PC

色留袖に必要なものとは?準備用チェックリストと覚えておきたいマナー

2022年2月22日色留袖, 結婚式, 留袖結婚式, 色留袖, 必要なもの

クリーム色の色留袖を着た女性と色留袖着用に必要な物

色留袖に必要なものは揃っていますか?色留袖に必要なものをしっかりと準備できるよう、チェックリストを作成しました。準備を進めるときや色留袖を着て行く当日の確認用として、ぜひご活用ください。また、色留袖に必要なものって黒留袖の時とどう違うの?と疑問に思う方のために、色留袖ならではの小物選びのマナーについても紹介します。

色留袖に必要なものチェックリスト

色留袖の着付けに必要なものをチェックリストにしてみました。
準備をするときや、すべて揃っているか最終的な確認をするときに役立てましょう。

色留袖に必要なものチェックリスト

□色留袖
□袋帯
□帯締め
□帯揚げ
□帯枕
□帯板
□肌着
□長襦袢
□半衿
□衿芯
□腰紐
□伊達締め(2本) ※または伊達締め+マジックベルト
□コーリンベルト(2本)
□補正パッド及びフェイスタオル
□足袋
□末広(祝儀扇)
□髪飾り
□草履
□バッグ

色留袖とはどんな着物?

グレーの色留袖を着た女性

色留袖とは、黒以外の地色を使用している留袖のこと。
上半身は無地で、裾まわりにだけ「絵羽模様」という縫い目で途切れることのない柄が描かれていること、重ね着しているように見せる「比翼仕立て」になっていることも特徴です。

既婚女性や振袖を卒業した未婚女性の礼装として、結婚式や披露宴で、新郎新婦の兄弟や未婚の叔母など、主に親族の方が着るのにふさわしい装いといわれています。

また、紋の数によって格が異なり、五つ紋なら黒留袖と同格の第一礼装、三つ紋なら準礼装、一つ紋なら略礼装となります。
そのため、格式を重んじる結婚式に親族として参列する場合は五つ紋となりますが、最近の結婚式は仲人を立てないセミフォーマルなものも多いため、三つ紋の色留袖を選ぶ方が多いようです。

結婚式以外にも、叙勲式や祝賀会などのおめでたい席や、お孫さんのお宮参り、七五三などでも着用することができます。

色留袖の着付けに必要なものとルール

色留袖を着るために必要な小物を紹介します。

黒留袖を着るときほど厳格ではありませんが、色留袖を着るときの小物も白を基調にしたものが望ましいといわれています。

帯と帯まわり

袋帯

金の袋帯

色留袖には金糸や銀糸、多彩な色糸などで織られた錦織や唐織などの格の高い織りの袋帯を合わせます。着物の柄の一色や同系色を合わせれば優雅な装いに、着物の地色と反対色の帯を選ぶと華やかな雰囲気になります。

帯締め

礼装用の白の帯締め

帯の上に締める飾り紐のことで、帯結びを支えるだけでなくアクセントにもなっています。白や金、銀を基調に金糸や銀糸が施された、高級感のあるものを選んで。

帯揚げ

礼装用の白の帯揚げ

帯枕を包む帯揚げは綸子や縮緬の白地で白・金・銀の縫い取りや、総絞りのものを。

帯枕

ガーゼつき帯枕

帯結びのお太鼓の山を決めるための小物。礼装用には、お太鼓の山に高さと膨らみをもたせてくれる、大きくて厚みのある帯枕を選ぶのがポイント。
帯枕も白色が望ましいですが、多少の色があっても問題はありません。

帯板

ピンクの前板

帯を巻くときに使用する薄い板。帯の二巻目に差し込み、前帯にシワが寄ることを防いでいます。
フォーマル用には幅広で長い帯板が一般的。色留袖に合わせるなら、白色の物を用意するのが基本です。

アンダーウエア

肌着(肌襦袢と裾よけ、またはワンピース肌着)

肌襦袢

素肌に直接着る肌着には、肌襦袢と裾除けの二部式や、肌襦袢と裾除けを一つにしたワンピース状の肌着があり、長襦袢や着物に汗が移るのを防いでくれます。
色留袖は白色の衿元になるため、肌着も白を選びます。少しでも色が付いたものを着てしまうと、上から透けて色が見えてしまう可能性があるので注意が必要です。

長襦袢

白い長襦袢

長襦袢は洋装に例えるとインナーのようなもの。着物を汗や皮脂から守り、足さばきをよくする役割があります。色留袖を着る場合、長襦袢は白いものを用意しましょう。地紋があってもかまいませんが、色物や色柄物は避けて。

半衿

長襦袢の半衿

衿元の汚れを防ぐ半衿は、長襦袢に縫い付けて使用します。
半衿も長襦袢と同じ白色でフォーマル感を出しますが、最近は礼装用として、白地に白糸や金糸・銀糸で松竹梅や鶴などの刺繍を施したものを用いる方も。NGではありませんが、衿元がうるさくならないように、出来ればシンプルな刺繍を選ぶと上品に見えます。

