PC

お宮参りには何をする?当日の流れや準備の仕方、知っておきたい風習とは

お宮参り

お宮参りで黒い産着を着て赤ちゃんを抱っこする女性とスーツ姿の男性

お宮参りに何をするかといえば、参拝、記念撮影、会食が一般的ですが、初めての場合、お宮参りって何するの?時期はいつ?服装は?と、わからないことばかりでないでしょうか。
そこで、お宮参りには何をどうすればいいのか、当日の流れを具体的に説明しながら、準備の仕方や服装、知っておきたい風習などについても紹介します。

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3泊4日3,400円〜往復送料無料

お宮参りには何をする?

赤い産着を着た女性と黒いスーツを着た女性と白い服を着た赤ちゃん

お宮参りは赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を願う伝統行事です。

生まれた土地の守り神である産土神(うぶすながみ)様や、住んでいる土地の守り神である氏神様にお参りをして、赤ちゃんが無事に誕生したことを感謝し、これからの健やかな成長を祈願します。

もともとは出産した後に神様に参拝する「産土詣(うぶすなもうで)」という風習が起源といわれていて、鎌倉時代に始まり、室町時代には通過儀礼として定着。「お宮参り」と呼ばれるようになったといわれています。

赤ちゃんが初めて神様にお参りすることから、「初宮参り(はつみやまいり)」や「初宮詣で(はつみやもうで)」とも呼ばれています。

お宮参りにはいつ行く?

お宮参りにはいつ行くのかというと、赤ちゃんが誕生した日を1日目と数えて、男の子なら生後31日目~32日目、女の子なら生後32日目~33日目の地域が多いようです。

しかし現在は、お宮参りの日程に厳格な決まりはなく、生後1ヵ月頃を目安として、お宮参りを行うケースが増えています。

地域によっては生後100日目~120日目前後に「お食い初め(百日祝い)」と一緒にお宮参りをする場合や、気候に合わせて時期をずらすケースもあります。

お宮参り当日に行うこととは?

現在のお宮参りは昔ながらの風習にとらわれることなく、各家庭の都合に合わせて行われています。

一般的なお宮参りの流れを知ったうえで、ご自分たちに合わせた予定を立てましょう。

神社への参拝やご祈祷

一般的なお宮参りでは、神社に参拝してご祈祷を受けます。

赤ちゃんやママの体調、気候や天候などによっては参拝だけで済ませてもかまいませんが、ご祈祷を受けるのが一般的です。

赤ちゃんが無事に生まれてきたことに感謝し、これからの健やかな成長を祈りましょう。

記念撮影

赤ちゃんにとっても家族にとっても、お宮参りは一生に一度しかない大切な行事です。
両家の祖父母も参加するなど、家族が揃う数少ない機会でもありますから、記念写真は必ず撮影しておきましょう。

出張撮影をお願いしたり、参拝後や別日に写真スタジオなどで撮影する方法があります。

お宮参りや食事会の様子は自分たちで撮影して、記念撮影は写真スタジオでプロにお願いするケースが多いようです。

食事会や挨拶まわり

神社でご祈祷していただいたあとは食事会を開くことが多く、レストランや料亭などでお祝いする場合や、自宅で赤ちゃんのお披露目会を行うことも。

地域やご家庭によっては近隣の方や親戚を集めてお祝いの食事会を開いたり、挨拶まわりをする場合もあるでしょう。お住まいの地域や家ならではの風習があるかは、事前に確認しておくことが大切です。

お宮参りの風習やマナーとは?

お宮参りは日本の伝統的な行事のため、初めての方は慣れない風習に驚くことも。
まずは、お宮参りの基本的なマナーやしきたりを知り、注意が必要なポイントは押さえておきましょう。

初穂料はのし袋に入れて納める

神社でご祈祷を受ける場は、「初穂料」と呼ばれる謝礼を納めるのがマナーです。
相場は5,000円~1万円といわれていますが、神社によっては金額が決まっていることもあるので事前に確認を。

用意した初穂料は紅白の水引が蝶結びになっているのし袋に入れます。
蝶結びの水引は「何度あってもうれしいこと」に使用しますが、反対に結び切りやあわじ結びの水引は「二度とあってほしくないこと」に使用するため、お宮参りにはNG。

のし袋を用意できなかった場合は白封筒で代用。のし袋や白封筒の上部に「御初穂料」、下部に赤ちゃんの名前を記入するのが正式な書き方となります。

誰が赤ちゃんを抱っこするかは相談を

着物を着て赤い産着を着た女性と赤ちゃんと緑の着物を着た女性

昔は出血をともなう出産は穢れとして忌み嫌われていたことから、「お宮参りでは穢れのある母親が赤ちゃんを抱っこしてはいけない」といわれていました。
そのため、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするのがしきたりでした。

