PC

黒留袖(くろとめそで)とは?わかりやすく説明

着物の豆知識

黒留袖を着た女性

黒留袖とは

黒留袖とは、既婚女性が着用する着物の中でもっとも格式が高い正礼装(第一礼装)」です。

黒留袖を着るシーンとは

黒留袖は、とても格が高いために、着るのは結婚式や披露宴に限られます。
黒留袖を着用できるのは、新郎新婦の母、仲人の妻、新郎新婦の姉妹など、ごく近親者だけです。
黒留袖を着る理由としては、最も格式の高い着物を着用することで、お招きした方々に礼儀を尽くし、敬意と感謝の気持ちを表すという意味合いがあります。

黒留袖の特徴

黒留袖を着た女性

「黒留袖」という言葉は、そもそも「日向五つ紋付き黒地裾模様の留袖」を省略したものです。
黒留袖には、背に1つ、両袖の後ろと両胸にそれぞれ1つずつ、合計5つの家紋を入れるのが決まりです。紋の種類は、最上格となる「染め抜き日向紋」とされています。
また、生地は黒地の地色で、模様の無い縮緬を用います。
柄は裾部分だけにあり、縫い目で途切れない絵羽模様になっているのが特徴です。

黒留袖の柄の選び方

黒留袖の柄は、年齢や新郎新婦との続柄にふさわしいものを選びましょう。
若い方の場合は、裾部分に大きく柄が入った華やかなもの、年配の方には、裾の方に大きすぎない柄や落ち着いた柄を選ぶと上品さが際立ちますのでおすすめです。
新郎新婦の母親は、鶴や亀、松竹梅、鳳凰などの格調の高いものを選ぶと良いでしょう。

黒留袖の帯や小物

黒留袖を着る場合、「袋帯」を結びます。
お祝い用の袋帯は、良い事や慶びが重なるように…との意味が込め、主に二重太鼓で結びます。
帯揚げや帯締め、足袋などの小物類は、白色が基本です。草履とバッグは、金や銀、白を基調にしたものを選びます。
仕上げに「祝儀扇」とも呼ばれる扇(末広)を体の左側の帯に差しますが、お客様のお出迎えやお見送りなどの時には、右手に持ち左手を添えます。

LINE@友達登録で300円オフクーポン