PC

お宮参りの服装には何を着る?赤ちゃん・両親・祖父母の衣装マナーと選び方

お宮参り

お宮参りの服装

お宮参りの服装にルールはありませんが、守ったほうが良いマナーはあります。
お宮参りの服装は、赤ちゃんなら産着かベビードレス、母親や祖母は訪問着や付け下げ、父親や祖父はダークスーツが主流といわれていますが、それだけではどう選べばいいかわからないと悩む方も多いでしょう。そこで、お宮参りの服装にはどんなマナーがあるのか、どんなものが選ばれているのかを具体的に紹介します。

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3,400円〜

お宮参りの服装の基本マナー

お宮参りの服装のマナー

お宮参りは神社に参拝して、赤ちゃんが無事に生まれたことへの感謝を伝え、今後の健やかな成長をお祈りする日本ならではの伝統行事ですから、フォーマルな装いが一般的です。

では、具体的にはどんな点に注意して、お宮参りの服装を選べばいいのでしょうか。
まずは押さえておきたい基本マナーを紹介します。

主役の赤ちゃんの服装に合わせる

赤い産着を着た赤ちゃん

お宮参りの服装選びで大切なのは、最初に赤ちゃんの服装を決めること。
そのうえで、両親や祖父母の服装は主役である赤ちゃんの服装と格を揃えるか、やや格下になるように選びます。

赤ちゃんが正装である産着の場合は家族も着物でかまいませんが、赤ちゃんがベビードレスなのに母親や祖母が着物では、母親や祖母のほうが主役よりも格上になってしまいます。
赤ちゃんが洋装の場合は、やはり家族も洋装のほうがバランスのとれた服装となります。

また、両家の祖父母が参加する場合は、事前に赤ちゃんや父親・母親がどんな服装をするかを伝えて、家族でバランスのとれた服装になるように心がけましょう。

カジュアルや露出の多い服装は避けて

お宮参りは神様へ参拝する神聖な行事ですから、失礼のない服装をすることが大切です。
最低限のマナーとして、カジュアル過ぎる服装は避けましょう。

例えば、Tシャツ、ジーンズ、スウェット、スニーカーやサンダルなどはNGです。

女性なら襟ぐりが大きく開いたブラウスやノースリーブのワンピース、丈の短いスカート、男性ならハーフパンツなど、露出の多い服装も避けることが大切です。

季節や天候を意識した服装を

生後1カ月前後の赤ちゃんは、自分で体温調節を上手にすることができません。
そのため、季節や天候に気をつけながら服装を選ぶことが必要になります。

産後間もない母親や高齢の祖父母などの服装を選ぶ際にも、体調への配慮が欠かせません。
例えば、真夏のお宮参りで産後間もない母親や、高齢の祖父母が熱中症にならないように気をつけるため、通気性にすぐれた服装を選ぶことが大切です。

無理せず、長時間でも体に負担のかかりにくい服装を選びましょう。

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3,400円〜

お宮参りの赤ちゃんの服装

お宮参りの赤ちゃんの服装は産着が主流。

昔は正装として、白羽二重(しろはぶたえ)の着物の上に祝い着を羽織っていましたが、最近は白羽二重の代わりにベビードレスを内着にするスタイルが増えています。

では、上から羽織る祝い着はどんなものが人気なのでしょうか。

男の子の産着

お宮参り産着|黒地に鳳凰と流水|U0183 男の子

男の子の産着は、袖の下部と腰あたりに横向きに模様を入れた「熨斗目模様(のしめもよう)」が定番です。

祝い着の色は黒や濃紺、深緑などの濃い地色が定番でしたが、最近は白や赤、水色や紫、黄緑など、さまざまな色の祝い着が揃っており、個性的な色柄のものが人気を集めています。

絵柄は勝負強さを表す兜や軍配、大空髙く翔ぶことから出世を意味する鷹や、元気に勇ましく育って欲しいという願いが込められた龍や虎も人気。亀甲花菱や宝尽しなど、縁起物の絵柄が多く見受けられます。