しかし最近では、ママが赤ちゃんを抱っこするケースが増えています。
核家族が多いためお宮参りに祖父母は参加しないご家庭が増えたことや、祖母からも「膝や腰が痛くて、孫を抱っこするのは辛い」という声があるのも理由のようです。

一方で、住んでいる地域や祖父母が伝統を重んじる場合もあるため、誰が赤ちゃんを抱っこするのかは、事前に相談しておきましょう。

お宮参りの風習は地域によって異なる

実はお宮参りの風習は地域によって異なります。

例えば、近畿地方や中部地方で行われる「紐銭(帯銭)」は、親戚や近所の方からのご祝儀を赤ちゃんの着物に結びつけるというもの。紐銭の相場は1000円、3000円、5000円といわれています。

石川県では、出産した場所や婚家の近くの神社に、赤ちゃんを抱いた父方の祖母と付き添いのママが一緒に参拝します。

岐阜県ではお宮参りに仲人が同行。山梨県では生後30日目~50日目に奇数の人数で付き添って、お宮参りを行うという風習も。

これはほんの一例ですが、自分たちの住んでいる地域にはどんな風習があるのか、予め調べておくといいでしょう。もしもわからない場合には、地域の方に相談してみては。

お祝い金や紐銭へのお返しは不要

前述した「紐銭(帯銭)」には「赤ちゃんへの初めてのお小遣い」という意味があるため、お返しは必要ありません。
ただし、相場以上の金額をいただいた場合には、お菓子や日用品など、先方に負担にならないものをお返しに贈りましょう。

また、お宮参りは身内の行事なので、祖父母からのお祝い金にもお返しは不要とされています。とはいえ、義両親に対して何も返さないのが気になるようなら、食事会にお招きするという形でお礼をするのもひとつの方法です。

ママやパパの兄弟や親戚、友人などは、お宮参りのお祝い金を贈る必要はありません。
ですが、お祝いの気持ちを伝えたいからと、思いがけずお祝い金をいただくことも。そんな時には、お宮参りの写真とともに、お菓子や日用品などでお返しすることをオススメします。

お宮参りの服装には何を着る?

お宮参りでは、赤ちゃんに「祝着」や「セレモニードレス」といった晴れ着を着せるのが一般的。

ご家族の服装は主役の赤ちゃんと同格の装いが基本。主役を引き立てるような上品で控えめなフォーマルスタイルであることがマナーです。
カジュアル過ぎる服装は避けたほうがよいでしょう。

ここでは実際にお宮参りで着る服装について、詳しく解説しましょう。

赤ちゃんの服装

白い産着を着た赤ちゃん

赤ちゃんのお宮参りでの正式な服装は「産着(初着)」と呼ばれる、「白羽二重」の着物の上に「祝着」を掛けた和装です。
最近は白羽二重の代わりにベビードレスを着せて、その上に祝着を羽織るスタイルが主流。

洋装の場合は、セレモニードレスが一般的です。

赤ちゃんの祝着は、昔は母方の実家が外孫のために用意するものとされていましたが、最近はママやパパが気に入った祝着をレンタルするのが一般的。
費用をお祝い代わりに祖父母に負担してもらうご家庭もあるようです。

ママや祖母の服装

紺色の産着を着た女性

家族の服装は、主役である赤ちゃんに合わせるのが基本。
赤ちゃんが正装である祝着の場合、ママと祖母は色留袖や訪問着、色無地などの着物で装います。

赤ちゃんがセレモニードレスの場合は、ママや祖母もフォーマルワンピースやスーツが一般的です。

パパや祖父の服装

パパや祖父はスーツが主流です。
昔はブラックフォーマルの方も見かけましたが、いまではダークカラーのスーツや、ビジネススーツをおしゃれに着こなすケースが一般的。

最近では、着物をおしゃれアイテムとして楽しむ着物男子が増えたことから、お宮参りには羽織袴などで装うパパの姿も見受けられるようになりました。

お宮参りの準備には何をする?

お宮参りをしきたり通りに行うなら、準備期間はわずか1カ月しかありません。
そのため、早めに準備を始めることが大切です。

そこで、お宮参りの準備の仕方や必要なものなどを紹介します。

参拝する神社を決める

お宮参りでは、生まれた土地の守り神である産土神様がまつられた神社に参拝するのが一般的ですが、生まれた土地以外のご縁のある神社を選ぶ方も増えています。

「初参り」といって、お寺でお宮参りを行うケースも珍しくはありません。

住んでいる地域や各家庭での風習などもあると思うので、ママとパパだけで決めてしまわず、祖父母などにも相談して神社を選ぶとよいでしょう。

参加者を決め日程を調整する

赤ちゃんを抱っこする男性と女性

お宮参りに行く神社が決まったら、参加者を決めます。
ママ、パパ、赤ちゃんだけなのか、両家の祖父母も来るのかなど、参加者を決めたうえで日程調整を行います。

ママと赤ちゃんの体調を優先すること、夏の猛暑や冬の極寒の日は避けること、パパや祖父母の仕事の都合も考慮するなど、生後1ヵ月にこだわらず、百日祝いの前までに行うくらいのつもりで日程を調整するといいでしょう。

