広)を懐剣の隣に挟みます。

七五三 五歳男の子の着付け 草履
七五三 五歳男の子の着付け 草履

まとめ

いかがでしたか?

「七五三の着付け 五歳の男の子編」の順番通りに、落ち着いて丁寧に着付けていけば、凛々しい晴れ着姿の男の子が出来上がります。

ママの手で子どもの晴れ姿を作り上げることが出来たと思えば、七五三を迎える喜びも一入ではないでしょうか。

きものレンタリエなら七五三の衣装を7泊8日という長期間レンタルすることができるので、本番前に動画を見ながらリハーサルしてみることも可能です。