最近は少なくなりましたが、地域によっては男の子のお宮参りの祝い着には、家紋を入れるところもあります。

お宮参りにおすすめの男の子の産着

お宮参り産着|絞り染めに鷹亀甲兜刺繍|U0178 男の子

お宮参り産着レンタル|絞り染めに鷹亀甲兜刺繍|U0178 男の子 / レンタル価格10,260円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|黒地に鳳凰と流水|U0183 男の子

お宮参り男の子産着|黒地に鳳凰と流水|U0183 男の子 / レンタル価格9,800円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|茶に打出の小槌や富士に波|U0212 男の子

お宮参り男の子産着|茶に打出の小槌や富士に波|U0212 男の子 / レンタル価格5,940円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|紺地に兜と軍配|U0121 男の子

お宮参り男の子産着|紺地に兜と軍配|U0121 男の子 / レンタル価格6,900円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|水色地に兜と束ね熨斗|U0119 男の子 / レンタル価格6,900円(税込/往復送料込)

お宮参り男の子産着|水色地に兜と束ね熨斗|U0119 男の子 / レンタル価格6,900円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|白地に虎や松|U0134 男の子

お宮参り男の子産着|白地に虎や松|U0134 男の子 / レンタル価格6,900円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|紫地に鷹と打出の小槌 ポリエステル|U0185 男の子

お宮参り男の子産着|紫地に鷹と打出の小槌 ポリエステル|U0185 男の子 / レンタル価格8,100円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|グレー地に兜矢 疋田 ポリエステル|U0187 男の子

お宮参り男の子産着|グレー地に兜矢 疋田 ポリエステル|U0187 男の子 / レンタル価格8,100円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|緑地に鷹と宝船に束ね熨斗|U0144 男の子

お宮参り男の子産着|緑地に鷹と宝船に束ね熨斗|U0144 男の子 / レンタル価格8,100円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|黒地に宝船×宇宙 ポリエステル|U0184 男の子

お宮参り男の子産着|黒地に宝船×宇宙 ポリエステル|U0184 男の子 / レンタル価格9,800円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|紺地に鷹と富士に松の木|U0066 男の子

お宮参り男の子産着|紺地に鷹と富士に松の木|U0066 男の子 / レンタル価格10,260円(税込/往復送料込)

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3,400円〜

女の子の産着

お宮参り産着|白地に黄色 鞠や桜 金彩金駒刺繍|U0160 女の子

女の子の産着は、友禅染めのように多彩で絵画的な「友禅模様(ゆうぜんもよう)」が定番です。
明るくて華やかな色が多く、赤やピンク、オレンジや黄色などが主流ですが、最近は白やパステルカラーといったやわらかな色合いも注目されています。

祝い着には、美しい成長と祝福を願う御所車や花車、貴族の遊び蹴鞠から高貴さを表すという手鞠、音を出すことで邪気を払い神に祈りや願いを届ける鈴の絵柄などが描かれています。
華やかな牡丹や芍薬、日本らしい桜や梅などもよく使われています。

お宮参りにおすすめの女の子の産着

お宮参り産着|赤地に鞠と花模様|U0002 女の子

お宮参り産着|赤地に鞠と花模様|U0002 女の子 / レンタル価格3,400円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|サーモンピンク地に鼓と松竹梅|U0126 女の子

お宮参り産着|サーモンピンク地に鼓と松竹梅|U0126 女の子 / レンタル価格6,900円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|鹿の子に鈴と道長取|U0022 女の子

お宮参り産着|鹿の子に鈴と道長取|U0022 女の子 / レンタル価格6,900円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|水色に花車扇|U0172 女の子

お宮参り産着|水色に花車扇|U0172 女の子 / レンタル価格8,100円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|赤地に鈴と花模様|U0150 女の子

お宮参り産着|赤地に鈴と花模様|U0150 女の子 / レンタル価格8,100円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|紫地に牡丹と桜|U0035 女の子

お宮参り産着|紫地に牡丹と桜|U0035 女の子 / レンタル価格8,100円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|ピンクに大輪の梅松 金駒刺繍|U0182 女の子