当日の流れを決める

参拝する神社と参加する人が決まったら、お宮参り当日の流れをイメージし、さまざまな状況を想定しながらスケジュールを組みます。

参拝後、写真撮影を済ませて食事会の流れが多いようですが、必ずしもそうしなければいけないわけではありません。
神社、写真スタジオ、レストランの位置関係や移動時間なども考慮して効率のよい流れを作る一方で、赤ちゃんやママが無理しないよう、ゆとりを持った時間配分にすることも大切です。

授乳室やおむつ替えコーナーを確認

お宮参り当日はママと赤ちゃんにストレスがかからないよう、各施設の設備について事前に情報収集しておきましょう。

駐車場の有無、授乳室やおむつ替えコーナーが設置されているかも確認。駐車場がない場合は、周辺の駐車場をチェックしておくことも必要に。

事前に施設の情報を得ておくことで、必要な持ちものや気をつけるべきことを把握したうえで出かけられるため、予想外の出来事が起こっても慌てずに対処することができます。

祈祷・撮影・食事会の予約を

情報収集して問題ないと思ったら、実際に神社や写真スタジオ、レストランなどに予約を入れます。

神社は参拝するだけなら予約は必要ありませんが、ご祈祷を受ける場合には予約が必要なところも。
当日受付の神社でも、大安や年末年始、七五三シーズンなどの混み合う時期は当日受付NGの場合もあるので、事前に電話やWEBサイトで確認しておきましょう。
初穂料の金額や授与品の内容なども、忘れずにチェックを。

記念撮影をする写真スタジオ、会食予定のレストランにも必ず予約を入れましょう。
レストランにはお宮参りのお祝いで、赤ちゃんが一緒だと伝えておくことが大切。周囲を気にせず食事ができる、個室の利用をオススメします。

予約は1~2週間前には済ませておきましょう。

赤ちゃんの産着をレンタルする

赤ちゃんの産着はレンタルする方がほとんどですが、では、どうやって選べばよいのでしょうか。

実は祝着の柄にはそれぞれ意味があり、男の子の祝着には、邪気や災いから守る兜、大成を願う鷹、出世や飛躍を意味する龍、一生物に困らない宝船などが描かれています。

女の子の祝着の柄にも、厄払いしてくれる鈴、丸々と健康に育つ鞠、幸せを運んでくる御所車、美しさを意味する牡丹、長寿の象徴でもある鶴など、それぞれに意味があります。

まずは、柄の持つ意味を知り、親としての願いを込めて祝着を選ぶのが一般的です。

また、実際に祝い着を羽織るのは赤ちゃんを抱っこしたママというケースがほとんどのため、ママに似合う色柄の祝い着を選ぶケースも増えています。

男の子の場合、黒や紺が定番ですが、最近では白やクリーム、赤や水色などのカラフルな地色のものが増えています。
女の子の祝い着も赤やピンクだけでなく、黒や水色、黄緑などもあるため、祝着にはママの似合う色を選び、柄には子供への想いを込めるというのがオススメです

ママも訪問着などの着物でお宮参りをするつもりなら、産着と一緒にレンタルすると手間が省けるうえ、割引になるショップもあるので、まとめてレンタルするとよいでしょう。

産着レンタル3泊4日3,400円〜往復送料無料

準備用のチェックリストを作成

準備に漏れがないようにチェックリストを作成しておきましょう。

例えばおむつセットやミルクセット、着替えやおくるみなど、当日は赤ちゃんのために必要なものが数多くあるため、スマホのメモ機能に書き出しておくなど、チェックリストを作っておくと便利。

さらに、必要なベビー用品はすぐに取り出せるよう小分けにするなど、赤ちゃんとママが快適に過ごすための工夫が大切。
お宮参り当日は、忘れ物がないかチェックリストで確認してから出かけましょう。

まとめ

いかがでしたか。
お宮参りに何をするのかといえば、神社への参拝、記念撮影、食事会を行うのが一般的です。

一見、大変そうには思えませんが、両家の祖父母が参加する場合はスケジュール調整、ご祈祷や写真スタジオ、レストランの予約、産着のレンタル、初穂料や持ち物の用意など、想像以上に事前の準備が必要です。

まずはしっかり計画を立てて、準備するもののチェックリストを作成するなど、効率的に進めていきましょう。

準備が万全であれば、お宮参り当日はスムーズに行動することができます。

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3泊4日3,400円〜往復送料無料
アニバーサリー
訪問着レンタル きものレンタリエ
着付け師さんに褒められる
訪問着レンタル 3泊4日 9,800円〜
往復送料無料 サブバッグ付き
LINE@友達登録で300円オフクーポン