衿芯

水色の色留袖を着た女性と衿芯

着物の衿元を整えるもので、長襦袢に縫いつけた半衿の中に通して使用します。
色留袖を着付けるときに衣紋を少し抜きますが、衿芯がないと衿がキレイに決まらないため、必ず衿芯は使用しましょう。張りのあるやや硬めのものが最適です。

足袋

4枚こはぜのブロード白足袋

色留袖には綿の白足袋を合わせます。色付きや刺繍入りの足袋はカジュアル用なのでNG。また、白足袋は汚れが目立つので、履き替え用も1組持参しておくと便利です。

着付け小物

腰紐(5~6本)

白い腰紐5本

着物がはだけないようにしっかり着付けるために使用する紐。着物にも長襦袢にも、補正するのにも使用します。必要な数が人によって違うので、5~6本は用意しておきましょう。

伊達締め(2本)※または伊達締め+マジックベルト

伊達締め
伊達締め
マジックベルト
マジックベルト

伊達締めは腰紐よりも太い紐で、着崩れを防ぐために長襦袢と着物のそれぞれに1本ずつ使用します。伊達締めの代わりにマジックベルトを使用してもOK。
伊達締めは白でなくてもかまわないので、お手持ちのもので問題ありません。

コーリンベルト

ピンクのコーリンベルト2本

胸紐の代わりとなり、着物の衿の着崩れを防ぐ役割を担ってくれます。
意外に気働きの必要がある結婚式の場合、衿の着崩れを防いでくれるコーリンベルトは必需品。つけておくと安心です。

フェイスタオルまたは補正パッド

白いフェイスタオル

美しい着姿を作るため、体型に合わせてフェイスタオルや補正パッドで補正します。
体型によって使用するタオルの枚数は変わるので多めに用意を。また、色が透けて見えないように衿元用の白いタオルを一枚は用意しましょう。
細身の人はかなり補正が必要になるので、脱脂綿やガーゼも多めに用意を。

装飾品

末広(祝儀扇)

緑色の色留袖と帯周り

末広は黒骨でも白骨でもかまいませんが、色留袖に黒骨だと末広が目立ってしまいがち。そこで、きものレンタリエでは帯まわりに馴染む白骨の末広を用意。
帯の間に挿しますが、手に持つときは帯よりも高い位置で持つこと、装飾品なのであおいだりしないように注意が必要です。

髪飾り

黒留袖の髪飾りであるかんざし

色留袖に合わせる髪飾りは、べっ甲や漆塗りのかんざし、パールの髪留めなど、高級感のあるものを選んで。大きなお花のコサージュやキラキラした素材の飾りは避けましょう。

草履

ピンクの色留袖を着た女性の足元の草履

草履は礼装用でかかとの高さが4cm以上あるものを。皮革やエナメル、布製などの素材がありますが、どれも金や銀を基調にしたもので、高級感のある佐賀錦や唐織、綴織などの豪華な織物などがいいでしょう。

バッグ

着物にあわせるバッグ

バッグは草履とお揃いのものを選べば、チグハグな印象にならず美しく見えます。
例えば、佐賀錦の草履には佐賀錦のバッグを合わせて、豪華さを演出します。
また、フォーマル用のバッグは荷物が入らないので、荷物が多いようなら和装用のサブバッグも用意しておきましょう。

レンタルなら必要なものがすべて揃う

色留袖着用に必要な物一式

滅多に着ることのない色留袖。
今回、初めて着るという方は、色留袖に袋帯、着付けに必要な小物や装飾品などがすべて揃う、レンタルを利用するのも賢い方法です。

例えば、色留袖をきものレンタリエでレンタルすれば、着付けに必要なものが一式セットになってお手元に届きます。

また、他のレンタルショップの場合、色留袖に入っている紋は五三の桐という通紋が一般的ですが、きものレンタリエでは丸に花菱の三つ紋を使用しているため、一目でレンタルだと周囲にバレる心配もありません。

自分で準備するのは、補正用のタオルやガーゼ、着物クリップぐらいで済むので、余裕を持って当日を迎えることができます。

ピンク地に菱鳳凰の色留袖を着た女性
ピンク色の色留袖の帯小物のアップ

色留袖|ピンク地に菱鳳凰|I0021/ レンタル価格 24,800円(税込/往復送料込)

桂由美 クリーム地に牡丹や菊に金の波文の色留袖を着た女性

色留袖|桂由美 クリーム地に牡丹や菊に金の波文|I0007/ レンタル価格 29,800円(税込/往復送料込)

色留袖レンタル3泊4日9,800円〜往復送料無料

まとめ

色留袖に必要なものは、わかりましたか?

色留袖は礼装のため、合わせる小物も白を基調にするものが多いので、しっかり覚えて品格を感じさせる着こなしを心がけましょう。

また、これから一つずつ準備するという方は、すべてがセットされている色留袖のレンタルを利用してみてはいかがでしょうか。 

色留袖 レンタル
2020年初おろしの色留袖着物レンタル 3泊4日 9,800円 送料無料〜
LINE@友達登録で300円オフクーポン