お宮参り産着|ピンクに大輪の梅松 金駒刺繍|U0182 女の子 / レンタル価格12,420円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|クリーム色に枝垂桜に鞠|U0175 女の子

お宮参り産着|クリーム色に枝垂桜に鞠|U0175 女の子 / レンタル価格12,420円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|ピンク色に鞠鈴花総刺繍|U0174 女の子

お宮参り産着|ピンク色に鞠鈴花総刺繍|U0174 女の子 / レンタル価格12,420円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|白地に黄色 鞠や桜 金彩金駒刺繍|U0160 女の子

お宮参り産着|白地に黄色 鞠や桜 金彩金駒刺繍|U0160 女の子 / レンタル価格12,420円(税込/往復送料込)

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3,400円〜

ブランドの産着も人気

最近の産着は、海外ブランドや人気のファッションメーカー、伝統的な和装ブランドに有名人とのコラボなど、トレンドを押さえたものが豊富に揃っています。

購入するとなると、どうしても高額になりますから、ブランド産着が気になる方にはレンタルを上手に利用してみることをオススメします。

お宮参り産着|九重 紺地に龍と波・松 ブランド|U0102 男の子

お宮参り男の子産着|九重 紺地に龍と波・松 ブランド|U0102 男の子 / レンタル価格9,800円(税込/往復送料込)

お宮参り産着|【NATURAL BEAUTY】 青地に牡丹と椿 ブランド|U0153 女の子

お宮参り産着|【NATURAL BEAUTY】 青地に牡丹と椿 ブランド|U0153 女の子 / レンタル価格9,800円(税込/往復送料込)

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3,400円〜

ベビードレスでもOK

白いベビードレスを着た赤ちゃん

お宮参りの正装は産着スタイルですが、洋装でも問題はありません。
最近は、赤ちゃんが病院から退院するときなどに着せる、晴れ着用のセレモニードレスという華やかなベビードレスを、お宮参りにも着せる方が増えてきました。

ドレスと呼ばれていますが、女の子だけが着用するわけではなく、男の子向きのシンプルなデザインもあります。

手軽に着せられてお手入れもしやすいため、お宮参りの人気スタイルとして定着し始めています。
産着の下に着る衣装としてもベビードレスは人気です。

ベビードレスレンタル

夏の服装の注意点

夏にお宮参りをする場合は、内着や肌着に吸湿性にすぐれた涼しい素材を選び体温を調整します。
通気性の良い薄手の天竺やメッシュなどの素材がオススメです。

絽(ろ)の産着

さらに、きものレンタリエでは真夏のお宮参りにふさわしい通気性のすぐれた絽の祝い着を用意しています。これなら、赤ちゃんや母親への負担も軽減されるので、選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

冬の服装の注意点

ふんわりキルトの2wayドレス

冬のお宮参りでは、寒さに応じて肌着を重ね、帽子をかぶせたり、靴下を履かせます。
おくるみやブランケット、ケープや赤ちゃん用のポンチョなどの防寒アイテムも持参しておくと安心です。

【PUPO】ふんわりキルトの2wayドレス 50-60cm ホワイト【ゆうメール送料無料】 / 販売価格 3,980円(税込/往復送料込)

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3,400円〜

お宮参りの母親や祖母の服装

ピンクの訪問着を着た女性と黒いスーツジャケットを着た女性とクリーム色の訪問着を着た女性

お宮参りでの母親や祖母の服装は、赤ちゃんの服装の格に合わせて選びます。
赤ちゃんが祝い着ならば、母親や祖母も着物を着用できますが、洋装ならば母親や祖母も洋装が基本です。

