PC

七五三はいつする?2020年のベストな時期とおすすめの日程紹介

2020年10月2日七五三

七五三の四つ身の着物を来た女の子

2020年の七五三はもう目の前。七五三を迎える男の子、女の子のパパママは、いつ、どんな形でお参り・お祝い・準備をすればいいのかと焦っているのでは?そこで今回は、知っているようで実はよく知らなかったという声が多い、七五三について詳しくご紹介します。七五三はいつ行えばいいのか、数え年と満年齢のどちらを選ぶのか、2020年の七五三のベストタイミングなども検証してみたので、参考にしてみてくださいね。

七五三とは

七五三の歴史

子どもの成長を祝い、これまでの感謝とともに、健やかな成長を神社などで祈願する七五三。

現在のような華やかな行事になったのは、江戸時代に第5代将軍・徳川綱吉の長男である徳松の健康を、11月15日の日に盛大に祈願したことから始まり、それが庶民の間にも広がったためといわれています。

もともとは関東圏で行われていたこの風習が、やがて、京都や大阪などでも行われるようになり、全国的な行事となっていきました。

七五三の由来

七五三という名前の通り、現在は7歳、5歳、3歳の年齢ごとにお祝いする一つの行事として考えられていますが、もともとはそれぞれまったく別の行事だったそう。

数え年3歳(満年齢2歳の年)の「髪置きの儀」。

江戸時代には3歳まで髪を剃る習慣があり、それを卒業して髪を伸ばし始める儀式。

数え年5歳(満年齢4歳の年)の「袴儀」。

男の子が袴を着用し始めるための儀式。

数え年7歳(満年齢6歳の年)の「帯解きの儀」。

女の子が大人と同じ幅の広い帯を結び始めるための儀式。

この3つの子どもの儀式をまとめて七五三と呼んでいたのだそうです。

やがて、この本来の儀式の意味は薄れていき、現代では子どもの成長を祝う行事となり、女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳に、七五三のお祝いと参拝をする形になりました。

七五三のお祝いをする年齢・タイミング

昔は満年齢ではなく「数え年」で行うのが正式とされていましたが、現在では満年齢、どちらでも大丈夫です。

数え年と満年齢、どちらでもOK

結論から先に言ってしまうと、男の子と女の子のお参りで、数え年と満年齢、どちらで七五三のお祝いをしても問題はありません。

例えば3歳のお祝いならば、まだ赤ちゃんの頃の愛らしさが残る表情を写真に撮っておきたければ数え年で、子どもの体力などを考え、疲れてぐずってしまうのが心配ならば、満年齢でのお祝いが良いでしょう。

子どもが早生まれ(誕生日が1月1日~4月1日)の場合は、さらに数え年か、満年齢かで悩むという声も。

早生まれの3歳の場合は、まだ体が小さく着物を着せることへの負担が大きいことを考えて、満年齢で七五三を行う方が多いようです。

反対に7歳のお祝いでは、同学年のお友達と同じ時期にやりたいという本人の希望で、数え年で行ったというケースも。

年齢の近い兄弟姉妹がいる場合は、例えば上の子は数え年、下の子は満年齢で一緒にお祝いするなど、ご家族の都合に合わせて時期を選ぶこともあるようです。

数え年の計算方法

日本では昔から、生まれた日から元旦までを1歳と数え、元旦に年齢が1歳増える「数え年」を使って年齢が数えられてきました。

下記の式に当てはめて計算すると、簡単に数え年を出すことができます。

現在の年(西暦) -生まれた年(西暦) + 数え年()

例えば2018年生まれなら、2020-2018+1=3 となり、2018年生まれの子の数え年は3歳ということになります。

しかし現在では、生まれた日を0歳とし、翌年の誕生日ごとに1歳年齢が増える「満年齢」で数えることが一般的になっています。

そのため昔は数え年で七五三を祝っていましたが、現在では満年齢で祝う方も増えています。

2020年の七五三年齢早見表

2020年(令和2年)七五三早見表

満年齢数え年
3歳の男の子・女の子2017年(平成29年)生まれ2018年(平成30年)生まれ
5歳の男の子2015年(平成27年)生まれ2016年(平成28年)生まれ
7歳の女の子2013年(平成25年)生まれ2014年(平成26年)生まれ

