PC

訪問着とは?幅広いシーンに適した訪問着の魅力をご紹介!

2022年4月13日訪問着, 着物の豆知識訪問着

グレーの訪問着を着た女性

訪問着とは?

訪問着とは着物の中の一つの種類です。訪問着とはデザインや着こなし方によってフォーマルシーンからカジュアルシーンまで幅広く対応できるため、とても重宝する存在です。

訪問着の特徴を以下にてまとめていきます。

訪問着を着た女性

肩~胸~袖にかけて縫い目に関わらず一つの絵のように美しく描かれた絵羽模様
(色留袖や黒留袖の場合は絵羽模様が裾のみ)
・古典的な柄~モダンな花柄など様々な柄があるため年齢問わず幅広い人が多種多様に着こなすことができる
・格は留袖に次ぐ準礼装
(付下げは模様が縫い目にかからないデザインのため留袖よりも格下)
・基本的には紋なし

いかがでしょうか?格式高いシーンにも対応できるのに、カジュアルなシーンにも最適、更には華やかでデザインも豊富とくれば魅力たっぷりの着物だということが言えますよね。

訪問着がマッチする着用シーンはどんな場面?

・ゲストとして招待された結婚式
・パーティー
・お茶会
・子供のお宮参り/七五三/入学式/卒業式

上記のように様々なシーンに適している訪問着ですが、長襦袢の色をシンプルな白物や金銀or華やかな色物などに変えることでよりその場面に合ったコーディネートにすることが可能です。また、小物を変えることでも更にコーディネートの幅は広がりますよね。

ちなみに、いずれも帯は袋帯が一般的です。

TPOごとに変わる訪問着の選び方は?

「フォーマルシーンの場合」
・華やかで上品なデザインのもの(大きめの柄・金彩入りのものなど)
・若い人は明るい色合いで全体的に柄のあるもの
・年齢を重ねた人には裾に柄が多く吉祥柄や古典的な柄がおすすめ
・お茶会の場合は品が感じられるひかえめなものがベター
(※その会の趣旨や流派にもよるため要確認)

「子供が主役のシーン」
・あくまで子供が主役の場合は主張しすぎない色選びを
・礼装らしい小物選びも大切
・帯や小物で季節感を演出

「カジュアルシーンの場合」
・明るい色柄のもの
・個性や遊び心を小物で演出

まとめ

いかがでしょうか?訪問着は選べる幅もとても広いため、もし購入するとなれば迷ってしまいそう。そんなときは、上記でもお話しているように、小物や長襦袢の色などによってもコーディネートを変えることができるので、合わせやすい色を選ぶことをおすすめします。

LINE@友達登録で300円オフクーポン