母親の場合、体調や状況に合わせて、快適に過ごせる服装を選ぶケースも増えているようです。

主役が引き立つ服装を選んで

ピンクの訪問着を着た女性と黒いスーツジャケットを着た女性とクリーム色の訪問着を着た女性

赤ちゃんが産着を着用するので、母親や祖母も和装でお宮参りに参加したいという場合には、上品な訪問着や色無地、付け下げを選び、華美になりすぎないよう注意します。

洋装の場合には、セレモニースーツやワンピースなどのフォーマルな服装が主流。色は紺や濃紺、グレーやベージュなど落ち着いた色が人気です。

和装、洋装、どちらの場合でも、主役の赤ちゃんを引き立てる品の良い控えめな服装を選ぶのがマナーです。

父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするなら

クリーム色の着物を着た女性

昔は、お宮参りで赤ちゃんを抱っこするのは父方の祖母と決まっており、祖母は第一礼装の黒留袖を着てお宮参りに出席するのが一般的でした。
しかし、最近は赤ちゃんを抱っこするのは母親や父親であったり、両家の祖母が交代で抱っこするなど、多様化しています。

さらに、赤ちゃんの産着スタイルもベビードレスの上に祝い着を羽織るなど、正装とはいえないスタイルのため、お宮参りで第一礼装である黒留袖を着ている祖母を見ることは、ほとんどありません。

とはいえ、風習通りのお宮参りをする予定で、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこして参拝するという場合には、黒留袖よりも格が下の色留袖がオススメです。
主役の赤ちゃんよりも格上にならないこと、家族全体のバランスも考えて、着物を選ぶことが大切です。

色留袖|桂由美 クリーム地に牡丹や菊に金の波文|I0007/ レンタル価格 29,800円(税込/往復送料込)

ベージュに雪輪と地紙の色留袖を着た女性

色留袖|ベージュに雪輪と地紙|I0085/ レンタル価格 27,800円(税込/往復送料込)

訪問着|クリームに熨斗と花模様|H0074|L

訪問着|クリームに熨斗と花模様|H0074|L / レンタル価格 24,800円(税込/往復送料込)

薄紫色の訪問着を着た女性

訪問着|薄紫に唐花宝相華|H0205 / レンタル価格 27,000円(税込/往復送料込)

クリームに貝桶雲取りの訪問着を着た女性

訪問着|クリームに貝桶雲取り|H0282 / レンタル価格 27,800円(税込/往復送料込)

色留袖 レンタル
訪問着レンタル きものレンタリエ

母親は安全で機能性の高い服装を

生後1カ月前後で行うお宮参り。母親にとっては産後間もない状態のため、まだまだ体調が不安定という方も多いでしょう。

そんな場合は、なるべく体に負担がかからない服装を選ぶことが大切です。
最近は授乳口のついたフォーマル用のワンピースなどもありますから、動きやすい、授乳しやすいなど、自分が求める機能性にすぐれた洋装を選ぶといいでしょう。

また、お宮参りでは赤ちゃんを安全に抱っこできることも重要です。
洋装ならば、安定感のあるローヒールのパンプスやフラットシューズを選び、無理なく境内の砂利道を歩いたり階段を上ったりできる靴を選びましょう。

また、ネックレスやブレスレット、大きな宝石がついた指輪など、赤ちゃんを抱っこするときに赤ちゃんや産着などに引っ掛かる恐れのあるアクセサリーは身に着けるのはNG。

母親は自分の体調と、赤ちゃんの安全を優先した服装を心がけることも大切です。

お宮参りの父親や祖父の服装

お宮参りで赤い産着を着た女性とクリーム色の訪問着を着た女性とダークスーツを着た男性

お宮参りにふさわしい父親や祖父の服装は、ブラックフォーマルからダークスーツへと移り変わっています。

最近は着物を着用したいという声もあり、お宮参りでの男性の服装選びの幅が広がっているようです。

最近はダークスーツが主流

赤ちゃんを抱っこするダークスーツを着た男性

赤ちゃんが白羽二重の着物に祝い着で昔ながらの正装をした場合、父親や祖父は礼装用のブラックフォーマルがよいとされてきました。

しかし最近の傾向としては、赤ちゃんは白羽二重の着物の代わりに、カバーオールやベビードレスを内着として着用し、その上から祝い着を羽織るというスタイルが増えてきました。
そのため、父親もブラックフォーマルではなく、ビジネス用のスーツやフォーマル度の高いダークスーツをおしゃれにコーディネートするのが主流です。