着物のことを考えるなら満年齢がオススメ

七五三の5歳の羽織袴を着た男の子

七五三で子どもが着ることになる着物から、満年齢と数え年、どちらがよいかを考えると、実は満年齢がオススメになります。

レンタルショップや写真スタジオの七五三用の衣装は、実は満年齢の子どもの体型を基準にして作られているところが多いそうです。

七五三の着物はレンタルで、写真撮影は写真スタジオで衣装を借りるつもりなら、満年齢のほうが子どものサイズに合った衣装を着せることができるでしょう。

着物のサイズの測り方
七五三 五歳 男の子 羽織袴 サイズ 紐下

七五三のお参りに行くのはいつ?お日柄の考え方

七五三のお祝いをするのは、一般的に11月15日とされていますが、必ずこの日にお祝いや参拝をしなければいけないわけではありません。

まずはお子さんの体調第一。あとはパパやママの仕事の都合、神社での混雑を避けるために、あえて11月15日は外して参拝する方も多いようです。

また、こういう大切な行事の時には、お日柄を気にする方も。

例えば、「結婚式を挙げるなら縁起の良い大安で」「お葬式は友引を避けるのがマナー」といった言葉を耳にしたことがあるのでは?

カレンダーなどにも記されている大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口などの六曜は、それぞれに意味があり、七五三の参拝に向いている日かどうかを、この内容で決める方もいるようです。

先勝 「先んずればすなわち勝ち」の意味。なにごとも急ぐことが良いとされる日です。

先勝にお参りするときは午前中に。午後2時から午後6時までは凶となります。

友引 「凶事に友を引く」の意味。勝負事では引き分けになる日とされています。

友引の日の参拝は「朝は吉、昼は凶、夕は大吉」のため午前中の早めの時間か夕方に。

先負 「先んずればすなわち負ける」の意味。何事にも平静であることが大切な日。

午前中は凶なので、参拝するなら午後からにしましょう。

仏滅  六曜の大凶日のため、七五三に限らず祝い事全般に向かない日です。

大安  六曜の中でもっとも縁起の良い日。何事においても吉の祝い事の最適日。

時間帯も関係なく、一日中、いい日柄となります。

赤口 「赤」という字から火の元や刃物、死を連想させるものに気をつける日。

七五三にふさわしいお日柄とはいえず、しいて言うなら午前11時から午後1時が吉。


六曜の意味はご理解いただけたかと思いますが、この六曜は中国から伝わったものが日本向けに変化し、その日の運勢や吉凶などを表すものとして定着したといわれています。

必ずしもこの意味の通りの1日になるわけではありませんし、仏滅に結婚式を挙げる方がいるように、まったく信じないという方もいるでしょう。

お日柄を気にして七五三の日程を決めるかどうかは、パパ・ママ次第ということになります。

2020年の七五三にベストな時期はいつ?

実際に、2020年に七五三を行うためのベストな時期はいつなのか、土曜・日曜の週末と六曜を組み合わせて考えてみました。

【七五三の日程通り】2020年11月15日

2020年の11月15日、いわゆる七五三の日は今年は日曜日のため、やはりこの日に参拝してお祝いしたいという希望は叶えやすいといえるでしょう。ただし、六曜は仏滅のため、お日柄が気になる方は避けたほうがよいかもしれません。

【大安】の土日

2020年10月25日(日)10月31日(土)11月22日(日)11月28日(土)

11月よりも早めに行いたいという方には、2020年10月の25日(日)と31日(土)が大安になります。
それ以外の11月の週末は、22日(日)と28日(土)が大安となります。

【祝日】11月3日(火)の文化の日、11月23日(月)勤労感謝の日

六曜はまったく気にしないという方なら、大安の日は避けて、日程を決めてみてはいかがでしょうか。
11月は3日(火)の文化の日、23日(月)の勤労感謝の日という祝日もあります。

【混雑を避けて平日の大安】11月6日(金)、12日(木)、16日(月)

今年はコロナの影響もあり、3密にならないためにも混雑は避けたいという方も多いと思います。
平日にお休みがとれるという方は、11月6日(金)、12日(木)、16日(月)は大安なので、六曜を気にする方はその日に、気にされない方は混雑を避けるために、そこを避けて決めてみるのもよいでしょう。


本来なら七五三には吉日の休日をオススメするところですが、コロナの影響が気になる今年は特別。お日柄を気にされるなら大安吉日に、それよりも混雑を避けたいのなら、あえて神社や写真スタジオが空いている日を狙うことをオススメします。

まとめ

数え年か、満年齢か、どちらで七五三のお祝いをするかは、ご自分たちで決めて問題はありません。
まずはお子さんの成長状態なども考慮して、検討してみるといいでしょう。

七五三の日取りは、本来ならば10月後半から11月にかけての大安吉日の週末がオススメですが、コロナの影響が心配される2020年は、混雑を避けられそうな日を選ぶことも大切。

パパ・ママがどうしたいのかをしっかりと話し合って、素敵な思い出に残る1日を過ごしてくださいね。