赤ちゃんがセレモニードレスを着る場合も、父親や祖父の服装はダークスーツで問題はありません。

シャツとネクタイは控えめな物を

紺や濃紺、グレーやダークグレーなどのスーツの場合、白いシャツを合わせるとフォーマルらしい装いになります。
もしも色のあるシャツを着るのであれば、できるだけ淡い色のものを。ストライプやチェックなどの柄シャツはカジュアルに見えるため、無地のシャツを選びましょう。

フォ-マルスーツのアクセントといえばネクタイですが、赤ちゃんの祝い着と同系色のネクタイをすると、統一感が出るのでオススメです。
例えば、祝い着が水色なら淡いブルーのネクタイにするなど、さりげなくリンクさせるのがポイント。ただし、目立ちすぎる柄は避けたほうが良いでしょう。

男性が着物を着用する場合

赤ちゃんを抱っこする紺色の羽織着物を着た男性

父親や祖父の第一礼装といえば結婚式に着るような黒紋付羽織袴と考えがちですが、主役である赤ちゃんと同格で仰々しくなってしまうため、最近は着用しないのが主流です。

できれば主役の赤ちゃんを引き立たせることができるよう、派手すぎないデザインや無地の着物と羽織を選びましょう。

お召しや紬の着物と羽織が一般的ですが、ウールの着物はカジュアル過ぎるのでNG。

着物と羽織だけでも十分な装いですが、袴を着用することで礼装感が増し、きちんとした印象になります。他の家族とのバランスも考慮して、袴を着用するかを決めましょう。

足袋は白足袋を履くことで礼装感がアップ。色足袋はNGです。

お宮参りの上の子の服装

水色の産着を着た女性とネイビーのセットアップを着た男の子

上の子がいる場合、下の子のお宮参りのときに何を着せてあげればいいのかと悩む方が多いようです。

お宮参りではフォーマルな装いがマナーですし、家族での記念写真も撮影すると思いますので、全体のバランスを考えて、上の子にもフォーマルらしい服装を用意しましょう。

ベビースーツ

男の子なら、子ども用のスーツにネクタイでスタイリッシュに。シャツにベスト、蝶ネクタイを合わせて、おしゃれなコーディネートにしてあげるのがオススメです。

女の子の場合は、可愛いワンピースや清楚で上品なドレスが一般的です。
赤ちゃんの祝い着やセレモニードレスと同系色のものを選んで、きょうだいのリンクコーデを楽しんでもいいでしょう。

ただし、主役はあくまで赤ちゃんですから、赤ちゃんよりも目立つ服装にならないように、赤ちゃんよりも控えめなコーディネートにすることが大切です。

お宮参りの服装はレンタルで揃えるのがオススメ

赤ちゃんの産着は、母方の実家が贈るのが習わしで、男の子なら父方の家紋を入れる地域もありました。

しかし今では産着は両親が選ぶことが多く、仕立てるよりも産着を着るのに必要なものがすべてセットで届く、レンタルを利用するご家庭がほとんどです。
母親の訪問着や付け下げなどとセットでレンタルできる場合も多いため、母子で和装ならさらにお得に。

また、お宮参りはセレモニードレスで、記念撮影する時だけは産着をレンタルしたいという声も増えています。
きものレンタリエではそんなご要望に応えて、産着だけでなくセレモニードレスも用意。
どちらもぜひ一度、チェックしてみてはいかがでしょうか。

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3,400円〜

まとめ

一般的なお宮参りの服装を紹介しましたが、赤ちゃん、両親、祖父母も含め、お宮参りの服装は時代とともに少しずつ変化しています。

最近は風習にこだわるよりも、自分たちらしくできればいいと考えるご家庭が多いよう。
また、産着を記念に残すことより、コスパがかからない方法を求めている方が多いため、和装でも洋装でも、レンタルを上手に利用するご家庭が増えています。

今回の記事にあるお宮参りの服装を参考にしながら、自分たちはどんなお宮参りを行いたいのか事前に家族で話し合っておくと、お宮参りの服装もスムーズに決められるのではないでしょうか。

お宮参りレンタル ママ着物
産着レンタル3,400円〜
LINE@友達登録で300円オフクーポン